色素沈着の原因について

ニキビ跡の色素沈着の原因について!

ニキビ跡の色素沈着の原因について!

 

 

ニキビ跡の色素沈着の原因はその色によって大きく分けて2つあります。

 

 

茶色い色素沈着

 

 

まず、茶色い色素沈着の場合はなぜ起こるのか?

 

 

それはニキビが悪化して真皮の細胞が傷つくことによって、
肌のターンオーバーがうまくいかずに茶色いニキビ跡になるからです。

 

 

ニキビができると同時にメラニン色素も作られて、そのメラニン色素が
うまく排出されないのも、ニキビ跡の色素沈着が起こってしまう原因となります。

 

 

 

紫や赤黒い色素沈着

 

 

 

次に紫や赤黒い色素沈着を起こした場合の原因としては、
そこには血液の中にあるヘモグロビンが大きく関係してきます。

 

 

ニキビの炎症がひどくなると、真皮が傷ついてしまうことがありますが、

 

 

その真皮の毛細血管が破壊されて出血することによって
周辺の細胞まで流れ出た血が染み込むことが原因とされています。

 

 

ヘモグロビンは酸素を失うと赤みがなくなるため、
紫色や赤黒いニキビ跡となるのです。

 

 

ただ、これは真皮が再生されることによって
時間が経てば自然と治るので安心しても良いかもしれません。

 

 

このようにニキビ跡ができてしまう原因は、
その色によって2つに分けることができるので、

 

 

自分がどちらの色なのか判断して、その原因を
解消するような対策を取るようにしましょう。

 

 

どうしても治らないニキビ跡が気になるのであれば、
皮膚科を受診するのももちろん良いですが、

 

 

まずは肌のターンオーバーを正常化するような
ビタミンC誘導体を含むスキンケア用品を使って治すのも良い方法です。

 

 

原因が分かれば、対策も取ることができるので、
まずは原因を知ることから始めてみましょう。

 

 

以上、ニキビ跡の色素沈着の原因について!でした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ