美顔水とニキビ

美顔水のニキビ跡への効果と使い方について!

美顔水のニキビ跡への効果と使い方について!

 

 

 

美顔水は株式会社明色化粧品から製造されているニキビ用の薬用化粧水で誕生から130年もの歴史があります。美顔水は80ml756円で薬局やドラッグストアで販売されております。

 

 

美顔水は殺菌作用に特化した化粧水で、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、ニキビ跡とすべてをカバーできるとされます。またニキビ以外にもシミ、そばかすにも効果があるとされています。歴史のわりにニキビ用化粧水としての知名度は低いですが極めて効果は高いです。

 

 

ここでは美顔水のニキビ、ニキビ跡のへの効果と注意点そして使い方についてお伝えしたいと思います。

 

 

美顔水のニキビへの効果

 

 

ニキビに効果があるかどうかは成分が重要ですので美顔水の成分を見てみましょう。

 

有効成分:サリチル酸・ホモスルファミン

 

その他の成分:PG・ゲラニオール変性アルコール・香料

 

美顔水の有効成分はサリチル酸とホモスルファミンのふたつでこれらがニキビに対して効いていきます。

 

 

サリチル酸

 

 

サリチル酸は殺菌成分でニキビ用の塗り薬(クレアラシルなど)によく含まれますが化粧水に配合されているのはとても珍しいです。※ニキビ用の化粧水といえば基本的にグリチルリチン酸が配合されています。

 

 

このサリチル酸は肌につけるとアクネ菌を殺菌する作用によって根本的にニキビを治していきます。さらにピーリング作用によって皮脂詰まりを解消し、白ニキビ、黒ニキビの芯をポロッと落とすことができます。また皮脂のコントロールを調整する作用もあるので予防効果もあります。

 

 

男性のニキビ、脂性で鼻やおでこニキビ、思春期ニキビに悩む人にはこのサリチル酸は効果的とされます。肌につけるとスースーするのもこのサリチル酸によるものです。

 

 

ホモスルファミン

 

 

そして美顔水の最大のポイントはこのホモスルファミンです。

 

 

このホモスルファミンは他のニキビ用の化粧水では一度も目にしたことのない成分です。薬にも配合されているのも見たことがなく、かなり珍しい有効成分と言えます。

 

 

ホモスルファミンは抗生剤の一種とされ、サリチル酸だけでは殺菌しきれないアクネ菌を殺菌することができます。またアクネ菌だけでなくおでこのぶつぶつニキビ、背中ニキビを引き起こすマラセチア菌、ケロイド状のニキビ、化膿を伴うニキビを引き起こす黄色ブドウ球菌も殺菌できます。

 

 

アクネ菌だけを殺菌する薬では背中ニキビやケロイド状のニキビを治すことができませんが、美顔水であれば改善させることができます。

 

 

以上のように美顔水は薬用化粧水ということもあり、市販の塗り薬以上の殺菌作用によってニキビを治します。

 

 

また化粧水は肌に浸透しやすく、肌の深層のアクネ菌を殺菌することでニキビ跡にも効果があります。美顔水を使ってニキビ跡に効果があったと多くの方から報告されています。

 

 

美顔水の効き目の時間

 

美顔水をニキビに使うことでどれくらいで効くのかというと

 

・美顔水の効果としては白ニキビや黒ニキビであれば3~5日ほどでサリチル酸が皮脂を溶かしポロッと芯が落ちて治ります。

 

・赤ニキビであれば1~2週間の使用でサリチル酸とホモスルファミンが浸透して中のアクネ菌を殺菌して腫れも治まっていきます。

 

・背中ニキビや化膿を伴うニキビであれば3週間ほどで黄色ブドウ球菌、マラセチア菌が殺菌されて効いていきます。

 

・またアクネ菌を殺菌しきるとニキビ跡の炎症もそれに伴って改善されますが、目安としてはニキビ跡は1か月ごとに肌が入れ替わり改善されていきます。

 

以上のように美顔水は化粧水でありながら薬と変わらないほど即効性が高いとされます。

 

 

美顔水を試してみたニキビに試してみた結果

 

 

美顔水を軽度のニキビに使用したのですが、その結果がこちらです。

 

 

 

美顔水を使ってから3日ほどで治ってしまいました。これくらいのニキビなら放っておいても治りますが、一番は跡が全く残らなかったところですね。塗る価値は絶対にあると思います。

 

 

ただし頬の炎症ニキビ、ニキビ跡、おでこのぶつぶつニキビには効かなかったです。軽度のニキビを治す上では効果的と言えるのは間違いないでしょう。

 

 

ちなみに美顔水が効かなかった私のニキビ跡も今は治すことができました。そのニキビの完治法はこちら↓

 

 

 

 

⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

 

 

美顔水の副作用

 

 

美顔水に限らず、サリチル酸を含んでいるものは刺激感を感じる場合があります。ですので肌が弱い人は最初から美顔水の使用をおすすめできません。

 

 

また薬用成分による肌への刺激感、発赤、かゆみなどの副作用も起こる可能性があります。これらの症状を感じた場合には数日様子をみて、それでも続く場合には使用を控えましょう。

 

 

薬用化粧水ですので副作用は存在しますが、抗生物質やステロイドなど皮膚科で処方される薬のように大きな副作用は起こることはないので安心して下さい。

 

 

美顔水のニキビへの使い方

 

 

美顔水でニキビを治す場合の使い方についてですが

 

 

①1日2回洗顔後のあとに使用していきます。

 

 

②手にとって、顔全体にやさしく塗っていきます。

 

 

③通常の白ニキビや赤ニキビであれば2週間、ニキビ跡であれば1か月使用することで改善の効果が出てきます。それでも効果がなければ美顔水でのニキビケアは控えましょう。

 

 

④薬用化粧水ですので薬と一緒には使わないでください。薬の成分と混じって効果がなくなってしまう可能性があります。

 

 

以上が美顔水のニキビへの使い方についてでした。

 

 

美顔水は他の薬や化粧水にも配合されていないホモスルファミンを含んでいるためニキビが治る期待が十分に持てますので是非試してみてはいかがでしょうか。

 

 

ということで美顔水のニキビ跡への効果と使い方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ