ビオチンとニキビ

ビオチンのニキビへの効果と摂取法!

ビオチンのニキビへの効果と摂取法!

 

ビオチンとはビタミンHとも言われている水溶性のビタミンです。

 

 

ビオチンは抗炎症作用があることから皮膚科でのアトピー治療にも用いられたり
美肌成分として知られていますが、ニキビに対しても効果が高いです。

 

 

ここではビオチンのニキビに対しての効果と摂取方法についてお伝えします。

 

 

ビオチンのニキビへの効果

 

 

なぜビオチンがニキビに効果的なのかというと
大きく分けて理由は2つあるとされています。

 

 

aリノレン酸とEPAの生成

 

 

ビオチンを摂取するとaリノレン酸とEPAが生成されるのを促す効果があります。

 

 

・aリノレン酸

 

 

aリノレン酸は別名『オメガ3脂肪酸』と呼ばれ血中の活性酸素を
排出する効果があり、肌の乾燥と炎症を防ぐ働きがあるとされます。

 

 

またaリノレン酸は善玉菌コレステロールを分泌させる
働きがあるため、整腸効果によって老廃物を排出し入れ替えを促す作用もあります。

 

 

・EPA

 

 

EPAはアラキドン酸から悪性のエイコサノイドが代謝されるのを
防ぐ働きがあり、このエイコサノイドは肌の炎症と原因とされます。

 

 

ビオチンを摂取してEPAを産出させることで、
肌の炎症に対して効果的で、同時に赤ニキビやニキビ跡の炎症にも効きます。

 

 

このようにビオチンを摂取することによってニキビに効果的に作用します。
特に炎症したニキビには絶大な効果があります。

 

 

効き目の時間

 

 

ただしこのビオチンがニキビへ効くのは時間がかかります。

 

 

ビオチンがニキビに効いてくるのは最低でも1か月はかかってしまいます。
1か月で症状が改善され出し、3か月後にはニキビ跡の赤みも明らかに目立たなくなります。

 

 

ビオチンを摂取してニキビを治すとなると
少し根気が必要となってくるので注意してください。

 

 

ビオチンの副作用について

 

 

またビオチンの副作用が気になる方もおられるでしょうが
水溶性のビタミンですので、過剰に摂取しても問題はありません。

 

 

ただ悪玉菌のエサとなるデメリットを持っているので
便秘や腹部膨張などが起こる可能性もあるので注意してください。

 

 

 

ビオチンのニキビを治すための摂取法

 

 

ビオチンでニキビを治すためにはどのように摂取すれば
よいのかについてですが基本的に食べ物での摂取をおすすめします。

 

 

サプリメントでの摂取することも可能ですが、ビオチン単体で摂取するよりも
その他のビタミンと摂取することで相乗効果をもたらします。

 

 

ですのでできるだけ食べ物で摂取するようにしましょう。

 

 

おすすめの食べ物と摂取量

 

 

ビオチンは1日45μgの摂取する必要があります。
ニキビを治す場合には必ずこの数値を摂取するようにしましょう。

 

 

ビオチンを摂取する上でおすすめの食べ物が
くるみ、レバー、卵黄、納豆とされます。

 

 

特にくるみとレバーはビオチン以外にニキビに効果的な成分が含まれています。

 

 

・くるみ

 

 

くるみにはビオチンだけでなく、メラトニンという成分が
含まれており、体内の老廃物を排出する働きがあります。

 

また美肌成分とされるビタミンB2も豊富に含んでいます。

 

 

クルミの場合にはくるみの場合約120g(約10個)食べればビオチンの1日の摂取量に満たします。

 

 

・レバー

 

 

 

 

レバーにはビオチンだけでなく、ビタミンB、ビタミンC、
ビタミンEなどビタミン各種が豊富に含まれています。

 

 

またレバーは鶏レバーが最もビオチンを含んでいますので
レバーを食べる場合には鶏レバーがおすすめです。

 

 

鶏レバーであればたった50g食べることでビオチンの摂取量に達してしまいます。
総合的に言えば、レバーが一番おすすめですね。

 

 

ビオチンは過剰に摂取したとしても水溶性ビタミンなので、不必要な
場合には排出されるので、過剰摂取の心配はいりません。

 

 

とりあえずニキビを治すためにはこれらの食べ物でビオチンを
最低でも1か月は意識して摂取してみるようにしてください。

 

 

またサプリメントであれば1日1錠食後に服用するだけです。
しかし他のビタミンは摂取できないので、なるべく食べ物で摂っていくようにしましょう。

 

 

以上、ビオチンとニキビについてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ