パルクレール美容液

パルクレール美容液のニキビ跡への効果と副作用、使い方!

パルクレール美容液のニキビ跡への効果と副作用、使い方!

 

 

パルクレール美容液は株式会社ビーボが製造しているニキビに効く美容液です。2016年に新発売されたニキビケアで注目が集まっています。

 

 

 

中身は化粧水のように、無色透明で刺激感もありません。アルコールフリーなため敏感肌の方にも使用できます。オールインワンゲルなので化粧水、美容液、乳液がひとつになっています。

 

 

薬局やドラッグストアでは売られておらず、ネット通販のみで取り扱っています。値段は1か月分で7500円となります。値段は超高いですが、永久返金保証付きです。

 

 

ここではパルクレール美容液のニキビへの効果と副作用、使い方についてお伝えします。

 

 

パルクレール美容液のニキビへの効果

 

 

パルクレール美容液の成分をみてみると

 

 

有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム

 

ヒアルロン酸:ヒアルロン酸Na、アセチル化ヒアルロン酸、加水分解ヒアルロン酸

 

その他:プラセンタ、精製水、ツボクサエキス、オウゴンエキス、イタドリエキス、カンゾウエキス、チャエキス、ローズマリーエキス、カモミラエキス、ニーム葉エキス、ダイズエキス

 

 

となっています。特に薬の新薬のようにオリジナルの成分が含まれているわけではありません。

 

 

しかし成分内容は豊富に含まれていおり特に、グリチルリチン酸ジカリウム、ヒアルロン酸、プラセンタがニキビに効くとされます。

 

 

グリチルリチン酸ジカリウム

 

 

グリチルリチン酸ジカリウムはハトムギ化粧水、オードムーゲ化粧水などニキビ用の化粧水にはよく配合されている成分です。

 

 

グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症作用のある成分を配合しているため、赤ニキビ、ニキビ跡の赤みを鎮静させる働きがあります。

 

 

プラセンタ

 

 

プラセンタは美容液に配合されている成分ですが、メラニン色素を抑えることによってコラーゲンの生成を促すことでクレーターニキビに対しての効果が期待できます。

 

 

またメラニン色素を抑えるためニキビがシミとなり紫状の色素沈着を引き起こすのを防ぐ働きがあります。

 

 

3つのヒアルロン酸

 

 

そしてパルクレール美容液には3つのヒアルロン酸が含まれています。

 

 

ヒアルロン酸Naは高分子に肌の表面に水分の膜を張ります。アセチル化ヒアルロン酸と加水分解ヒアルロン酸は低分子で肌の角質の奥を保湿させます。

 

 

3つのヒアルロン酸を含んだものは非常に珍しく、他の化粧水では極潤が挙げられます。

 

 

会社:ロート製薬

 

成分:ナノ化ヒアルロン酸、スーパーヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na

 

値段:170ml800円

 

用法用量:1日2回洗顔後にニキビに塗る

 

ヒアルロン酸をニキビやニキビ跡に試したいのであれば、値段も安いので極潤をおすすめします。

 

 

以上のようにパルクレール美容液は赤ニキビ、ニキビ跡の赤みに対して効果的となっています。

 

 

その他にもオウゴンエキスやカンゾウエキスなどの生薬が肌の新陳代謝を活性化させることによって肌のターンオーバーを促すことでニキビ跡そのものも改善するとされます。

 

 

ただ殺菌性はないので白ニキビ、黒ニキビには効かないとされます。

 

 

パルクレール美容液の効き目

 

 

パルクレール美容液を使うことでどれくらいでニキビに効くのかというと

 

・肌の乾燥に対しては2~3日ですぐに実感できます。

 

・赤ニキビに対してはおよそ1~2週間ほどで効いていきます。

 

・ニキビ跡の赤みに対してはおよそ2~3週間ほどで改善されていきます。

 

・クレーターニキビはプレセンタが効いてくるおよそ2~3週間ほどで効いていきます。

 

以上のようにパルクレール美容液はニキビ跡にも有効となります。また殺菌性のある薬と併用することで白ニキビや黒ニキビも治すことができます。

 

 

パルクレール美容液の副作用について

 

 

パルクレール美容液はがグリチルリチン酸ジカリウムが配合されているので副作用が起こる可能性があります。

 

 

特に肌の発疹、発赤、刺激感、かゆみなどが副作用の症状として挙げられます。もしこれらの症状が起きたら数日は使い続け、それでも副作用が起きるのであれば使用は控えましょう。

 

 

ただし敏感肌にも使用できるので、用法用量を守れば副作用が起こることはないとされます。

 

 

パルクレール美容液のニキビへの使い方

 

 

パルクレール美容液をニキビに使う場合ですが

 

 

①1日2回朝と夜の洗顔後に使用していきます。

 

 

②そのまま手に取りニキビ部分とその周辺をなじませるように塗っていきます。朝の洗顔時にはニキビ跡部分にたっぷりと塗りましょう。

 

 

③オールインワンゲルですので、保湿クリームや乳液はいりません。

 

 

④またパルクレール美容液を塗った後は薬を塗っても構いません。

 

 

⑤赤ニキビや乾燥肌に対しては2週間、ニキビ跡の赤みに対しては約1か月使用してそれでも効果がなければ使用を控えましょう。

 

パルクレール美容液のニキビへの使い方は以上となります。

 

 

2016年に発売されたニキビケアですが、プラセンタとヒアルロン酸、そしてグリチルリチン酸がひとつになったものはパルクレール美容液のみとなるので試してみる価値はあると思います。

 

 

⇒パルクレール美容液公式サイト

 

 

ということでパルクレール美容液とニキビ跡についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ