ニキビとバナナ

バナナのニキビへの効果について!

バナナはニキビへの効果と食べ方!

 

 

バナナはダイエットや健康に良いと言われていますが、実は美肌にも良いとされています。

 

 

その中でもニキビやニキビ跡にも効果的とされています。
ここではバナナのニキビへの効果、食べ方についてお伝えします。

 

 

バナナのニキビへの効果について

 

 

バナナがニキビに効果があるとされているのは、栄養素が豊富に含まれているからです。

 

 

果物の中でも、とりわけ栄養素において優れているものでビタミンB2と食物繊維が豊富とされています。

 

 

ビタミンB2

 

 

ビタミンBは新陳代謝を高める作用があり、肌のターンオーバーを促すのに欠かせない栄養素とされています。

 

 

特にビタミン2は肌の皮脂分泌をコントロールする働きがあるとされます。

 

 

皮脂の分泌が活発になりすぎてしまうとおでこや鼻などのニキビができやすくなり、逆に分泌されないと乾燥をまねいてニキビの原因になります。

 

 

ビタミンB2を摂取することで乾燥肌や脂性肌を普通肌に変えてくれます。

 

 

食物繊維

 

 

またバナナには不溶性食物繊維と水溶性食物繊維のふたつがバランスよく含まれているためお通じを良くします。

 

 

それにより新陳代謝の活性化と、毒素の排出にによりニキビを治す効果があるのですね。

 

 

またバナナにはオリゴ糖と呼ばれる腸内の善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やすことで整腸効果が期待できます。

 

 

腸内環境が悪いと特にあご周りや口周りにニキビや肌荒れがひどくなるので、それらのニキビがある方はバナナが非常に効果的です。

 

 

以上によりバナナはニキビに対して効果があるとされます。

 

 

ニキビを治すためのバナナの食べ方

 

 

ニキビを治すためのバナナの食べ方についてですが

 

 

①そのバナナを食べる量としては1日2本が目安とされています。

 

 

②食べるタイミングは朝バナナダイエットと同じく
朝起きてすぐ食べると吸収され、糖も頭に回るのでおすすめです。

 

 

朝に1本、夜のデザートに1本食べると良いかもしれません。

 

 

③最低でも1か月は継続してみるようにしましょう。

 

 

以上がニキビを治すためのバナナの食べ方です。

 

 

ただバナナがいかにニキビやニキビ跡に効果があるとしても、
それだけを食べるという方法は食事のバランスから見ても、あまり望ましいことではないのです。

 

 

ニキビを治したいのであれば、バナナを食べるのも良いですが、
その他の野菜やきのこ類などもしっかり食べていきましょう。

 

 

適切な量を毎日食べ続けることによって、肌荒れも改善し美肌になることができます。
さらに食べるのが簡単だというのも、バナナを日常生活に取り入れやすいメリットとなります。

 

 

ということでバナナとニキビについてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ