たこの吸出しとニキビ

たこの吸出しのニキビへの効果と使い方!

たこの吸出しのニキビへの効果と使い方!

 

 

たこの吸出しは町田製薬株式会社が大正2年から製造している長い歴史を持つ軟膏で、その効果の高さから家庭薬としてロングセラーになっていますね。

 

 

 

 

中身はこのように緑色の軟膏となっています。匂いは特にありません。

 

 

たこの吸出しは皮膚の湿疹、腫れ、粉瘤などに効果的とされますが有効成分はニキビに対しても有効であると言えます。薬局やドラッグストアで売られており値段は10g1100円となっています。

 

 

ここではたこの吸出しのニキビへの効果と副作用、使い方についてお伝えしたいと思います。

 

 

たこの吸出しのニキビへの効果

 

 

たこの吸出しを使うのに適しているニキビは、膿が皮膚の内側にたくさん溜まってしまっているタイプのニキビです。

 

 

どうしてそのようなニキビに効果があるのかというとたこの吸出しには硫酸銅、サリチル酸、白色ワセリンの3つの成分が配合されているからです。

 

 

①サリチル酸

 

 

サリチル酸はニキビの化粧品や薬にはよく配合されている成分でピーリング作用により肌の角質を落とし、毛穴の皮脂つまりを解消することができます。また白ニキビや黒ニキビの芯の膜を溶かして、ポロッと落としてそのまま治すことができます。

 

 

さらに肌を軟化させる役割があります。これにより硫酸銅の成分を浸透させやすくさせることができます。

 

 

②硫酸銅

 

 

そして柔らかくなった肌に硫酸銅が浸透していきます。硫酸銅には腐蝕作用という特殊な効果があり、ニキビの中の膿を排出させる働きを持っています。

 

 

内側にコリコリとしこりのような膿が溜まっているニキビに塗ることで、ニキビそのものを小さくさせる働きを持っています。

 

 

特に肩や膝などにできるニキビや顔の場合には顎のしこりニキビを治す際には非常に効果的となります。また殺菌作用もあるためアクネ菌が殺菌され普通の赤ニキビなどにも効きます。

 

 

③白色ワセリン

 

 

白色ワセリンは皮膚科でも処方される保湿剤のことです。そのためたこの吸出しを塗ることで、その部分の乾燥を防ぐことができます。

 

 

たこの吸出しは以上の3つの成分によってニキビを治すことができるとされています。特に硫酸銅というのはたこの吸出しのオリジナル成分であり、他の医薬品や市販のニキビ用の塗り薬には含まれません。

 

 

市販の抗炎症作用のあるニキビ薬を塗ってもしこりニキビにはなかなか成分が届かずなかなか治らないということがありますが、たこの吸出しは膿を排出するため効果が得られる可能性が高いです。

 

 

たこの吸出しはどれくらいで効いてくる

 

たこの吸出しをニキビに使った場合には、どれくらいで効くのかというと

 

・小さいポツポツとしたニキビであれば2~3日で治ってしまいます。

 

・普通の赤ニキビであれば3~5日で改善されていきます。

 

・また顎にできるようなしこりのニキビであれば、およそ1週間前後で小さくなっていきます。

 

以上のようにたこの吸出しはニキビに対して効いていきます。通常のニキビ用の市販薬であれば2週間以上かかりますがこれは、非常に即効性があります。

 

 

たこの吸出しをニキビに試してみた結果

 

鼻に赤ニキビができてしまったので、たこの吸出しを塗ってみました。

 

  

 

1日塗ってだけでも赤ニキビが小さくなっているのがわかるかと思います。そして3日目にはほとんどなくなってしまいました。

 

 

このようにたこの吸出しは腫れた赤ニキビにはかなり効果があると実体験から言えますね。ただし頬にできたニキビ跡やおでこのぶつぶつニキビにも塗ってみたのですが、残念ながら効きませんでした。

 

 

ちなみにたこの吸出しが効かなかった私のニキビ跡も今は治すことができました。そのニキビの完治法はこちら↓

 

 

 

 

⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

 

 

たこの吸出しの副作用について

 

 

たこの吸出しを使うと副作用が出る場合があります。特に多いのが肌の刺激感、発疹、発赤、かゆみ、かぶれです。

 

 

副作用の症状が出たら数日使い続けて、それでも症状が治まらない場合にはたこの吸出しの使用を中断しましょう。あまりにも刺激が強いときは水で洗い流しましょう。

 

 

たこの吸出しのニキビへの使い方

 

 

たこの吸出しをニキビに使う場合には少しコツがあるのでしっかりと確認してください。

 

 

①たこの吸出しは1日1回夜寝る前の洗顔後に塗っていきます。

 

 

②そして塗るときはたくさんつけ過ぎないでください。分量の目安としては、ニキビの中心にペンの先程度をちょんと塗るくらいです。

 

 

綿棒につかうことでニキビ部分にきれいに塗れるのでおすすめです。(画像はオロナインです)

 

 

広い範囲に塗りすぎてしまったり問題のない箇所に塗ってしまうと、必要以上のダメージを肌に与えてしまいます

 

 

③そして塗ったあとは絆創膏を貼って一晩置きます。貼らなくても大丈夫ですが貼った方が治りは早いです。

 

 

 

こんな感じでふわっと貼るだけで十分です。すると翌朝にはふにゃふにゃとしこりが柔らかくなっています。朝には塗らなくても大丈夫です。

 

 

④そのまま塗り続けることによって、どんどん小さくなっていきます。ある程度小さくなれば塗らなくても大丈夫です。

 

 

⑤潰してしまった場合にはニキビ跡になる可能性があるので、しっかりと洗って清潔を保っておく必要がありますね。

 

 

⑤1週間使用しても全く治らない場合には使用を中止してください。

 

 

以上がたこの吸出しのニキビへの使い方です。

 

 

痛みや腫れなども膿が溜まってしまった状態は膿が内側から圧迫しているため、そのようなニキビにもたこの吸出しを塗るようにしましょう。

 

 

硫酸銅という他にはない成分が効くため、ニキビ薬を塗っても治らない方は是非1度たこの吸出しを試してみるようにしてください。

 

 

ということでたこの吸出しのニキビへの効果と使い方でした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ