ニキビとジャスミン茶

ジャスミン茶のニキビへの効果と飲み方について!

ジャスミン茶のニキビへの効果と飲み方について!

 

 

ジャスミン茶はダイエットや美容のために飲んでいる方が多いですね。このジャスミン茶ですが、ニキビに対しても有効とされます。

 

 

ここではジャスミン茶のニキビへの効果と飲み方についてお伝えしたいと思います。

 

 

ジャスミン茶のニキビへの効果について

 

 

ジャスミン茶には栄養素としては葉酸、ビタミンB群、ベンゼルアセテートなどが含まれています。これらがどのようにニキビに効くのか解説します。

 

 

①葉酸

 

 

葉酸というのはビタミンB9の一種であり、妊娠中の栄養素に必要とされています。

 

 

そしてこの葉酸というのは血液の流れを良くして、肌のターンオーバーを促していきニキビ跡が普通肌へと改善させてくれます。

 

 

②ビタミンB群

 

 

またジャスミン茶にはビタミンB6、ビタミンB2などのビタミンB群が配合されています。

 

 

ビタミンB2は美肌ビタミンと呼ばれており、抗酸化作用があり肌荒れを改善することができます。

 

 

またビタミンB2が不足することによって、そのサインとして口周りや顎周りのニキビに対して効いていきます。

 

 

ビタミンB6はタンパク質を分解して供給する働きを持っています。これによって髪の毛、爪などの成長を促します。さらに新しい角質を生成して、毛穴の詰まりを防ぐことができます。

 

 

③ベンゼルアセテート

 

 

ベンゼルアセテートを摂取すると大脳が刺激されて、自律神経の乱れを整えることができます。

 

 

自律神経が乱れてしまっていると、こめかみなどにニキビができてしまいます。ですのでジャスミン茶を飲むことによってこめかみニキビを治すことができます。

 

 

また自律神経の乱れは胃痛や便秘、頭痛などにもつながるので、ジャスミン茶はそれらのニキビに対して効いていきます。

 

 

以上のようにジャスミン茶はニキビに対して効いていきます。その他にもジャスミン茶にはカテキンも含まれており、口内殺菌や脂肪燃焼の効果も期待することができます。

 

 

ジャスミン茶のニキビへの効き目

 

 

ジャスミン茶を飲むことによってどれくらいでニキビに効くのかというと

 

・口周りや顎周りのニキビに対してはおよそ1週間ほどで治っていきます。

 

・こめかみニキビに対してはおよそ2週間ほどで改善されていきます。

 

・ニキビ跡に対してはおよそ4週間後ごとに改善されていきます。

 

以上のようにニキビに対して効いていきます。ただし薬のように薬用作用はないため即効性はありません。

 

 

できればジャスミン茶と合わせてニキビ用の塗り薬を合わせて使うようにしていきましょう。市販のおすすめではペアアクネクリームが挙げられます。

 

 

会社:ライオン株式会社

 

有効成分:イブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ

 

価格:1本(14g)あたり883円

 

即効性:軽度のニキビは3日以内、赤ニキビは5~10日

 

 

ペアアクネクリームのイブプロフェンピコノールは抗炎症作用があり、イソプロピルメチルフェノールは殺菌作用があります。

 

 

内側(ジャスミン茶)と外側(ペアアクネクリーム)からのダブルケアによってニキビがより治りやすくなると言えます。

 

 

ジャスミン茶の飲み方について

 

 

ジャスミン茶によってニキビを治すための飲み方について

 

①ジャスミン茶は基本的に1日2杯飲むようにしていきます。カフェインも含まれるので、1日3杯までにしましょう。

 

 

②ジャスミン茶を飲むときは冷たい状態で飲むより、温かくして飲むようにしてください。

 

 

③またニキビ用の塗り薬は1日2回朝と夜の洗顔後に塗るようにしていきます。

 

 

④ニキビを治すためには最低でも4週間飲むようにしていきましょう。それで効果がなければニキビケアには効き目がないと言えます。

 

以上のようにジャスミン茶は飲むようにしていきます。ニキビが治った後も飲み続けることができます。

 

 

ジャスミン茶にはベンゼルアセテートなど他のお茶にはない成分も含まれているのでおすすめと言えます。

 

 

ということでジャスミン茶のニキビへの効果と飲み方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ