ニキビとルルルン

ルルルンのニキビ跡への効果と副作用、使い方!

ルルルンのニキビ跡への効果と副作用、使い方!

 

 

ルルルンは株式会社グライド・エンタープライズが製造している美白用の保湿パックであり、保湿だけでなく、美白効果もあるとされています。

 

 

 

ルルルンを開けるとこのように、なっており、1枚1枚に水分がしっかりと浸透しています。香りも特になく、つけてもスーッとする感じでしたね。

 

 

そしてこのルルルンはニキビ跡に対しても効果があるとされます。※ピンク、白、の3種類ありますがニキビには白のルルルンを使用します。値段は32枚入りで1500円ほどになります。

 

 

ここではルルルンのニキビ跡への効果と副作用、使い方についてお伝えします。

 

 

ルルルンのニキビへの効果について

 

 

ルルルンには有効成分としてアスコルビルグルコシド、グリチルリチン酸、ヒアルロン酸、キウイエキスなどが配合されています。それぞれがどのようにニキビに対して効果があるのか解説したいと思います。

 

 

①アスコルビルグルコシド

 

 

アスコルビルグルコシドというのは水溶性ビタミンC誘導体のことです。

 

 

アスコルビルグルコシドが肌に浸透することによってシミやそばかすの原因となるメラニン色素を阻害して、美白作用を促します。

 

 

またメラニン色素は色素沈着の原因となるため、ルルルンはニキビ跡の色素沈着に対しても効果的と言えます。

 

 

この成分は白のルルルンにのみ配合されているため、青やピンクよりも白のルルルンがニキビ跡に適していると言えます。

 

 

②グリチルリチン酸

 

 

グリチルリチン酸は甘草という生薬の根から抽出された成分で、ニキビ用の化粧水にも配合されています。

 

 

このグリチルリチン酸には抗炎症作用があり、炎症ニキビやニキビ跡の赤みを抑えることができます。

 

 

またグリチルリチン酸にはピーリング作用があり、肌の古い角質や毛穴の詰まりを落とすことが可能です。また白ニキビや黒ニキビの芯も落として、そのまま治すことが可能となっています。

 

 

③ヒアルロン酸

 

 

そしてルルルンには保湿成分であるヒアルロン酸が配合されています。ヒアルロン酸が浸透すると肌の角質層の水分が維持されます。

 

 

保湿効果によって、乾燥肌が改善されてい大人ニキビを予防改善することにつながります。

 

 

④キウイエキス

 

 

キウイエキスはビタミンEが配合されており、肌に浸透することで抗酸化作用があり肌荒れを改善することができます。

 

 

また肌の新陳代謝を向上させることによって、肌のターンオーバーが促されてニキビ跡が普通肌へと入れ替わっていきます。

 

 

以上のようにルルルンはニキビ、ニキビ跡に対しても効果があると言えます。ただし殺菌作用はないため、アクネ菌は残ったままとなってしまいます。

 

 

ルルルンのニキビへの効き目について

 

 

ルルルンをニキビに使うことによって、どれくらいで効くのかというと

 

・白ニキビや黒ニキビに対してはおよそ3~5日ほどで治っていくとされます。

 

・赤ニキビやニキビ跡の赤みの場合には1~2週間使うことによって改善されます。

 

・ニキビ跡の場合には約1か月使うことで、新陳代謝が促され改善されていきます。

 

以上のようにルルルンはニキビに効いていきます。殺菌作用はないので、それを補うためにニキビ用の塗り薬と併用して構わないです。

 

 

ルルルンの副作用について

 

 

ルルルンには薬用成分も含まれているため副作用が生じてしまう可能性があります。

 

 

特に起こりうる症状としては皮膚のかぶれ、発疹、刺激感、かゆみなどが挙げられます。もし使用中に副作用が生じたら水ですすいで、使用は控えるようにしましょう。

 

 

ただしそこまで、副作用は強くないため、心配しなくても大丈夫です。

 

 

ルルルンでニキビを治すための使い方

 

 

ルルルンでニキビを治す場合には白のルルルンを以下のように使うようにします。

 

 

①基本的に1日2回朝と夜の洗顔後に使うようにします。水はしっかりタオルでふき取りましょう。

 

 

②そしてそのまま、顔にピタッとつけていき、そして15分経過するのを待ちましょう。

 

 

③15分経過したらタオルで拭いましょう。その後に余裕があれば殺菌作用のあるニキビ薬を塗っても構いません。

 

 

④初期ニキビや赤ニキビには2週間、ニキビ跡には1か月使用していきましょう。それでも効果がなければ使用は控えます。

 

以上のようにルルルンはニキビに対して使っていきます。ニキビが治った後も使用し続けることができます。

 

 

化粧水よりもルルルンのようにパックすることで成分が浸透していき、ニキビを治すのに期待が持てるのでおすすめと言えます。

 

 

ということでルルルンのニキビ跡への効果と副作用、使い方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ