チーズとニキビ

チーズのニキビへの効果と方法について!

チーズのニキビへの効果と方法について!

 

 

一見チーズは乳製品で脂質も多そうなためニキビに対して悪影響を与えてしまうと思う方も多いです。

 

 

しかし実はチーズは乳製品の中でもニキビに効果的であるとされます。

 

 

ここではチーズのニキビへの効果と食べ方についてお伝えします。また逆効果になる乳製品も含まれるのでそちらも紹介したいと思います。

 

 

チーズのニキビへの効果

 

 

発酵食品としてよく知られているチーズには、実はニキビを治すのに効果的な働きがあります。

 

 

それはなぜかというと、チーズにはビタミンB2、ビタミンA、亜鉛が含まれるからです。

 

 

ビタミンB2

 

 

ビタミン2は皮脂の分泌をコントロールする役割があります。チーズを食べると皮脂分泌されるイメージですが実はその逆で、皮脂が過剰に分泌されていれば抑制し、皮脂分泌が足りずに肌が乾燥していれば皮脂の分泌を促します。

 

 

また美肌ビタミンと呼ばれており、新陳代謝を活性化させ肌にしっかりと酸素を送ることによって、新しい肌に変えるためニキビ跡にも効果的です。

 

 

ビタミンA

 

 

ビタミンAは細菌への抵抗力を高めます。ビタミンAを摂取することでアクネ菌が繁殖しづらくなり、ニキビの予防につながります。

 

 

また肌の角質層のバリア機能が高まることによって紫外線や花粉、乾燥から肌を守ってくれます。

 

 

亜鉛

 

 

さらに亜鉛は肌の細胞分裂を促す作用があり古い角質を落として新しい肌へと変えていきます。

 

 

またビタミンB2のターンオーバーの補助栄養成分として非常に重要です。

 

 

以上のようにチーズには肌に必要な成分がしっかりと含まれています。特にニキビ跡や乾燥によるニキビ、思春期ニキビに有効とされます。

 

 

チーズは乳製品だし脂肪分も多そうだからニキビができている時には避けていた、という人もいるかもしれません。しかし、これだけニキビが治るために必要な要素を兼ね備えている食品ですから、日常的に食事に取り入れていきたいものです。

 

 

逆効果になる場合

 

 

ただ注意点としてチーズを食べると胃もたれや気分が悪くなる場合には無理にチーズを食べてニキビを治す必要はありません。

 

 

この原因はチーズの乳性タンパク質を分解する酵素を持ち合わせていないからとされます。牛乳でお腹を下してしまう人もこの乳性たんぱく質を分解する酵素を持ち合わせていないと言えます。

 

 

乳性たんぱく質を分解する酵素を持っていない人がチーズでニキビを治そうとすると皮脂の分泌や毛穴の詰まりを引き起こしてニキビに逆効果になるので危険です。

 

 

ですのでチーズがニキビに効果があるのはこの乳性たんぱく質を分解する酵素を持っていることが前提です。チーズを食べても問題なく、好きな食べ物である方には向いています。

 

 

ニキビに効果的なチーズへの食べ方

 

 

食べる量

 

 

ただし、たくさん食べれば食べるだけ良いのかというと食べ過ぎると逆効果になるので注意してください。

 

 

チーズの脂肪分は肉よりは少ないですが、それでもゼロではありません。ニキビを治すのに大切なことはバランス良く食べるということです。

 

 

ニキビを治すために食べる場合の1日食べる量としては20g(スライスチーズ2枚分)を食べるのがベストです。※それより1~2枚多く食べる分には問題ありません。

 

 

食べ合わせ

 

 

またビタミンB2とビタミンA、亜鉛はビタミンCと一緒に食べると吸収率が上がります。ですのでチーズを食べるときは果物か野菜と組み合わせて食べるのがおすすめです。

 

 

例えトマトはビタミンCも豊富で食事としてもチーズとの相性も良いので食べてみてはいかがでしょうか。

 

 

食べる期間、タイミング

 

 

チーズは薬ではありませんので、特別食べるタイミングが決まっているわけではありません。そのため基本的にはいつ食べるかということも自由です。

 

 

ただし就寝前に食べるとビタミンの吸収率がよくなり肌のターンオーバーを促すことができるため、効果が上がるとされます。

 

 

食べる期間としてはビタミンが効果をあたえるおよそ1か月間は最低でも意識して食べるようにしてください。

 

 

その他ニキビに効果的な乳製品

 

 

またチーズ以外にニキビに効果的とされる乳製品の代表としては牛乳とヨーグルトの2つが挙げられます。

 

 

・牛乳

 

 

牛乳にはチーズ同様にビタミンB2が含まれていおり、また腸内環境を整えるオリゴ糖が含まれています。

 

 

オリゴ糖による整腸作用によって、特には腸の乱れのサインとして現れる、顎ニキビ、口周りのニキビに効いていきます。

 

 

・ヨーグルト

 

 

ヨーグルトもビタミンB群が含まれており、発酵されていることによりビフィズス菌が含まれるため牛乳よりもニキビへの効果は高いです。

 

 

チーズ以外にはこれらの乳製品を食べてみるようにしてください。

 

 

逆にニキビが悪化する乳製品

 

 

またニキビが悪化する乳製品としてはバター、アイスクリーム、生クリームがあります。

 

 

・バターは塩分と油分が多いため脂性肌の原因になってしまいます。

 

 

・またアイスと生クリームは砂糖が多く含まれるのでいけません。砂糖は血液の流れを悪くするためニキビには逆効果になってしまいます。

 

 

ですのでニキビを治したいという方はこれらは控えるようにしましょう。ということでチーズのニキビへの効果と方法についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ