ヨーグルトパックのニキビへの効果

ヨーグルトパックのニキビへの効果と方法!

ヨーグルトパックのニキビへの効果と方法!

 

 

ヨーグルトが食品として優秀だということは有名です。胃腸の環境を良くし、免疫力を上げるため、花粉症にも良いと言われています。

 

 

しかしスキンケアにおいてもヨーグルトパックとして優秀だと知っている人は少ないのではないでしょうか。

 

 

特に毛穴の角栓や詰まりを溶かしす作用があり、ニキビに対しては白ニキビや黒ニキビ、そしてニキビの予防につながるとされています。

 

 

こちらではヨーグルトパックのニキビへの効果と使用方法について紹介したいと思います。

 

 

ヨーグルトパックのニキビへの効果

 

 

ヨーグルトパックにはニキビに対しては大きく3つの効果が得られるとされます。

 

 

①保湿効果

 

 

ヨーグルトには乳酸菌が含まれていますが、これを肌につけることで肌を保湿させることができます。乳酸菌を配合した保湿化粧品もあるほどです。

 

 

またヨーグルトのタンパク質は乳性タンパク質という特殊な成分で、肌に吸着してもっちりとした肌にすることができます。

 

 

肌が保湿されることで乾燥による大人ニキビを予防してくれる効果が期待できます。

 

 

②ピーリング作用

 

 

そしてヨーグルトにはフルーツ酸という成分が配合されており、こちらも効いていきます。

 

 

このフルーツ酸が角質を柔らかくして、毛穴の詰まり防いでくれます。またヨーグルトの優しいピーリング効果によって、ニキビが出来にくい肌なります。

 

 

特に鼻につけることで鼻の角栓も落とすことができます。

 

 

③ターンオーバー活性化

 

 

またヨーグルトパックにはビタミンA、ビタミンEとビタミンBなどの抗酸化作用を含むビタミンが含まれています。

 

 

これを肌に直接つけることによって肌のターンオーバーが活性化されて、ニキビ跡にも効いていきます。また肌荒れに対しても効いていきます。

 

 

またビタミンAは免疫力を向上させて、紫外線や花粉から肌を守っていきます。

 

 

以上のようにヨーグルトパックは保湿・ピーリング効果・ターンオーバーの活性化によってニキビに対して効いていきます。

 

 

ヨーグルトパックのニキビへの効き目

 

 

ヨーグルトパックをニキビに対して使うことによってどれくらいで効くのかというと

 

 

・肌の保湿は使用してすぐに実感できるとされます。

 

・白ニキビや黒ニキビであれば、2~3日後には効いていきます。

 

・ニキビ跡であればおよそ1か月ほどで感じられていきます。

 

以上のようにヨーグルトパックはニキビに対して効いていきます。ただし抗炎症作用はないため、ニキビ跡の赤みや赤ニキビには効かないとされます。

 

 

ヨーグルトパックのニキビの副作用

 

 

当然のことながら、ヨーグルトは人が食べられるものなので体には安全です。ただし注意点としては3つあります。

 

 

①乳製品がアレルギーの方は控えましょう。牛乳でお腹を下しやすいという方は控えましょう。

 

 

②また場合にはよっては肌のかゆみや発疹、発赤などの症状が起こる場合があります。

 

 

③古いヨーグルトはつかなわないようにします。肌につける場合には新しいものを使用しましょう。

 

 

以上の注意点があります。使用中に違和感を感じた場合にはヨーグルトパックの使用を控えましょう。

 

 

しかし成分じたいはフルーツ酸も刺激が強いわけではないため敏感肌の方でも使用することができます。

 

 

ヨーグルトパックのニキビへの使い方

 

 

ヨーグルトパックでニキビを治す場合の方法についてですが、

 

 

①まず無糖ヨーグルトを準備します。糖分を含むものは肌につけると炎症してしまう可能性があります。

 

 

※ほとんどの方が明治ブルガリアヨーグルトを使っているとされます。古いヨーグルトは使わないようにしましょう。

 

 

②頻度は3日に一度が効果も実感できる良い間隔です。毎日行うとフルーツ酸によって肌がダメージを与える可能性があるので注意してください。

 

 

③そして入浴して、洗顔、化粧水がつけた後に行っていきます。そのまま手に取って目や口のまわりは避けて、顔全体にやさしく乗せるようにつけてください。

 

 

 

 

鼻につける場合にはこのようにつけていきます。塗りこみのではなく乗せるのがポイントです。

 

 

④ヨーグルトをつけたら10分程待ち、ぬるま湯でサッと洗い流してください。薬を塗るのであればパックしてからにしましょう。

 

 

⑤初期ニキビには1週間、ニキビ跡には1か月は使い続けるようにしましょう。それでも効果がなければ使用は控えましょう。

 

 

以上がヨーグルトパックの方法です。ニキビが治った後も予防と保湿のために使用することができます。

 

 

コストパフォーマンスも良いので、一度ヨーグルトパックの効果を試してみてください!

 

 

作るのが面倒ならば、ネットで販売されているので見てみてください。特に豆乳ヨーグルトパック玉の輿が有名です。

 

 

 

 

豆乳の大豆イソフラボンも加えられているため、生理不順による肌荒れやニキビにも有効です。

 

 

またヨーグルトは食べることで腸内環境が整い、口周りや顎周りなどのニキビに対しても効果的なので、スキンケアと食事の両方に取り入れてみてください。

 

 

ということでヨーグルトパックのニキビへの効果と方法でした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ