シミになったニキビ跡

シミになったニキビ跡の原因と消す方法とは!

シミになったニキビ跡を消すには!

 

ニキビは、炎症が激しかったりすると跡になってしまうことが多々あります。

 

 

ニキビ跡の中でも多いのが、
シミのように残ってしまうものです。

 

 

炎症は消えたもののその後薄黒くニキビ跡が残って、
そのままシミとなってしまうとニキビ跡を消すのがとても大変になります。

 

 

 

このシミにニキビ跡ですが、実は色によって
2つのタイプに分けられます。

 

 

1つは紫色のニキビ跡のシミです。

 

 

この紫色のニキビ跡のシミは、毛穴のまわりの毛細血管が
破れて血が固まったもの
がそのまま残ってしまったタイプです。

 

 

毛細血管が切れてできた赤いニキビの血が
固まり紫色のシミとなってしまったものです。

 

 

もう1つのタイプのニキビ跡のシミは、

 

 

ニキビが炎症を起こすと、炎症を治そうとしてメラニンが活発化して、
日焼けしやすくなるために出来る茶褐色のニキビ跡のシミになります。

 

 

ニキビ跡のシミを消すためには!

 

 

これらのニキビ跡のシミはどのように消すことができるのでしょうか。

 

 

このようにシミになってしまったニキビ跡を消すには
化粧水での日々のお手入れが大切なんです。

 

 

紫ニキビのシミを消すには

 

 

紫色のシミは、肌の代謝を促すタイプの化粧品を使うことがおすすめです。

 

ターンオーバーを促進するにはビタミンC誘導体など
が含まれているものがおすすめです。

 

 

「リプロスキン」の化粧水は肌の奥まで浸透して代謝を促し、
今まで不可能だったニキビ跡のシミも薄くすることが可能だと言われてます。

 

 

茶褐色のニキビ跡のシミ

 

 

茶褐色になったニキビ跡には特に美白タイプの化粧水を
使うと成分のビタミンC誘導体やアルブチンなどがメラニンの働きを抑えてくれます。

 

 

ビーグレン」は美白のみならずアンチエイジング、
肌の黒ずみなども解消してくれるのでおすすめなのではないかと。

 

 

以上、シミになったニキビ跡を消すには!でした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ