お酒によるニキビの原因

お酒はニキビの原因になる!?

お酒はニキビの原因になる!?

 

お酒は実はニキビに対して影響を与えます。

 

 

当たり前ですが思春期ニキビは20歳以下で
起こるニキビですから、

 

 

今回のお酒に関しては全く関係ありません。

 

 

つまりお酒は20代から飲みだしたことがきっかけで
ニキビができてしまう大人ニキビの原因になると言えます。

 

 

もちろん酒は百薬の長と言われているだけあって適度に飲む分には問題ありますが、
過剰に摂取してしまうとニキビやそれ以外の
健康的に問題が生じてしまうので、お酒を大量に飲むことは控えましょう。

 

 

またお酒にあまり耐性がない人が飲むと危険です。
体がアルコールに対して反応して、じんましんが出てしまうので、気を付けましょう。

 

 

一見お酒とニキビは関係なさそうにみえますが、なぜお酒がニキビの原因となるのでしょうか?

 

 

お酒によるニキビの原因

 

 

実はお酒には糖分を多く含くんでいます。
よくお酒を飲むと血糖値が上がると言われていますがまさにこれです。

 

 

そしてこの糖分が糖や皮脂の代謝を促すビタミンB
大量に消費させてしまうのがニキビの原因なのです。

 

 

皮脂の代謝が不十分だと古い角質がどんどん溜まり
ニキビとなって現れてしまいます。

 

 

また夜遅くまで深酒をすると当然内臓への負担も大きく、
生活のリズムも崩れますので、体に強いストレスも掛かりますので
ストレスが増えればその分ニキビができてしまうんです。

 

 

適度に飲めばお酒はとても健康に良いので、お酒に関しては自己管理が必要です。
お酒を飲むのはとても楽しいことですが、飲みすぎには注意しましょう!

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ