ニキビと極水

極水のニキビへの効果と副作用、使い方について!

極水のニキビへの効果と副作用、使い方について!

極水(きわみず)はロート製薬が製造している保湿用化粧水です。薬局やドラッグストアでも売られており、400mlで560円と手ごろな値段となっています。 そして極水には普通タイプ、ハトムギタイプ、ローズタイプの3種類があるのですが、この中でハトムギタイプの極水はニキビに対して特に効果的となっています。 ここでは極水(ハトムギタイプ)のニキビへの効果と副作用、使い方についてお伝えします。

極水のニキビへの効果について

極水(ハトムギタイプ)には有効成分としてハトムギ種エキス、アスコルビルグルコチド、エタノールが配合されています。それぞれがどのようにニキビに作用するのか解説したいと思います。
①ハトムギ種エキス
ハトムギ種エキスはその名の通り、生薬のハトムギから抽出された有効成分とされます。※市販のニキビ用化粧水であるハトムギ化粧水にも配合されています。

会社:イミュ株式会社 効果:ニキビ跡、赤ら顔 価格:500mlで650円 有効成分:グリチルリチン酸、ハトムギエキス
このハトムギ種エキスには抗炎症作用があり、ニキビ跡の赤みや炎症ニキビを鎮める効果があります。さらに肌に浸透することで肌の血液をサラサラにして、ターンオーバーを促します。 これによって極水を使用することによってニキビ跡そのものを改善させることができるのです。
②アスコルビルグルコチド
アスコルビルグルコチドというのはビタミンC誘導体のことです。ビタミンC誘導体が浸透することによってメラニン色素を阻害します。 メラニン色素はシミやそばかす、ニキビ跡の色素沈着を引き起こす原因となるため、極水を使用することでニキビ跡の色素沈着を改善予防することができます。 またアスコルビルグルコチドはハトムギと同様に肌の新陳代謝を向上させることでニキビ跡そのものを改善させることができます。
③エタノール
そしてエタノールには消毒殺菌作用があります。これによりニキビの元であるアクネ菌を殺菌することができます。ただしエタノールは肌に塗ると少しヒリヒリしてしまいます。 アクネ菌を殺菌できるため、白ニキビや黒ニキビなどにも有効です。またピーリング作用によって古い角質を溶かして毛穴の詰まりを防いでくれます。 以上のように極水を使うことによってニキビ跡を改善させることができます。これらのハトムギ種エキス、アスコルビルグルコチド、エタノールは普通の極水には含まれないので注意してください。 その他にも極水にはグリセリンなど保湿成分も含まれるため乾燥肌を改善することができます。
極水のニキビへの効き目
極水を使用することによってどれくらいでニキビ、ニキビ跡に効くのかというと
・白ニキビや黒ニキビは殺菌作用によって3~5日ほどで改善されていきます。 ・赤ニキビの場合にはおよそ1週間ほどで鎮静されていきます。 ・ニキビ跡の場合には3~4週間使い続けることによって肌のターンオーバーによって改善されていきます。 ・肌の保湿であれば、使ってすぐに実感できるとされています。
以上のように極水はニキビに対して効果があるとされます。ニキビ用の塗り薬と併用することでさらに効き目が早くなるでしょう。

極水の副作用について

極水にはそこまで強い成分が配合されているわけではないので、副作用が生じることはほとんどありません。 ただし稀にですが、皮膚のかゆみ、刺激感、発疹、かぶれ、炎症などが起こることがあります。これらの副作用が生じたら水で洗い流して使用は控えるようにしましょう。 基本的に極水は乾燥肌や敏感肌の方でも使用することができるので安心してください。

極水のニキビへの使い方について

極水でニキビを治すための使い方についてですが、
①基本的に1日2回朝と夜の洗顔後にそのまま化粧水として使っていきます。 ②極水は手のひらにそのままとって、顔全体を包み込むようにして塗るようにしていきます。時間はおよそ30~60秒くらいが目安です。 ※極水(ハトムギタイプ)の中身は透明で、香りやべたつきなどは特にありません。 ③極水を使い終わったら、後は保湿クリームを塗っていきます。またニキビ用の塗り薬を使っても構いません。 ④赤ニキビには2週間、ニキビ跡には1か月ほど使っていくようにしましょう。それでも効果がなければ使用は控えるようにしましょう。
以上のように極水はニキビに対して使っていくようにします。ニキビが治った後も極水は使用し続けることができます。 極水は400mlで560円と値段も手ごろにも関わらず、ビタミンC誘導体なども配合されているので試してみる価値は大いにあります。 ということで極水のニキビへの効果と副作用、使い方についてでした
スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ