ニキビとどろあわわ

どろあわわのニキビ跡への効果と副作用、使い方!

どろあわわのニキビ跡への効果と副作用、使い方!

 

どろあわわは健康コーポレーションが発売している洗顔料の一種となっています。1個あたり2980円となっています。

 

 

このどろあわわは毛穴の詰まりや角質の汚れなどを落とす働きがありますが、ニキビ、そしてニキビ跡に対しても効果があるとされます。

 

 

ここではどろあわわのニキビへの効果と副作用、使い方についてお伝えします。

 

 

どろあわわのニキビへの効果について

 

 

どろあわわの成分にはベントナイト、豆乳発酵液、黒砂糖エキスが配合されています。それぞれがどのようにニキビ対して効果があるのかについて解説したいと思います。

 

 

①ベントナイト

 

 

ベントナイトは吸着作用があり、皮脂の汚れや毛穴の詰まりを吸収して水と一緒に洗い落とすことができるとされています。

 

 

通常の洗顔料はスクラブ入りだと肌を痛めてしまう可能性がありますが、ベントナイトであれば肌を傷つけずにきれいに皮脂を落とすことができます。

 

 

皮脂はアクネ菌のエサとなるため、ニキビの予防となります。また黒ニキビや白ニキビの芯も落とすことができます。特にどろあわわは脂性肌の人の人には非常におすすめと言えます。

 

 

②豆乳発酵液

 

 

豆乳発酵液は文字通り発酵させた豆乳から抽出させたもので、肌に浸透しやすくなっています。

 

 

豆乳にはビタミンBなどのビタミンが配合されており、これが肌整作用を促す効果があり肌荒れや顎周りのニキビも改善させることができます。

 

 

また豆乳にはビタミンEも含まれているため、肌に浸透することによって肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促してニキビ跡を改善させる働きを持っています。

 

 

③黒砂糖エキス

 

 

そしてどろあわわには黒砂糖から抽出した黒砂糖エキスは保湿成分があるとされています。

 

 

どろあわわで顔を洗うことによって黒砂糖エキスが浸透していき、肌の角質層内の水分を維持して肌を内側から保湿させることができます。

 

 

これによって肌の乾燥を防いでいき、内側から起こる炎症した赤ニキビを予防することができます。

 

 

以上のようにどろあわわはニキビに対して効果があるとされています。

 

 

どろあわわのニキビへの効き目について

 

 

どろあわわを使うことでどれくらいでニキビに効いてくるのかというと

 

①皮脂詰まりや鼻の角栓はおよそ2~3日使うことによって落ちていきます。

 

②黒ニキビや白ニキビであれば、およそ1週間後には芯がぽろっと落ちるとされます。

 

③ニキビ跡の場合にはおよそ4週間使い続けることによって症状が改善されていきます。

 

以上のようにどろあわわはニキビに対して効いていきます。

 

 

ただしどろあわわには殺菌作用がないため、アクネ菌が残ったままになってしまいます。できれば殺菌作用のあるニキビ薬を併用することをおすすめします。

 

 

個人的には殺菌作用と抗炎症作用の2つを兼ね備えている市販のペアアクネクリームがおすすめと言えます。

 

 

会社:ライオン株式会社

 

有効成分:イブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ

 

価格:1本(14g)あたり883円

 

即効性:軽度のニキビは3日以内、赤ニキビは5~10日

 

 

イブプロフェンピコノールは抗炎症作用があり、イソプロピルメチルフェノールは殺菌作用があります。

 

 

どろあわわの副作用について

 

 

どろあわわには薬用成分が配合されているわけではないので、副作用が生じることはほとんどありません。

 

 

ただし皮膚のかぶれ、発疹、炎症などの症状が起こる可能性があります。もし起こった場合には水で洗い流して使用は控えるようにしていきましょう。

 

 

また豆乳が肌に合わないと、逆に肌荒れやニキビを引き起こす場合があります。どろあわわでニキビが悪化するという口コミがありますが、それが豆乳が合わないと言えます。

 

 

基本的にステロイドや抗生物質などは含まれませんので安全性は高いので心配する必要はないでしょう。

 

 

どろあわわのニキビへの使い方について

 

 

どろあわわでニキビを治す場合の使い方について解説したいと思います。

 

 

①基本的に1日2回朝と夜の洗顔後に使うようにしていきます。

 

 

②そのまま手に取って、ぬるま湯で泡がモコモコになるまでしっかりと泡立てるようにします。

 

 

③そして顔全体を優しく包み込むように、1分ほど洗うようにしていきます。洗い終わったらしっかりとぬるま湯で洗い落としましょう。

 

 

④初期ニキビや赤ニキビであれば2週間、ニキビ跡であればおよそ4週間ほど使いましょう。それでも効果がなければ使用は控えましょう。

 

以上のようにどろあわわはニキビに対して使うようにしていきます。ニキビが治った後もどろあわわは使い続けることができます。

 

 

またどろあわわだけでなく、現在はくろあわわなどの洗顔料も健康コーポレーションから発売されています。

 

 

成分:マリンシルト、ベントナイト、泥炭、豆乳発酵液

 

値段:1個(1か月分)で2980円

 

用法用量:1日2回朝と夜の洗顔後に使うようにしていきます。

 

公式サイト:http://www.kenkoucorp.com

 

くろあわわには豆乳発酵液に加えて、マリンシルトという沖縄産の泥が配合されております。マリンシルトはビタミンEが配合されているので、もしニキビ跡をケアしたい場合にはどろあわわよりもくろあわわの方を使うほうが良いと思います。

 

 

⇒くろあわわの公式サイトはこちら

 

 

ということでどろあわわのニキビへの効果と副作用、使い方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ