ニキビと椿油

椿油のニキビへの効果と副作用、塗り方について!

椿油のニキビへの効果と副作用、塗り方について!

 

 

椿油は髪の毛に栄養を与える美髪成分として使われていますが、肌のスキンケアとして使うことができます。椿油の中身は黄色いオイルで、若干べたつきがあります。

 

 

そしてこの椿油はニキビ、ニキビ跡に対しても効果的となっています。ただし乾燥によるニキビには特に効きますが、逆に思春期ニキビには使用しない方がよいとされます。

 

 

ここでは椿油のニキビへの効果と副作用、塗り方についてお伝えしたいと思います。

 

 

椿油のニキビへの効果について

 

 

椿油に含まれる成分にはオレイン酸トリグリセライドとビタミンEが挙げられます。それぞれの成分がどのようにニキビに効くのか簡単に解説したいと思います。

 

 

オレイン酸トリグリセライド

 

 

オレイン酸トリグリセライドは天然の保湿成分であり、人の皮膚から分泌される皮脂とほとんど同じ成分とされます。

 

 

そのため、肌の乾燥による大人ニキビに対して効果があるとされます。またオレイン酸トリグリセライドは殺菌作用があり、ニキビの元であるアクネ菌を殺菌することができます。

 

 

ただしオレイン酸トリグリセライドは思春期ニキビや脂性質の方のニキビに対しては逆効果になる可能性があるので椿油などの保湿剤は使用しないようにしましょう。。

 

 

ビタミンE

 

 

椿油を塗ってビタミンEが浸透することによって、肌の新陳代謝が促されていきます。するとターンオーバーが促されて、ニキビ跡が改善されていきます。

 

 

また椿油に含まれるビタミンEには抗酸化作用があるため、肌荒れなどを改善することもできます。

 

 

以上のように椿油はニキビに対して効果があるとされます。ただし椿油には抗炎症作用はないため、赤ニキビやニキビ跡の赤みを直接鎮静させることはできません。

 

 

椿油のニキビへの効き目

 

 

椿油をニキビに塗ることでどれくらいで効いてくるのかというと、

 

・肌の乾燥に対する保湿はおよそ2~3日で改善されていきます。

 

・白ニキビや黒ニキビもオレイン酸によって3~5日以内には治ってしまいます。

 

・ニキビ跡そのものは肌のターンオーバーが促される3~4週間後に改善されていきます。

 

以上のように椿油はニキビに対して効いていきます。またニキビ用の塗り薬と併用することによって、治りが早まるとされます。

 

 

椿油と併用するのにおすすめのニキビ薬は抗炎症作用のあるペアアクネクリームが挙げられますね。

 

 

 

会社:ライオン株式会社

 

有効成分:イブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ

 

価格:14gで883円

 

即効性:軽度のニキビは1日 赤ニキビは5~10日

 

このイブプロフェンピコノールには抗炎症作用があり、赤ニキビやニキビ跡を鎮静できます。できればペアアクネクリームを使うのが良いでしょう。

 

 

椿油の副作用について

 

 

椿油には薬用成分が配合されているわけではないので、副作用が生じることはほとんどありません。

 

 

特に起こる可能性のある副作用としては皮膚のかぶれ、発疹、炎症、かゆみなどが挙げられます。また大量に塗るとべたつくので注意してください。

 

 

もし副作用が生じた場合には、水で洗い流して、使用は控えるようにしましょう。しかし基本的に椿油は安全性が高いので、副作用の心配はいらないでしょう。

 

 

椿油のニキビへの塗り方について

 

 

椿油でニキビを治すための塗り方についてですが、使用する椿油は一般的な大島椿の椿油100%を使用しましょう。

 

 

市販は一部でされていますが、通販サイトで60mlで1030円で売られています。

 

 

①椿油でニキビを治すためには基本的に1日2回朝と夜の洗顔後に塗るようにしていきます。化粧水をお使いなら化粧水後に使っていきます。

 

 

②椿油を少量そのまま手に取ります。ニキビ部分だけでなく、顔全体にうすくのばすように塗っていきます。あまり塗りすぎるとべたつくので注意してください。

 

 

③椿油を塗った後には、ニキビ用の塗り薬を塗って構いません。ただし違和感を感じたら水で洗い流しましょう。

 

 

④赤ニキビには2週間、ニキビ跡には1か月塗るようにしていきます。それでも効果がなければ使用は控えましょう。

 

以上のように椿油はニキビに対して塗っていきます。ニキビが改善された後も椿油は塗り続けることができます。

 

 

椿油に含まれる保湿成分は肌本来の皮脂と同じなので、ワセリンなどよりも効果が得られる可能性が高いとされるので試してみる価値はあります。

 

 

ということで椿油のニキビへの効果と副作用、塗り方についてお伝えします。

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ