ピーナッツによるニキビの原因

ピーナッツがニキビの原因になる!?

ピーナッツがニキビの原因になる!?

 

 

 

チョコレートと同じくピーナッツを食べてしまうとニキビの原因になると言われております。

 

 

肌にニキビやぶつぶつができるからやめなさい!」と親によく怒られる経験は皆さんもあるかと思われます。

 

 

では実際ピーナッツはニキビが原因になるのか本当のところどうなのでしょう?

 

 

実はピーナッツそのものにはニキビの原因にはならない。ということが分かっています。

 

 

ですが気をつけなくてはいけないことは市販のピーナッツはほとんど調理されたものであり、調理されたピーナッツはニキビの原因になりうるということです。

 

 

ここではピーナッツがニキビなど肌に与える影響とピーナッツを食べるときの注意点についてお伝えします。

 

 

ピーナッツ自体はニキビの原因にならない?

 

 

実はピーナッツ自体は美肌に効果的なビタミンB1、ビタミンB6そしてビタミンEを含んでいるため、ニキビの原因とは反対にニキビに効果的とされます。

 

 

ビタミンB1

 

 

このビタミンB1は水溶性ビタミンの1種です。このビタミンB1を摂取することで肝臓を回復させる効果があります。

 

 

アルコールの飲みすぎでニキビができると口周りや顎周り、肌荒れができますがそれらをビタミンB1を摂取すると改善することができます。

 

 

その他にもビタミンB1は疲労回復、糖質の分解などの効果が得られます。

 

 

ピーナッツにはビタミンB1が100g中に0.85mg含まれています。1日にビタミンB1は1.1mgの摂取が推奨されているので非常に多いと言えます。

 

 

ビタミンB6

 

 

ビタミンB6はビタミンB2とともに美肌ビタミンと呼ばれています。特にこのビタミンB6を摂取することで生理によるニキビを治すことができます。

 

 

これはビタミンB6を月経症候群やつわりに悩む方に対して投与したところ、症状が改善され、肌質や肌荒れについても軽減されたという研究結果が出ています。

 

 

またアミノ酸を体内に供給する働きがあることで、肌の新陳代謝を活発にさせることで皮膚炎に効果的とされます。そのほかにもビタミンB6には脂質を分解する働きがあり、血液をサラサラにする効果があるとされます。

 

 

そしてピーナッツ100gあたりにはビタミンB6が0.46mg含まれています。※1日のビタミンB6の推奨量は1.1mgとされます。

 

 

ビタミンE

 

 

そしてビタミンEは抗酸化作用のある有名なビタミンですね。抗酸化作用によって肌荒れやニキビ跡の炎症を抑える働きを持っています。

 

 

また毛細血管を拡張させるだけでなく、血行不良を改善させる効果があります。これに肌のターンオーバーが促されてニキビ跡を改善させることができます。

 

 

ピーナッツ100gあたりにビタミンEは16.0mg配合されています。※1日推奨量は8mgとされるので50g食べるだけで達成できます。

 

 

以上のようにピーナッツはニキビに効果的とされ、ビタミンEとビタミンBは野菜以上に高い数値です。

 

 

それにも拘わらずニキビの原因になると言われてきたのかというとピーナッツを食べる際の調味料に問題があることが多いのです。

 

 

ピーナッツがニキビに悪いとされる理由は?

 

 

ニキビに効果的なのは何も調理されていないピーナッツのことです。

 

 

しかしピーナッツを調理する過程で熱を加えて乾燥させます。その中で大量のバターや油を使用するのです。

 

 

バターや油は脂分を多く含んでいるため、それを含んだピーナッツを食べることで皮脂が多く分泌されてしまうのでニキビができてしまうのです。

 

 

ですからピーナッツじたいはニキビに影響を与えないですが柿ピーなど市販のピーナッツは調理されたがほとんどなので食べ過ぎるとニキビの原因になってしまいます。

 

 

ピーナッツを食べる場合には

 

 

ピーナッツを食べる場合には生か素焼きのものを食べることをすすめます。

 

 

生か素焼きのピーナッツであれば、脂分と塩分がほとんどなく逆にビタミンB6とビタミンEが含まれているためニキビに効果的とされます。

 

 

素焼きの場合にはピーナッツには30個ほど食べるようにしましょう。これで50g食べたことになるので、ビタミンEの基準値は超えることができます。

 

 

そして肌のターンオーバーが促される1か月は食べるようにしましょう。それでも効果がなければピーナッツでのニキビケアは中断しましょう。

 

 

市販のピーナッツであれば?

 

 

もし市販のピーナッツを食べたい場合にはピーナッツは20gまでに抑えれば、塩分も油分も過剰に摂取する心配がありません。

 

 

柿ピーであれば小さい袋2つぶんまでであればピーナッツを食べれることができます。

 

 

ただピーナッツを食べて、かゆみが生じる人などはアレルギー反応が出ている可能性があるのでピーナッツを食べるとニキビができてしまう恐れがあります。

 

 

ピーナッツと同じくニキビの原因と言われるチョコレートですが実はチョコレート自体も食べ過ぎなければ、ニキビの原因となりません。

 

 

チョコレートであれば1日板チョコ半分までは大丈夫です。

 

 

ナッツやアーモンドも調理されていないそのままのものであれば栄養価の高い食べ物ですので、間食として食べることをおすすめします。

 

 

ということでピーナッツとニキビについてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ