30代のおでこのニキビ

30代のおでこのニキビの原因と治し方!

30代のおでこのニキビの原因と治し方!

 

30代になってからニキビが急増した、特におでこ周りにニキビが
沢山出来ると悩んでいる人が多いようです

 

 

その理由は、ちょっとショックですが女性ホルモンの減少にあるようです。

 

 

30代といえば、お肌の曲がり角。
シミやシワだけでなく、おでこのニキビも30代の肌のトラブルに多いのです。

 

 

30代のおでこのニキビの原因

 

 

30代で肌におでこのニキビやその他の肌のトラブルが増えるのは、
加齢、いわゆる老化が原因しています。

 

 

人は、30代くらいから徐々に女性ホルモンの生成が減少していきます

 

 

肌は女性ホルモンと密接な関係がありますので、
おでこのニキビにも影響しているのです。

 

 

その他のおでこのニキビの原因

 

 

おでこのにきびの原因はいくつかあります。

 

 

1 まず、髪の毛やシャンプーなどがおでこを刺激すること

 

 

2 また肌がきちんと水分を保っておらず、おでこといった部分的な
  場所が乾燥していることなどが原因と言われています。

 

 

肌が乾燥すると、面の角質層が壊れ、菌が繁殖しやすくなります。

 

 

すると、汚れなどでニキビの炎症のもとになる
アクネ菌が繁殖しやすい環境が出来てしまうのです。

 

 

肌の水分の減少は30代になり、女性ホルモンが減少することで
肌にコラーゲンやセラミドを作る機能が低下してしまうために起こります。

 

 

そのため、30代になって乾燥しやすい
おでこにニキビが増えてきたという人が多いのです。

 

 

30代のおでこのニキビ治し方

 

その治し方ですが、30代の
乾燥ニキビには保湿がとても重要です。

 

 

保湿性の高い化粧水などをたっぷりつけ、
潤いを保つようにしましょう。

 

 

その他の治し方ですが、女性ホルモンを増やすように
規則正しい生活をし、ストレスを溜めない、

 

 

また大豆イソフラボンなどの成分を多く含んだ
サプリでアンチエイジングを図るのも有効なニキビの治し方です。

 

 

 

 

DHCの大豆イソフラボンなんかは
値段も手軽で人気ですね。

 

 

ですから30代のおでこのニキビは

 

 

乾燥と女性ホルモン

 

 

この2点を注意してみると治すことができると思います!
以上30代のおでこのニキビの原因と治し方でした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ