ピロエース石鹸とニキビ

ピロエース石鹸Aのニキビへの効果と副作用、使い方!

ピロエース石鹸Aのニキビへの効果と副作用、使い方!

 

 

ピロエース石鹸Aは第一三共ヘルスケアが製造している薬用石鹸です。中身は薄緑色の固形石鹸になっています。

 

 

薬局やドラッグストアでも売られおり、ピロエース石鹸Aの値段は1個あたり480円となっています。

 

 

このピロエース石鹸Aは体臭、ニキビ、背中ニキビなどに対しても効果があるとされています。※手洗いとしても使うことができます。

 

 

ここではピロエース石鹸Aのニキビへの効果と副作用、使い方についてお伝えします。

 

 

ピロエース石鹸Aのニキビへの効果について

 

 

ピロエース石鹸Aにはトリクロカルバン、クレゾール、ジフェンヒドラミンHClの3つの成分が配合されています。それぞれがどのようにニキビに効くのか解説したいと思います。

 

 

①トリクロカルバンとクレゾール

 

 

トリクロカルバンとクレゾールはともに殺菌作用のある成分です。あまりこの2つの成分はニキビ用の塗り薬には配合されてません。

 

 

ニキビの元であるアクネ菌を殺菌して根本的に治すことができます。

 

 

さらに皮膚の深層のアクネ菌も殺菌することによって、ニキビ跡の赤みが鎮静して、さらにニキビ跡そのものも治っていくとされます。

 

 

また背中ニキビの元であるマラセチア菌、黄ニキビの原因である黄色ブドウ球菌を殺菌することができ、あらゆる症状に効いていきます。

 

 

②ジフェンヒドラミンHCl

 

 

ジフェンヒドラミンHClは抗ヒスタミン成分のことであり、ニキビに伴うかゆみを抑える働きを持っています。

 

 

以上のようにピロエース石鹸Aはニキビに対して効いていきます。その他にもピロエース石鹸Aにはラノリンという保湿成分も含まれているため、乾燥を防ぐことも可能となっています。

 

 

ピロエース石鹸Aのニキビへの効き目

 

 

ピロエース石鹸Aを使うことによってどれくらいでニキビに効くのかというと

 

・白ニキビや黒ニキビなどの軽度のニキビであればおよそ2~3日ほどで治ってしまいます。

 

・赤ニキビやニキビ跡の赤みであれば1~2週間ほどで鎮静されていきます。

 

・背中のニキビやケロイドのニキビであればおよそ2~3週間ほど治っていきます。

 

・ニキビ跡の場合にはアクネ菌が殺菌されて、肌のターンオーバーが促されるおよそ4週間ごとに改善されていくとされています。

 

以上のようにピロエース石鹸Aはニキビに対して効いていきます。

 

 

ピロエース石鹸Aの副作用について

 

 

ピロエース石鹸Aには薬用成分が含まれているので、副作用が生じてしまう可能性があります。

 

 

特に皮膚のかゆみ、発疹、炎症などの症状が挙げられます。もし副作用が生じたら水で洗い流すようにしましょう。

 

 

また洗いすぎてしまうと必要な皮脂も落ちてしまって、乾燥を招く心配があるので1日2回までにするようにしていきましょう。

 

 

基本的には安全性は高いのでそこまで副作用の心配をする必要はないでしょう。

 

 

ピロエース石鹸Aのニキビへの使い方について

 

 

ピロエース石鹸Aでニキビを治す場合の使い方についてですが、

 

①基本的に1日2回朝と夜の洗顔後にピロエース石鹸Aは使うようにしていきましょう。体のニキビに対してはおよそ1日1回入浴中に使っていきます。※体臭に対しても効果的と言えます。

 

 

②そして手でよく泡立だてから、顔全体をやさしく包み込むように洗うようにしていきます。

 

 

③60秒ほどゆっくり丁寧に洗ったらぬるま湯で洗い落とするようにしていきましょう。洗い終わった後に化粧水や保湿クリームをつけるとなお良いでしょう。

 

 

④通常のニキビに対しては2週間、ニキビ跡には4週間使うようにしていきます。それ以上は控えるようにしましょう。

 

以上のようにピロエース石鹸Aはニキビに対して効いていきます。ニキビが治ったらピロエース石鹸Aの使用は控えるようにしましょう。

 

 

ピロエース石鹸Aにはトリクロカルバンとクレゾールの2つの殺菌成分が効いて、あらゆるニキビに効くのでおすすめと言えます。

 

 

ということでピロエース石鹸Aのニキビへの効果と副作用、使い方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ