レシチンとニキビ

レシチンがニキビを減らす!その効果と摂取方法!

レシチンがニキビを減らす!その効果と摂取方法!

 

 

レシチンというのはグリセロリン脂質のひとつで、体の中にもある成分です。

 

 

そして主にコレステロールを抑えて、高血圧や動脈硬化の予防などの効果を
持っていますが実はニキビを予防改善してくれる効果もあるのです

 

 

このレシチンは大豆や豆乳などの大豆製品に豊富に含まれています。

 

 

美肌には欠かせないとされているレシチンとニキビへの効果と
摂取方法について紹介したいと思います。

 

 

レシチンのニキビへの効果

 

 

まず覚えておきたいのがレシチンには卵に含まれる卵黄レシチンと
大豆に含まれる大豆レシチンの2種類があるということです。

 

 

そしてニキビに効果があるのは大豆レシチンです。

 

 

ではなぜ大豆レシチンがニキビに効果的なのかというとふたつ理由があります。

 

 

①乳化作用

 

 

レシチンを摂取することで、体内で乳化されます。

 

 

乳化されることで血液中の脂肪を取り除いてくれる効果があり、
また細胞膜をつくる働きをしてくれるます。

 

 

つまり新陳代謝を上昇させ、肌の細胞を再生させる機能を
レシチンはつかさどっているため、ニキビ肌を改善してくれる効果があります。

 

 

②ホルモンバランスを整える

 

 

もうひとつの効果としてレシチンはホルモンバランスを整えます。

 

 

卵胞ホルモンの分泌を促してくれることで、生理前に
黄体ホルモンが過剰に分泌されてもバランスを保つことができます。

 

 

特にホルモンバランスが崩れてしまうと、口周りや顎周りに
ニキビができるので、レシチンを摂取することでそれらのニキビに効いていきます。

 

 

以上のふたつの働きによってレシチンはニキビに効果が得られます。

 

 

そのためレシチンが不足してしまうと、ターンオーバーが
行われませんのでニキビの原因となってしまいます。

 

 

またそのほかにも

 

 

・糖尿病

 

・肌荒れ

 

・動脈硬化

 

 

などの原因にもなってしまうので、健康のためにも
レシチンは必要な栄養素だということですね。

 

 

ニキビを治すためのレシチンの摂取法

 

 

ニキビを治すためには必ずレシチンの摂取量を超えるようにしなければいけません。

 

 

1日に必要な摂取量は1000mgとされています。

 

 

あまりピンとこない数字ですが、大豆にすると200gとなりますので
かなりの量を食べなければ達成することができません。

 

 

事実日本人のほとんどが達成できていません。

 

 

ではどうやって摂取すればいいかというと、
豆乳が最も簡単にレシチンを摂取できると思います。

 

 

 

 

レシチンは小魚、大豆、豆腐、ピーナッツ、などに
含まれますが、豆乳は飲みやすいのでおすすめです。

 

 

またその際は砂糖などニキビの原因となる添加物が
含まれていない成分無調整豆乳を選ぶようにしましょう。

 

 

手順

 

 

①具体的には豆乳を1日2杯飲むようにするだけです。

 

 

②朝起きてすぐにまずは1杯飲むようにすると吸収率が上がり効果的です。

 

 

③最低でも1か月は飲み続けるようにしましょう。

 

 

2杯で800mg摂取できるので、後は食事をすることで
レシチンを補うことができるので、豆乳がおすすめです。

 

 

豆乳が苦手な方は

 

 

豆乳が苦手な場合にはサプリメントを摂取する方法があります。

 

 

 

 

DHCからレシチン専用のサプリメントが販売されているため、
そちらを摂取するというのもひとつの手ですね。

 

 

ということでレシチンのニキビへの効果と摂取方法でした

 

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ