極潤とニキビ

極潤のニキビへの効果と使い方について!

極潤のニキビへの効果と使い方について!

 

 

極潤はロート製薬が製造しており、美容液のようなとろみのある化粧水です。高い保湿性がありつけるとすぐに肌のハリが実感できます。

 

 

しかし本来はニキビを治すための化粧水というわけではありません。ニキビ専用の化粧水ではないのにニキビを治すのに良いといわれるのは、極潤のナノ化ヒアルロン酸にあると言われています。

 

 

ここでは極潤がどうしてニキビに効果的なのかそして極潤のニキビへの使い方についてお伝えします。

 

 

極潤のニキビへの効果

 

 

極潤にはナノ化ヒアルロン酸、スーパーヒアルロン酸、ヒアルロン酸Naの3つのヒアルロン酸が配合されており、これらがニキビに対して効果的とされます。※薬用成分は含まれておりません。

 

 

①ヒアルロン酸Na

 

 

ヒアルロン酸Naは高分子のため、皮膚を通過せずににそのまま肌の表面に水分の膜を張る作用を持っています。これにより肌の保湿力が向上して、さらにバリア機能を高めることができます。

 

 

②スーパーヒアルロン酸とナノ化ヒアルロン酸

 

 

またスーパーヒアルロン酸とナノ化ヒアルロン酸は加水分解されているため低分子が肌の表面を通り抜ける性質があります。これにより肌の深層にしっかりと届くことで、しっかりと保湿効果が得られます。

 

 

ワセリンのように表面から保湿するのではなく、肌の内側から保湿することができます。

 

 

以上のように極潤はヒアルロン酸によってニキビに対して効果があるとされます。

 

 

よく安物の化粧水に『ヒアルロン酸配合』と謳われたものがありますが、ヒアルロン酸Naのみしか配合されていない場合が多く肌の表面しか保湿できません。

 

 

しかし極潤は肌の表面でなく、肌の深層もダブルでしっかりと保湿することがきます。特に頬やあごなどにできた乾燥が原因である大人ニキビには大変有効です。

 

 

※大人ニキビのほとんどが乾燥が原因とされ、水分不足に陥いると皮脂が過剰に分泌してしまい、また水分が不足してしまうと肌のバリア機能も低下してしまいますのでアクネ菌などの菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

 

 

極潤の効き目について

 

極潤をニキビに対して使うことによってどれくらいで効果があるのかというと

 

・肌の乾燥は1~2日で効果がありニキビを予防することができます。

 

・また今ある赤ニキビには1週間ほどで効いていきます。

 

・ニキビ跡の場合にはバリア機能が高まることで悪化を防ぎ、肌のターンオーバーによって1か月ごとに改善されます。

 

以上のように効いていきます。肌につけたあとには瞬時にしっとりとするのがわかります。

 

 

ただし極潤には殺菌性やピーリング作用がないため白ニキビ、黒ニキビなどには効かないとされます。そのため殺菌性のある薬と併用することでより早く効くとされます。

 

 

極潤を私のニキビに試してみた結果

 

 

実際に極潤を試してみましたが、保湿力は抜群に実感できました。秋から冬にかけての乾燥によって顎周りのニキビや肌荒れがすごいのですが、極潤の使用中は全くできませんでした。

 

 

ただし炎症ニキビそのものであったり、おでこのぶつぶつニキビに残念ながら効きませんでした。薬用成分は含まれているわけではないので、仕方がないかもしれませんが・・・

 

 

なんにせよ、市販の化粧水の中ではトップクラスの保湿力を感じることができました。ちなみに極潤で治らなった私のニキビですが、現在はしっかりと治っております↓

 

 

 

 

⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

 

 

 

極潤の副作用について

 

 

極潤には薬用成分は含まれておらず、保湿成分のみとなっていますので副作用はほとんど起きません。ただし稀に発疹、発赤、刺激感、かゆみが生じる場合があります。

 

 

もし副作用の症状があらわれた使用は控えるようにしてください。ただし副作用が起こることはほとんどないので安心してください。

 

 

極潤のニキビへの使い方

 

 

極潤でニキビを治すための使い方についてですが

 

 

①極潤は1日2回朝と夜の洗顔後に使っていきます。

 

 

②基本的に手のひらので極潤をとり肌になじませるだけなので手間がかかりません。乾燥しがちなこめかみ部分やおでこにもしっかりとつけてください。

 

 

③極潤をつけた後は、余裕があれば薬を塗るようにして下さい。

 

 

④赤ニキビの場合には1週間、ニキビ跡の場合には1か月は最低使用するようにしてください。それでも効果がなければ使用は控えるようにしましょう。

 

以上が極潤のニキビへの使い方です。ニキビが治った後も極潤を使い続けることができます。

 

 

また化粧水を使用した後にはニキビ用の薬を塗っていくことで効き目が早くなり、すべてのニキビを治すことができます。特に極潤を使用した後は同じロート製薬から販売されているメンソレータムアクネスを使用するようにしてください。

 

 

有効成分:イブプロフェンピコノール イソプロピルメチルフェノール

 

値段:16g1200円

 

効果:赤ニキビ・ニキビ跡の炎症

 

用法用量:1日2回化粧水をつけたあとに適量をニキビに塗ります。

 

 

メンソレータムアクネスは極潤と一緒に使うことで効果が増すように想定して作られたものです。特にイブプロフェンピコノールが抗炎症作用があり、イソプロピルメチルフェノールが殺菌作用によってニキビの元のアクネ菌を殺菌してくくれます。

 

 

極潤とニキビ薬を併用する場合にはこのメンソレータムを使用することをおすすめします。

 

 

極潤は市販の化粧水でありながらヒアルロン酸化粧水としては非常に高品質です。薬局やドラッグストアなど市販では170mlあたり700円とリーズナブルな値段で売られているので、是非一度試してみることをおすすめします。※特にヒアルロン酸を使用したい場合には極潤を使用するのが確実とされます。

 

 

ということで極潤のニキビへの効果と使い方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ