ニキビとベビーオイル

ベビーオイルはニキビに効く!?効果と使い方について!

ベビーオイルはニキビに効く!?効果と使い方について!

 

 

 

ベビーオイルはジョンソンエンドジョンソンが製造している赤ちゃん用のジョンソンベビーがとても有名で、あせもや乾燥肌に対して効き目があります。

 

 

中身はとろみがあり、ホホバオイルに似ているという印象を受けました。

 

 

そしてこのベビーオイルは極めて高い保湿力があり、大人のニキビ、そしてニキビ跡も改善する成分も含まれています。

 

 

ここではベビーオイルのニキビへの効果と使い方についてお伝えします。

 

 

ベビーオイルのニキビへの効果

 

 

ベビーオイルの成分はミネラルオイル、酢酸トコフェロール、香料の3つのみです。添加物などや保存料が配合されていないため、赤ちゃんにも安全に使用することができます。

 

 

そして特にミネラルオイル、酢酸トコフェロールがニキビに効いていきます。

 

 

①ミネラルオイル

 

 

ミネラルオイルは鉱物油といって、鉱物から抽出されたオイルです。

 

 

そしてこのミネラルオイルは肌に塗ると、皮膚の角質層を浸透することで水分を閉じ込める働き、肌を保湿させていきます。

 

 

ホホバオイルの約3倍、オリーブオイルの約2.3倍ほど水分を逃がさないというデータもあり、いかに保湿力が高いかが伺えます。

 

 

特に乾燥によってできた大人ニキビなどに有効とされます。またバリア機能を向上させることによって紫外線や花粉などの刺激感から肌が守られます。

 

 

ワセリンなどは赤ちゃんや敏感肌に使用するとかぶれる場合があるので、できればベビーオイルのミネラルオイルが適しています。

 

 

②酢酸トコフェロール

 

 

酢酸トコフェロールというのはビタミンE誘導体のことです。

 

 

酢酸トコフェロールは抗酸化作用によって、肌の酸化を防ぐことで肌荒れやニキビの赤みを抑える働きを持っています。

 

 

またビタミンE誘導体は肌の新陳代謝を高める働きも持っています。これによりターンオーバーが促されニキビ跡も改善させていきます。

 

 

以上のふたつの成分の働きによってベビーオイルはニキビに対して効果があるとされています。ただし殺菌作用がないため白ニキビや黒ニキビなどの初期ニキビなどには効き目が期待できないので注意してください。

 

 

ベビーオイルの効き目について

 

 

ベビーオイルをニキビに使用することでどれくらいでニキビに効くのかというと

 

 

・ミネラルオイルは塗布後すみやかに角質層に膜を張って、潤いを閉じ込めます。そのため肌の保湿はすぐに実感できます。

 

 

また乾燥による大人ニキビであれば薬と併用して約2週間ほどで、症状が改善されていきます。

 

 

・そして酢酸トコフェロールによってニキビ跡そのものは約1か月周期で、ターンオーバーとともに段階的に改善されていきます。

 

 

以上のようにニキビに対して効いていきます。ベビーオイルはニキビ用の薬と併用することができ、効き目も早くなるのでおすすめです。

 

 

特にベビーオイルと同じく肌への刺激感が全くないニキビ薬としてはペアアクネクリームが挙げられます。

 

 

会社:ライオン株式会社

 

有効成分:イブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ

 

価格:14gで883円

 

即効性:軽度のニキビは1日 赤ニキビは5~10日

 

 

イブプロフェンピコノールは抗炎症作用があり、ニキビの炎症を取り除いていきます。イソプロピルメチルフェノールはニキビの元であるアクネ菌を殺菌することができます。

 

 

これにベビーオイルのトコフェノールを合わせることによって、ほぼ全部のニキビを治すことができます。

 

 

ベビーオイルの副作用について

 

 

ベビーオイルは赤ちゃんの肌にも使えるほど低刺激なため副作用が起こるということはほとんどありません。

 

 

ただし稀に鉱物油のミネラルオイルが肌に合わずに皮膚の発疹、発赤、かゆみなどが起こる可能性があります。

 

 

もしこれらの症状が起きた場合には使用はベビーオイルでのニキビケアは控えるようにしましょう。ただし、副作用の報告例は赤ちゃんでも全くないので心配はいらないでしょう。

 

 

ベビーオイルのニキビへの使い方について

 

 

ベビーオイルのニキビへの使い方としては

 

①1日2回洗顔をして化粧水をつけた後に塗っていきます。体のニキビにつける場合には1日1回入浴後に塗ります。

 

 

②手の平に少量をとって、顔全体になじませるようにつけていきます。

 

 

③薬をお使いであれば、ベビーオイルを塗ったあとに使用してください。

 

 

④通常のニキビであれば2週間、ニキビ跡には1か月使うようにして、それでも効果がなければ使用は控えるようにしましょう。

 

 

以上がベビーオイルのニキビへの使い方です。

 

 

ベビーオイルはたくさんありますが、ジョンソンエンドジョンソンのジョンソンベビーが最も高純度のミネラルオイルを配合しているのでおすすめです。

 

 

ホホバオイルなどの他の保湿オイルを使おうと思っていたり、現在お使いの方はベビーオイルの方が保湿効果が高いと出ています。

 

 

ですので、他の保湿オイルより先に一度ベビーオイルを使ってみことをおすすめします。ということでベビーオイルとニキビについてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ