ニキビとちふれ化粧水

ちふれの化粧水がニキビに効果的!どのタイプがベスト!?

ちふれの化粧水がニキビに効果的!どのタイプがベスト!?

 

 

 

ちふれの化粧水はドラッグストアなど市販の化粧水の中でも低価格(180ml約550円)でありながら高品質ということで長年愛されている化粧水のひとつに数えられますね。

 

 

このちふれ化粧水ですが、ニキビにも効果があるとされています。使用者の感想でもアトピーやニキビが改善されたと報告が多数あります。

 

 

よーしじゃあ私もちふれの化粧水を試してみようと思ってただ気をつけなればいけないのが一点あります!

 

 

それはちふれの化粧水の種類には5種があります。

 

・とてもしっとりタイプ

 

・しっとりタイプ

 

・さっぱりタイプ

 

・ノンアルコールタイプ

 

・コクしっとりタイプ

 

 

実はニキビに効果的、つまりニキビへの有効成分が含まれているのはこの中にひとつしかありません。それはしっとりタイプです

 

 

他のちふれの化粧水には有効成分が含まれていないので誤ってサッパリタイプなどを買ってしまうとそもそも効果がないので気をつけてください。

 

 

ニキビを治す目的でちふれの化粧水を使うならばどのタイプを選んだらいいかというとしっとりタイプですので間違えないようにしましょう!

 

 

なぜちふれのしっとりタイプがニキビに効果的?

 

 

なぜちふれ化粧水がニキビに効果があるのかは有効成分を見てみましょう。

 

 

保湿成分:グリセリン・BG・グリチルリチン酸2K・トレハロース・ヒアルロン酸Na

 

清涼剤:エタノール

 

可溶化剤:PEG−50水添ヒマシ油

 

防腐剤:メチルパラベン・フェノキシエタノール

 

pH調整剤:クエン酸Na・クエン酸

 

酸化防止剤:酢酸トコフェロール

 

基材:水

 

となりますが、ニキビに有効成分とされるのがグリチルリチン酸2Kとなります。

 

 

グリチルリチン酸2K

 

 

プロアクティブやハトムギ化粧水など市販やネット通販の化粧水関係なく、ニキビに効く有効成分はほとんどグリチルリチン酸が含まれています。

 

 

グリチルリチン酸には消炎作用があり赤ニキビ、ニキビ跡の赤みなどを鎮静させる効果があるとされます。また殺菌作用もあるためニキビを予防ではなく、ニキビを治すことに効果的です。またピーリング作用があるため古い角質や毛穴の詰まりを解消してくれます。

 

 

ですが、他のちふれの化粧水にはグリチルリチン酸2Kが配合されていません。お待ちがないようにしっとりタイプを選んでください。敏感肌の方はノンアルコールタイプを選んでしまいがちですがちふれのしっとりタイプの化粧水はエタノールの配合量が4%なのでほとんど刺激はないので問題ないとされます。

 

 

ヒアルロン酸Na

 

 

ヒアルロン酸Naは高分子なため皮膚の奥には浸透せず、肌の表面に吸着してバリア機能のように保湿します。これにより肌を乾燥や紫外線などから守ることができます。

 

 

以上のようにちふれ化粧水はニキビに対して効いていきます。

 

 

ちふれ化粧水のニキビへの効き目について

 

 

ちふれ化粧水をニキビに使用することによってどれくらいで効くのかというと

 

 

・白ニキビや黒ニキビの場合にはピーリング作用によりおよそ2~3日で効いていきます。

 

・赤ニキビの場合には約1~2週間塗ることによって、炎症が鎮静され小さくなっていきます。

 

・ニキビ跡の赤みであれば、2~3週間使用することで改善されていきます。

 

・肌の保湿じたいはヒアルロン酸が効くのでおよそ1~2日で効いていきます。

 

 

以上のようにちふれ化粧水はニキビに対して効いていきます。

 

 

ちふれ化粧水の副作用について

 

 

またちふれ化粧水のしっとりタイプには薬用成分が配合されているので副作用が生じる場合があります。

 

 

特に肌のかゆみ、刺激感、発疹、発赤などの症状が起きます。もし使用中にこれらの症状が出たら、数日は使い続けてそれでも症状が続く場合には使用を控えましょう。

 

 

また清涼剤としてエタノールが配合されているため。肌がスース―とどうしても感じてしまいますが、あまりに気になさらないでください。

 

 

ただしそこまで強い成分は含まれていないので用法用量を守れば心配はいらないでしょう。

 

 

ちふれ化粧水のニキビへの使い方

 

 

ちふれ化粧水をニキビを治すために使う場合には

 

 

①1日2回朝と夜の洗顔後に使用します。

 

 

②500円玉の量をコットンまたは手のひらにとります。

 

 

③ニキビ部分だけでなく、予防効果があるため顔全体に塗り込んでいきましょう。この時顔の内側から外側になでるようにつけると毛穴の向きの関係で浸透しやすくなります。

 

 

④初期ニキビには2週間、赤ニキビ、ニキビ跡には1か月使いましょう。それでも何も効果がなければ使用を控えましょう。

 

 

⑤もし効果があれば使い続け、治った後も予防のために使うことができます。

 

 

以上がちふれ化粧水のニキビへの使い方です。

 

 

ニキビや肌荒れ用の化粧水であるハトムギ化粧水(500ml650円)には価格では劣るものの、ちふれの化粧水にはヒアルロン酸、トレハロースが配合されているので質は圧倒的にちふれ化粧水の方が上であるためおすすめです。

 

 

ということでちふれの化粧水がニキビに効果と使い方についてでした!

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ