ティツリーウォーターとニキビ跡

ティツリーウォーターのニキビ跡への効果と副作用、使い方!

ティツリーウォーターのニキビ跡への効果と副作用、使い方!

 

ティツリーウォーターはLUSHが販売している、肌荒れやニキビ用の化粧水とされます。中身は無色透明でさっぱりとしています。

 

 

またこのティツリーウォーターを使うことでニキビ跡に対しても聞くとされています。ティツリーウォーターの値段は1本(100g)で1160円となっています。

 

 

ここではティツリーウォーターのニキビ跡への効果と副作用、使い方についてお伝えします。

 

 

ティツリーウォーターのニキビへの効果について

 

 

ティツリーウォーターにはティーツリー葉水、グレープフルーツ果実水の2つが配合されています。これらがどのようにニキビに効くのか解説したいと思います。

 

 

①ティーツリー葉水

 

 

ティーツリー葉水はもともと抗菌作用、殺菌作用がありやけどや傷跡に対して用いられていました。オーストラリアでは常備薬として置いてあります。

 

 

そしてティーツリー葉水による殺菌作用がニキビの元であるアクネ菌を殺菌することによって、ニキビを治すことができます。また背中ニキビの元であるマラセチア菌、黄ニキビを起こす黄色ブドウ球菌を殺菌することができます。

 

 

またティーツリーは抗炎症作用があるため、炎症ニキビやニキビ跡の赤みを鎮静させることも可能となっています。

 

 

②グレープフルーツ果実水

 

 

グレープフルーツ果実水はその名の通り、グレープフルーツの果汁をそのまま加えたものです。

 

 

グレープフルーツには豊富なビタミンEが含まれており、抗酸化作用によって肌荒れを落ち着かせることも可能となっています。

 

 

さらに肌の新陳代謝を促すことによって、ターンオーバーが起きてニキビ跡が普通肌へと改善されていきます。その他にもシミやシワ、そばかすに対しても効果があるとされます。

 

 

以上のようにティツリーウォーターはニキビに対して効いていきます。

 

 

ティツリーウォーターのニキビへの効き目

 

 

ティツリーウォーターを使うことによってどれくらいで効くのかというとことですが、

 

・白ニキビや黒ニキビなどの初期ニキビはおよそ2~3日ほどで治っていきます。

 

・赤ニキビやニキビ跡の赤みであればおよそ1~2週間ほどで鎮静されていきます。

 

・背中ニキビや黄ニキビであれば、およそ2週間ほどで殺菌されて、改善されていきます。

 

・ニキビ跡そのものであればおよそ4週間ごとにターンオーバーが促されて改善されていきます。

 

以上のようにティツリーウォーターはニキビに対して効いていきます。ティツリーウォーターだけであらゆるニキビに効くと言えます。

 

 

ティツリーウォーターの副作用について

 

 

ティツリーウォーターのティーツリー葉エキスは薬用作用があるため、副作用が生じる可能性があります。

 

 

特に皮膚のかゆみ、発疹、炎症、かぶれなどの症状が起こる可能性があります。もし副作用が生じたら使用は控え、水で洗い流しましょう。

 

 

基本的に安全性が高いので、そこまでティツリーウォーターによる副作用の心配はありません。

 

 

ティツリーウォーターのニキビへの使い方について

 

 

ティツリーウォーターでニキビを治す場合の使い方についてですが、

 

①基本的に1日2回朝と夜の洗顔後に化粧水として使っていくようにします。体のニキビに使う場合には風呂上りにそのままふきかけるようにしましょう。

 

 

②コットンに2~3回ふきかけて、顔全体にやさしく当てるようにしていつけていきます。

 

 

③ニキビ部分や肌荒れ部分には念入りにふき取るようにしてつけていきましょう。

 

 

④初期ニキビや炎症ニキビには2週間、ニキビ跡には4週間使うようにしていきます。それでも効果がなければティツリーウォーターの使用は控えましょう。

 

以上のようにティツリーウォーターはニキビに対して使うようにしていきます。ニキビが治ったらティーツリーウォーターの使用は控えましょう。

 

 

ティツリーウォーターにはティツリーによる独自の効果を得られるので試してみる価値は大いにあります。

 

 

ということでティツリーウォーターのニキビ跡への効果と副作用、使い方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ