ニキビと食べ物

亜麻仁油のニキビへの効果と食べ方について!

亜麻仁油のニキビへの効果と食べ方について!

 

 

 

亜麻仁油はアマの種子を搾り、とれる黄色い油のことです。この亜麻仁油は美容やダイエット食品として注目されています。

 

 

そして亜麻仁油はニキビに対しても効果的とされ、赤ニキビやニキビ跡も改善された報告が挙げられています。

 

 

ここでは亜麻仁油のニキビへの効果と食べ方やケア法についてお伝えします。※食べる場合と直接肌に塗るふたつのニキビケア法があります。

 

 

亜麻仁油のニキビへの効果

 

 

亜麻仁油にはオメガ3脂肪酸(aリノレン酸)という特殊な栄養素が含まれます。

 

 

このオメガ3脂肪酸がニキビに対して効いていき、3つの効果を持っています。

 

 

①抗炎症作用

 

 

オメガ3脂肪酸には血中の活性酸素を除去する働きがあります。
そしてこの活性酸素はニキビや肌荒れの際の炎症を起こします。

 

 

そのため亜麻仁油を摂取することで間接的に赤ニキビやニキビ跡の炎症を抑える働きがあるのです。

 

 

サラダ油や胡麻油にはオメガ3とは違う、『オメガ6脂肪酸』が配合され、活性酸素のエサとなり、逆にニキビの炎症を悪化させてしまうので注意してください。

 

 

②整腸効果

 

 

亜麻仁油は腸内に運ばれるとオメガ3脂肪酸が善玉菌のエサとなります。
善玉菌の増殖につながり、腸内環境を整えることができます。

 

 

腸内環境が悪いと、サインとして口周りや顎周りにニキビができるので亜麻仁油はそれらのニキビにも効きます。

 

 

③保湿作用

 

 

亜麻仁油を肌に塗った場合ですが保湿効果が得られます。

 

 

オメガ3脂肪酸は油性のため皮膚に膜を張り水分を閉じ込めることで肌の乾燥を防ぎます。

 

 

特に乾燥による大人ニキビに対しては有効とされます。※ホホバオイルに近い感じのようですね。

 

 

またオメガ3脂肪酸はコラーゲンの生成も促すためニキビ跡やクレーターニキビに有効とされます。

 

 

以上のように亜麻仁油はニキビに有効とされます。

 

 

亜麻仁油の効き目について

 

 

亜麻仁油でのニキビが治る目安ですが

 

・ニキビの炎症はおよそ1~2週間ほどで効きます。

 

・コラーゲンの生成によるニキビ跡の改善は約1か月ほどとされます。

 

・保湿効果は亜麻仁油をつけてすぐに感じられます。

 

以上のように亜麻仁油は効いていきます。

 

 

亜麻仁油のニキビへの使い方について

 

 

亜麻仁油でニキビを治すための使い方ですが、食べる場合と塗る場合のふたつをそれぞれ紹介したいと思います。

 

 

食べる場合

 

①亜麻仁油を食べる場合には、オリーブオイル、ごま油、ドレッシングなどを亜麻仁油に替えるのが良いです。

 

 

②そして亜麻仁油は1日小さじ1杯だけ食べるようにします。

 

 

③ただし加熱するとオメガ3脂肪酸が壊れてしまうので、そのまま食べるようにしましょう。サラダなどにかけるのがおすすめです。

 

 

④最低でも1か月は亜麻仁油を食べていくようにしましょう。

 

以上が亜麻仁油を食べてニキビを治す方法についてです。

 

 

肌につけて治す場合

 

 

①1日2回洗顔をした後に塗っていきます。※化粧水をつける場合には化粧水の後に塗りましょう。

 

 

②こちらも小さじ1杯分手にとるようにして顔全体をやさしくなじませるようにつけていきます。

 

 

③ニキビ跡や赤ニキビには最低でも3週間、ニキビ跡やクレーターであれば最低1か月は塗りましょう。

 

以上が亜麻仁油を塗り方です。

 

 

亜麻仁油のオメガ3脂肪酸は他の化粧品や薬にはないニキビケアですので試してみる価値はありますね。

 

 

またニキビだけでなく、便秘やダイエット、糖尿病などに対して効くため、家庭に1本常備しておくのもおすすめです。

 

 

ということで亜麻仁油とニキビについてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ