クリスマスの食卓とニキビ

クリスマスの食卓のニキビへの効果と副作用、使い方!

クリスマスの食卓のニキビへの効果と副作用、使い方!

 

クリスマスの食卓はLUSHの一番新しい洗顔料です。中身は黄土色のペースト状になったものです。

 

 

そしてこのクリスマスの食卓はニキビ、ニキビ跡に対して効果的とされています。値段は100gで110円となっています。

 

 

ここではクリスマスの食卓のニキビへの効果と副作用、使い方についてお伝えします。

 

 

クリスマスの食卓のニキビへの効果について

 

 

クリスマスの食卓にはアーモンド、カオリン、アルゲが配合されています。これらがどのようにニキビに対して作用するのか簡単に解説したいと思います。

 

 

①アーモンドとカオリン

 

 

アーモンドとカオリンは皮脂に吸着して、そのまま洗浄して落とす働きを持っています。これによって古い角質や毛穴の詰まりを落とすことが可能となっています。

 

 

また洗顔中に白ニキビ黒ニキビの芯をやぽろっと落とすことが可能となっています。

 

 

②アルゲ

 

 

アルゲは海藻のことで、天然のビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンEが配合されています。※LUSH独自の成分となっており、他の化粧品には配合されていません。

 

 

ビタミンB2は美肌ビタミンとも呼ばれており、不足してしまうと肌荒れや口周り、顎周りのニキビを引き起こしてしまいます。なのでクリスマスの食卓によってビタミンB2によって改善させることができます。

 

 

ビタミンB6はアミノ酸を供給する働きを持っています。これによって新しい皮膚の角質を作り上げることが可能となります。

 

 

ビタミンEは肌の新陳代謝を活性化させてニキビ跡を普通肌へと改善させることが可能となっています。

 

 

以上のようにクリスマスの食卓はニキビに対して効いていきます。その他にもクリスマスの食卓にはカカオバターなどが含まれており、肌の表面に膜を張るようにして保湿させます。

 

 

クリスマスの食卓のニキビへの効き目

 

 

クリスマスの食卓を使用することによって、どれくらいでニキビに効くのかというと

 

・白ニキビや黒ニキビであればおよそ2~3日ほどで治っていくとされています。

 

・ニキビ跡の場合には約4週間ごとにターンオーバーが促されて改善されていきます。

 

・洗ってすぐに肌がつるっとしているのがわかり、肌の保湿も感じられるでしょう。

 

以上のようにクリスマスの食卓はニキビに効いていきます。ただしクリスマスの食卓には抗炎症作用はなく、アクネ菌を殺菌する作用もないので注意してください。

 

 

 

クリスマスの食卓の副作用について

 

 

クリスマスの食卓には薬用成分となるものは含まれていないため副作用が生じることはほとんどありません。

 

 

ただし稀にですが、皮膚のかゆみ、発疹、炎症、刺激感などの症状が挙げられます。もし副作用が起きたらすぐに水で洗い落として使用は控えましょう。

 

 

また土の香りとパンの匂いが混ざったような香りとなり、苦手だという声も挙げられています。ただし基本的に安全性は高いのでそこまで副作用の心配をする必要はありません。

 

 

クリスマスの食卓のニキビへの使い方について

 

 

クリスマスの食卓でニキビを治す場合の使い方についてですが、

 

①基本的に1日2回朝と夜の洗顔時に使うようにしていきます。何度も洗うと必要な皮脂も落ちてしまうので注意してください。

 

 

②そのまま1cmほど手に取ってお湯で溶かしながら泥状にしていきます。そして顔全体にやさしくつけていき、60秒ほどゆっくりと洗っていきます。

 

 

③洗い終わったら、お湯でしっかりと洗い落とすようにします。クリスマスの食卓の使用後には化粧水や保湿クリームを使って噛みません。

 

 

④初期ニキビであれば2週間、ニキビ跡には4週間ほど使うようにしていきます。それでも効果がなければ使用は控えましょう。

 

以上のようにクリスマスの食卓はニキビに対して使っていきます。ニキビが治った後もそのまま継続することができます。

 

 

クリスマスの食卓には他にはないアルゲなどが含まれているので、試してみる価値は大いにあります。

 

 

ということでクリスマスの食卓のニキビへの効果と副作用、使い方についてでした。

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ