ニキビの場所

ニキビができる場所で見分ける原因と治し方!

ニキビができる場所で見分ける原因と治し方!

 

ニキビは場所によってある程度、原因や治し方が決まっています。
ここではニキビの場所から原因と治し方について紹介したいと思います。

 

 

 

 

簡単にわかる図が上にありますので、確認してみてください。

 

4大ニキビができやすい場所である
おでこ、頬、鼻、あごの原因と治し方を紹介したいと思います。

 

その他の場所についても捕捉として最後に紹介させていただきます。

 

 

■おでこのニキビの原因

 

 

 

 

おでこの場所にニキビができた場合には

 

 

①男性ホルモンの分泌

 

②髪の毛がかかっている、シャンプーの残り

 

 

①男性ホルモンの分泌

 

 

18歳以下の方でおでこの場所にニキビにできている方は
男性ホルモンの分泌により細かいぶつぶつができてしまいます。

 

 

もちろん大人でも男性ホルモンが分泌されるとおでこにニキビができてしまいます。
思春期の場合、骨格や臓器、皮膚が大人へと近づいていく成長期間であると言えます。
この成長期に成長ホルモンである男性ホルモンが過剰に分泌されやすくなります。

 

 

すると今まで男性ホルモンと女性ホルモンがバランスを保っていたものが
男性ホルモンが活発になりバランスが崩れ、肌がオイリー肌になるんです。

 

そして皮脂により毛穴が塞がれ、そこがアクネ菌が増殖してしまい
炎症しておでこの場所にニキビができてしまうんですね。

 

 

②髪の毛、シャンプーの残り

 

 

髪の毛は雑菌が付着しているため、おでこにかかっているとニキビの原因になります。
髪の毛を分け、シャンプーやリンス後はしっかりとすすぎを行いましょう。

 

 

■おでこのニキビの治し方

 

 

思春期ニキビの場合には、思春期(18歳)が過ぎると
ホルモンバランスが整うことで、自然と治っていきます。

 

 

ただ悪化させないために、洗顔をしっかりと毎日行い
髪の毛がかからないように清潔にしておくことが良いでしょう。

 

 

大人の場合にはホルモンが崩れているので、
飲み物や食べ物で治していく必要があるとされます。

 

 

①豆乳を飲む

 

 

 

 

1日に200mgの豆乳を飲むことで、大豆イソフラボンの
基準を摂取でき、男性ホルモンが減り、皮脂の分泌を抑えることができます。

 

思春期の方も豆乳を飲むことでも、効果があります。
また納豆も1パックを2日に1回食べることでもできます。

 

 

②おでこニキビに効く薬

 

 

おでこニキビには保湿性を含んだオロナインをおすすめします。

 

 

有効成分 クロルヘキシジングルコン酸塩液
値段 450円
効果 赤ニキビ、肌荒れ、赤み 

 

洗顔後におでこに薄くなじませるように塗ってください。
ということでおでこにできたニキビの原因と治し方でした。

 

 

■頬のニキビの原因

 

 

頬の場所にできるニキビの原因というのは主に

 

①胃腸、肝機能の不調や便秘

 

②糖質やお酒の摂りすぎ

 

③乾燥

 

 

①と②の原因は実はセットで、糖質やお酒を摂りすぎてしまうと、
肝機能や胃腸の調子を悪化させてしまい、頬のニキビとなってしまうんです。

 

 

③の乾燥ですが、頬というのはおでこや鼻のように皮脂が活発に
分泌されるわけではないのですが、乾燥によってニキビの原因になってしまいます。

 

 

■頬のニキビの治し方

 

頬の場所にできるニキビの治し方としては
お酒を控え、甘いもの食べ過ぎを控えるようにしてください。

 

 

またストレスを発散させることで頬のニキビを落ち着かせることができます。

 

 

頬ニキビに最強に効くユースキンパック

 

 

乾燥による頬のニキビにはユースキンパックをおすすめします。

 

有効成分 グリチルレチン酸(消炎成分) ビタミンE酢酸エステル(血流改善)
値段 70g 830円
効果 保湿 抗炎症作用

 

有効成分に炎症を抑えるグリチルリチン酸が含まれているため
赤ニキビや赤みなどの頬特有のニキビに効果的です。

 

 

洗顔後にユースキンを頬全体に塗り込むようにしてください。

 

   

 

こんな感じに塗り込み、この状態で5分ほどで水で洗い流してください。
ビタミンEとグリチルリチン酸が頬に直接浸透して、ニキビに効いていきます。

 

ということで頬の場所にできたニキビの原因と治し方でした。

 

 

■鼻ニキビの原因

 

 

鼻の場所にできるニキビの原因は

 

①胃腸や内臓機能の低下

 

②触ったり、ファンデーションなどによる刺激

 

 

①は頬のニキビと同様に胃腸や内臓機能の低下により原因になります。

 

 

また②ですが鼻は無意識に手で触ってしまう場合があり、皮膚にダメージを与えてしまうんです。
女性の場合にもファンデーションの厚塗りは毛穴を蓋をしてしまい、アクネ菌を生じさせてしまいます。

 

 

■鼻ニキビの治し方

 

鼻にできたニキビの治し方は他のニキビに比べて、簡単です。
ずばり市販薬を塗ることですね!

 

 

おすすめはテラコートリルです。

 

 

有効成分:副腎皮質ステロイド
値段:800円
効果:赤ニキビ

 

 

洗顔後にニキビ部分に塗るだけです。
即効性のある薬ですので、数日で目立たなくなるでしょう。

 

 

また毛穴に溜まった黒ニキビは洗顔をしっかりと行うことで落ちます。
そのまま放置するとアクネ菌が繁殖し、ぷっくりとした赤ニキビになるので注意してください。

 

 

■あごのニキビの原因

 

 

あごの場所にできるニキビの原因としては

 

①寝不足

 

②栄養不足(ビタミンC、ビタミンB1、B2)

 

③疲れ

 

 

このようにあごの場所にニキビができることは
栄養不足だったり、疲れが原因が大きいです。

 

また男性の場合にはカミソリ負けにより肌に傷がつき
そこからニキビができてしまうこともあります。

 

■あごニキビの治し方

 

①チョコラbbを飲む

 

 

有効成分:ビオチン、グルクロノラクトン

 

値段:200円

 

効果:あご、口周りのニキビ

 

栄養を補給するために、ニキビの飲み薬のチョコラbbがおすすめですね。

 

ビオチンとビタミンB、ビタミンCを十分に摂取できるため、
疲れがちな日や満足な食事がとれなかったときに

 

あごニキビに効く薬

 

あごニキビにはペアアクネクリームwという薬をおすすめします。

 

    

有効成分:イブプロフェンピコノール

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ

 

価格:14gで883円

 

ぺアアクネクリームwに含まれるイブプロフェンピコノールは非ステロイド系の
ため、そこまで重傷な炎症には効果を発揮しませんが、あごの場所にできる
比較的小さいぽつぽつとしたニキビには効果的です。

 

 

洗顔後に朝と夜、2回ほど患部に塗るようにしましょう。

 

 

■その他のニキビ

 

 

その他の場所にできるニキビの原因と治し方について簡単にまとめました。

 

こめかみニキビ 

 

原因:リンスやシャンプーのすすぎ不足、髪の毛の付着

 

治し方:しっかりとすすぎをして、できれば髪の毛をかけないようにしましょう。
頬にできるニキビと似ているため、ソンバーユなどの保湿クリームを塗ることが効果的です。

 

眉間

 

原因:ストレス、睡眠不足

 

治し方:6時間以上睡眠をして、10~2時の間に寝ることで
ホルモンバランスが整うため、

 

口周り

 

原因:栄養不足、睡眠不足、

 

治し方:あごのニキビの治し方と同じように、ビタミンをしっかりととり
必要ならペアアクネクリームなどの軽度のニキビに効く薬を塗りましょう。

 

 

ということでニキビができる場所で見分ける原因と治し方でした!

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ