ニキビと甘いもの

甘いものはニキビに悪影響!?その関係について!

甘いものはニキビに悪影響!?その関係について!

 

 

よくチョコレートなど甘いものをたくさん食べるとニキビができると
言われていますが、これは医学的に事実とされています。

 

 

甘いものを食べるということは実はニキビに悪影響を与えてしまいます。
特に口周り、顎周り、おでこにニキビができやすくなります。

 

 

また甘いものだけに関わらず、酸っぱいものなどのお菓子全般は
甘味料が配合されているのでニキビの原因になるので注意してください。

 

 

ここでは甘いものとニキビの関係についてお伝えします。
また甘いものの中でもニキビに効果的なものもお伝えします。

 

 

甘いもののニキビへの影響

 

 

なぜ甘いものがニキビの原因になるのかというと
大きく分けてその理由は2つ挙げられます。

 

 

①血糖値の上昇

 

 

砂糖や果糖などの甘いものを食べてしまうと、
消化中にブドウ糖が分泌されて、血中にブドウ糖が溢れます。

 

 

血中にブドウ糖が溢れると血糖値が上がってしまい高血糖状態になります。
この高血糖状態でいると活性酸素と皮脂の分泌が活発になるのです。

 

 

活性酸素というのは赤ニキビやニキビ跡の赤みを作り出す物質で
甘いものを食べると肌荒れが起きるのも活性酸素によるものです

 

 

また皮脂分泌によって皮脂の分泌が活発になって脂性肌になりやすくなり、
おでこや鼻に集中的に皮脂が分泌されて毛穴が詰まりニキビができます。

 

 

②ミネラルやビタミンの不足

 

 

また甘いものを食べて、砂糖を消化すると実は
体内のミネラルやビタミン群が消費されてしまいます。

 

 

ミネラルは水分を保持する作用やコラーゲンの生成の役割があるため乾燥肌になります。しかし上記でも述べたように皮脂分泌は活発になるため、乾燥肌によって毛穴が詰まりやすくなってしまいます。

 

 

さらにビタミン群の中でも、特にビタミンB2、6が消費されることで
栄養不足により口周りや顎周りにニキビができやすくなります。

 

 

また甘いものを食べると、おなかが膨れて、しっかりと食事の
野菜を食べなくなってしまい、それが栄養不足につながるという見方もされています。

 

 

※果物などは除いて甘いものじたいにはミネラルやビタミンは
ほとんど含まれていないため、肌には良い影響は及ぼしません。

 

 

甘いものを食べるとカサカサ肌になったり、ニキビや肌荒れに
なるというのは、以上のようなメカニズムによって起こってしまうのです。

 

 

その他にも甘いものを食べると代謝不良になりがちでターンオーバーが
不足してしまうことで毛穴の詰まりやニキビ跡の悪化にもつながります。

 

 

ニキビをつくらない甘いものの食べ方

 

 

基本的に適量の範囲を超えて、甘いものを摂取すると
ニキビにとっては悪影響しかありませんので注意してください。

 

 

ここでは甘いものの摂取目安や逆にニキビに効果的となる甘いものをお伝えします。

 

 

1日に摂取する砂糖の目安は小さじ6杯(25g)までとされています。
これを超えて砂糖を摂取するとニキビやそのほか糖尿病などの健康被害を及ぼします。

 

 

・チョコレートでいえば、1日板チョコ4分の1個

 

・缶ジュースは1日1本まで

 

・飴は1日2個まで

 

 

というのが病院で甘いものを制限された場合の目安です。

 

 

甘いもの好きな方にはかなり厳しいですが、ニキビが
現在ある場合には甘いものは制限するようにしましょう。

 

 

ニキビに効果的な甘いもの

 

 

①さつまいも

 

 

 

 

ニキビに効く甘いものはまずさつまいものが挙げられます。
なぜさつまいもがニキビに効果的なのかというと食物繊維とヤラピンが含まれるからです。

 

 

・食物繊維はブドウ糖を吸収してくれる働きがあるため、
血糖値を下げる働きがあり、皮脂分泌を抑制します。

 

 

・またヤラピンは活性酸素を除去する働きのあるため
赤ニキビやニキビ跡の炎症の悪化を防ぐ働きがあります。

 

 

糖類も砂糖ではなく、でんぷんによるものですので、心配はいりません。
甘いものと置き換えて1日1個食べるようにするのがおすすめです。

 

 

②りんごやみかん

 

 

もうひとつおすすめなのがりんごやみかんがおすすめです。
果糖ですので砂糖よりも血糖値の上昇を抑えられます。

 

 

これらの果物は食物繊維も豊富で、ミネラルやビタミンC、Bも含まれています。
甘いものの代わりにはうってつけの食べ物です。

 

 

りんごならば1日1個、みかんは1日2個食べていくことで
抗酸化作用などでニキビを改善させることができるので是非積極的に食べていきましょう。

 

 

ということで甘いものとニキビについてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ