ニキビと坊っちゃん石鹸

坊っちゃん石鹸のニキビへの効果と副作用、使い方!

坊っちゃん石鹸のニキビへの効果と副作用、使い方!

 

 

 

坊っちゃん石鹸は大正時代から作られている着色料・香料・蛍光剤・酸化防止剤などは含まれない無添加石鹸です。

 

 

坊っちゃん石鹸は大きめのドラッグストアなどには売られており、値段は12個入り(1個100g)で2500円となっています。

 

 

肌にやさしく赤ちゃんや肌荒れを起こしていても問題なく使用することができます。そしてこの坊っちゃん石鹸はニキビに対しても効いていきます。

 

 

ここでは坊っちゃん石鹸のニキビへの効果と副作用、使い方についてお伝えします。

 

 

坊っちゃん石鹸のニキビへの効果について

 

 

坊っちゃん石鹸には天然の牛脂とヤシ油が配合されております。どのようにニキビに対して効いてくるのか簡単に解説したいと思います。

 

 

①天然の牛脂

 

 

天然の牛脂は保湿成分となっており、肌の表面を膜を覆うようにしてカバーしてくれます。

 

 

これによって紫外線や花粉などの外部からの刺激から肌を守ってくれます。また保湿することで乾燥によるニキビを予防することも可能となっています。

 

 

坊っちゃん石鹸による肌の保湿は使ってすぐにしっとりとするのが感じられて、保湿することができます。

 

 

②ヤシ油

 

 

ヤシ油には天然のビタミンEが含まれており、これが抗酸化作用を得られます。抗酸化作用によって肌荒れを落ち着かせる働きを持っています。

 

 

またわずかにですが肌の新陳代謝を高める働きもあり、ターンオーバーを促していきニキビ跡を普通肌へと改善していきます。坊っちゃん石鹸を使うことで肌荒れはおよそ1~2週間、ニキビ跡にはおよそ4週間ほどで改善されていきます。

 

 

そして洗顔することによって毛穴の詰まりや古い角質を落とすことで初期ニキビの予防にもなります。黒ニキビや白ニキビの芯もそのまま落とすことが可能です。

 

 

以上のように坊っちゃん石鹸はニキビに効いていきます。

 

 

ただし坊っちゃん石鹸には殺菌作用や抗炎症作用などの薬用作用はありません。ですので個人的にはニキビ用の塗り薬と併用することをおすすめします。

 

 

市販のニキビ薬ではペアアクネクリームが挙げられます。

 

 

会社:ライオン株式会社

 

有効成分:イブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ

 

価格:1本(14g)あたり883円

 

即効性:軽度のニキビは3日以内、赤ニキビは5~10日

 

ペアアクネクリームのイブプロフェンピコノールは抗炎症作用があり、イソプロピルメチルフェノールが殺菌作用があります。

 

 

低刺激で肌が弱くとも使うことができるので、坊っちゃん石鹸と併用するにはおすすめと言えます。

 

 

坊っちゃん石鹸の副作用について

 

 

坊っちゃん石鹸には薬用成分や添加物は含まれていないので、副作用が生じることはほぼありません。

 

 

ただし稀にですが、皮膚のかゆみ、発疹、かぶれなどが生じることもあるので、その場合には使用は控えるようにしましょう。もし副作用が出たら水で洗い流して使用は控えましょう。

 

 

赤ちゃんでも使用できるほど安全性は高いので心配はいらないでしょう。

 

 

坊っちゃん石鹸でニキビを治すための使い方について

 

 

坊っちゃん石鹸でニキビを治す場合に使うときですが、

 

①坊っちゃん石鹸は基本的に1日2回朝と夜の洗顔時に使用するようにしていきます。

 

 

②坊っちゃん石鹸を手に取って、よく泡立てるようにしていきます。そして顔全体をやさしく覆うようにしてゆっくりと洗っていきます。

 

 

③およそ1分ほど洗ったら水でしっかりと洗い流すようにしていきます。そして余裕があればニキビ用の塗り薬を塗るようにしていきましょう。

 

 

④通常のニキビに対しては2週間、ニキビ跡には4週間ほど使うようにしていきます。それでも効果がなければ使用は控えましょう。

 

以上のように坊っちゃん石鹸はニキビに対して使っていきます。ニキビが治っても使い続けることができます。

 

 

坊っちゃん石鹸は肌にやさしく、ニキビに対しても効くためおすすめと言えますね!

 

 

ということで坊ちゃん石鹸のニキビへの効果と副作用、使い方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ