ニキビとアボカド

アボカドのニキビへの効果と食べ方について!

アボカドのニキビへの効果と食べ方について!

 

 

 

アボカドは森のバターと呼ばれるほど栄養素が高いです。
そして動脈硬化、高血圧、脳梗塞などの予防効果がある健康食品です。

 

 

ただアボカドはカロリーや脂肪分が多いためニキビに悪いのでは?
と疑問に思う方が数多くいらっしゃいます。

 

 

実はニキビに悪いということはなくむしろニキビに効果的とされます。
ここではアボカドのニキビへの効果と食べ方についてお伝えします。

 

 

アボカドのニキビへの効果

 

 

アボカドには20種類以上のビタミンやミネラルが含まれますが
その中でもビタミンB2、ビタミンEがニキビに対して効果的とされます。

 

 

ビタミンB2

 

 

ビタミン2はニキビを治すビタミンの中でも一番効果的です。
ビタミンB2は皮脂の分泌をコントロールする働きがあります。

 

 

皮脂の過剰な分泌はおでこや顎ニキビの原因となります。
また逆に皮脂が不足すると乾燥を招いてしまい赤ニキビができてしまいます。

 

 

そのためアボカドを食べてビタミンB2を摂取することによって
毛穴の詰りや肌の感想を防ぎ、ニキビに効果的とされます。

 

 

ビタミンE

 

 

ビタミンEは抗酸化作用や新陳代謝を促す作用があります。

 

 

ビタミンEの働きによって新陳代謝が活発化されて、
ターンオーバーが促されることでニキビ跡が改善していきます。

 

 

またビタミンEはエストロゲンを分泌する働きがありホルモンバランスを整えます。
特に女性は生理前など黄体ホルモンが過剰に分泌されるとあごや口周りにニキビができやすくなります。

 

 

そのためアボカドを食べてビタミンEを摂取することによって
ホルモンバランスの乱れによるあごや口周りのニキビに効いていきます。

 

 

以上のように

 

 

アボカドに含まれる脂肪は大丈夫?

 

 

アボカドに含まれる脂肪がニキビを悪化させるのでは?という指摘ですが

 

 

アボカドは脂肪が確かに多く、果肉の20%が脂肪です。
ですがアボカドの脂肪というのは不飽和脂肪酸と呼ばれるものです。

 

 

不飽和脂肪酸はコレステロールを減らす働きや血液をサラサラにする効果があります。
ですからアボカドを適量の分だけ食べれば全く問題ありません。

 

 

アボカドのニキビを治すための食べ方について

 

 

ニキビを治すためにアボカドを食べる場合についてですが

 

①食べる量は1日4分の1個~2分の1個の範囲で食べましょう。
それ以上食べ過ぎると今度は栄養過多になってしまいます。

 

 

②食べ方は好きなように食べて構いませんが、熱すると
ビタミン類が死滅するのでなるべく生で食べるようにしましょう。

 

 

③毎日食べるようにして最低でも1か月は食べ続けるようにしましょう。

 

 

以上がニキビを治すためのアボカドの食べ方です。

 

 

アボカドはニキビだけでなく、さまざま効果が得られるので
是非とも食べてみることをおすすめします。

 

 

ということでニキビとアボカドについてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ