ニキビとヘパソフトローション

ヘパソフトローションのニキビへの効果と副作用、使い方!

ヘパソフトローションのニキビへの効果と副作用、使い方!

 

 

 

ヘパソフトローションはロート製薬が製造しているローション剤です。ヘパソフトローションは乾燥肌や肌荒れに対して効果的とされます。

 

 

ヘパソフトローションの中身は乳液のように白い液体となっています。薬局やドラッグストアで売られており、ヘパソフトローションの値段は50g1100円となっています。

 

 

そしてこのヘパソフトローションはニキビに対して効いていきます。※公式でもニキビに効果があると明言されています。

 

 

ここではヘパソフトローションのニキビへの効果と副作用、塗り方についてお伝えします。

 

 

※ちなみにヘパソフトローションとヘパソフトプラスの2種類ありますが、ヘパソフトプラスにはニキビに対して効果がないので注意してください。

 

 

ヘパソフトローションのニキビへの効果

 

 

ヘパソフトローションがニキビに対して効果的とされるのはグリチルリチン酸ジカリウム、アラントイン、ヘパリン類似物質の3つが配合されており、これらが効いていきます。

 

 

①グリチルリチン酸ジカリウム

 

 

グリチルリチン酸ジカリウムは甘草という植物の根から抽出された成分とされます。このグリチルリチン酸ジカリウムには抗炎症作用が含まれているため、赤ニキビやニキビ跡の炎症を抑える働きを持っています。

 

 

またわずかにですがピーリング作用も持ち合わせているため、古い角質や毛穴の詰まりを解消してくれる働きを持っています。また白ニキビや黒ニキビなどの軽度のニキビであれば芯を溶かしてポロッと落とすことができます。

 

 

②アラントイン

 

 

アラントインは牛の羊膜から発見された成分のことで、アンチエイジング用の化粧品に配合されている成分とされます。

 

 

特にアラントインはグリチルリチン酸と同じく抗炎症作用を持っており、ニキビ跡や赤ニキビの炎症を抑えます。また保湿作用も兼ねており、肌の乾燥によるニキビを防いでくれます。

 

 

③ヘパリン類似物質

 

 

ヘパソフトローションの『へパ』はこのヘパリン類似物質という成分から由来しています。

 

 

このヘパリン類似物質は皮膚の細胞間の水分を保持させる働きを持っています。内側から肌を保湿させることができます。

 

 

さらにヘパリン類似物質は肌の新陳代謝を向上させる働きを持っており、肌のターンオーバーが促されることでニキビ跡を改善させることができます。

 

 

※ヘパリン類似物質は皮膚科で処方される保湿剤であるヒルドイド軟膏などに使われる成分ですが、市販のヘパソフトローションにも配合されています。

 

 

会社:マルホ株式会社

 

有効成分:ヘパリン類似物質

 

値段:1g25.3円

 

使い方:1日1回夜の洗顔後に塗っていきます。

 

 

皮膚科で処方される薬と同じ効果をヘパソフトローションを使うことで得られるというわけですね。

 

 

このようにヘパソフトローションはニキビに対して効いていきます。特に様々なニキビに対して効果があると言えます。その他にもシミやシワなどのアンチエイジングとしても使うことができます。

 

 

ヘパソフトローションのニキビへの効き目

 

 

ヘパソフトローションはニキビに使うことでどれくらいで効くのかというと、

 

 

・白ニキビや黒ニキビなどはピーリング作用によって、およそ3~4日で改善されていきます。

 

・赤ニキビやニキビ跡の赤みであればおよそ1週間ほどで改善されていきます。

 

・ニキビ跡そのものであればおよそ4週間塗ることによって、薄くなっていきます。

 

以上のようにヘパソフトローションはニキビに対して効いていきます。また肌の保湿作用は肌につけてすぐに感じられるでしょう。

 

 

ただしヘパソフトローションは殺菌作用やピーリング作用はないためニキビの元であるアクネ菌を殺菌できるわけではありません。

 

 

ヘパソフトローションの副作用

 

 

ヘパソフトローションは基本的に安全性の高い成分しか配合されていないため、ほとんど副作用が生じるリスクは低いです。

 

 

しかし稀にですが副作用が起こる場合があり、特に肌の発疹、発赤、かゆみなどが生じる場合があります。

 

 

もし副作用が生じた場合にはもう2~3回使ってみて、副作用が生じたら使用は控えましょう。ただし敏感肌の方でも安全に使うことができるので心配はほとんどいりません。

 

 

ヘパソフトローションのニキビへの塗り方

 

 

ヘパソフトローションによってニキビを治すための塗り方についてですが

 

 

①1日2回洗顔後に塗るようにします。化粧水を使っている方は化粧水の後に使います。

 

 

②肌に塗る場合にはそのまま手に取って、軽く塗布するように塗ります。広範囲にニキビ跡ができているのであればなじませるように塗ります。

 

 

③赤ニキビには2週間、ニキビ跡には1か月塗るようにしましょう。それでも効果がなければ使用は控えましょう。

 

 

以上のようにヘパソフトローションは使っていきます。ニキビが治った場合には使用を控えましょう。

 

 

ヘパソフトローションはヘパリン類似物質だけでなく、様々な成分が配合されているので非常におすすめです。

 

 

ということでヘパソフトローションとニキビについてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ