オードムーゲ乳液について

オードムーゲの乳液のニキビへの効果と使い方!

オードムーゲの乳液のニキビへの効果と使い方!

 

 

 

オードムーゲは小林製薬株式会社が製造している肌荒れやニキビに対して効く、薬用化粧品シリーズです。

 

 

特にニキビに対してはオードムーゲ化粧水が非常に有名とされます。

 

 

会社:六陽製薬株式会社

 

効果:ニキビ跡、赤ら顔

 

価格:160mlで1047円

 

有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム

 

 

しかしオードムーゲの乳液もニキビに効果的とされます。特にニキビ跡にも効果的とされる珍しい乳液とされます。

 

 

 

 

中身は白色の液体です。ただ肌につけるとピリピリと刺激が感じられます。オードムーゲシリーズは薬用化粧品ですので刺激があります。つけたあとは肌がしっとりしていて、べたつくことは全くありません。

 

 

ここではオードムーゲ乳液のニキビへの効果と副作用、そして使い方についてお伝えしたいと思います。

 

 

オードムーゲ乳液の効果について

 

 

オードムーゲ乳液の成分をまずは見てみましょう。

 

 

有効成分:酢酸DL-α-トコフェロール、グリチルリチン酸二カリウム

 

その他の成分:1,3-ブチレングリコール、グリセリン、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、サクシニルアテロコラーゲン液、スターフルーツ葉エキス、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、流動パラフィン、ミリスチン酸イソプロピル、モノステアリン酸ポリグリセリル、ローズ水、水酸化ナトリウム、クエン酸、フェノキシエタノール、パラベン、香料、精製水

 

 

内訳をみるとかなり成分は優秀であることが言えます。
ニキビには有効成分のグリチルリチン酸二カリウム、酢酸DL-α-トコフェロールが効いていきます。

 

 

①グリチルリチン酸二カリウム

 

 

グリチルリチン酸二カリウムはニキビ用の化粧水によく配合されている成分で抗炎症作用があります。ニキビ跡の赤み、赤ニキビに対して効果的とされます。

 

 

またピーリング作用があり、古い角質や毛穴の詰まりを解消する働きを持っており、アクネ菌が繁殖するのを予防します。黒ニキビや白ニキビなどの軽度のニキビであれば芯を溶かして数日で治ってしまいます。

 

 

オードムーゲ乳液をつけるとピリピリするのはグリチルリチン酸が効いているためです。

 

 

②酢酸DL-α-トコフェロール

 

 

酢酸DL-α-トコフェロールはビタミンE誘導体のことです。肌に浸透するとビタミンEが作り出されます。

 

 

ビタミンEが生成されることで肌の新陳代謝が活性されターンオーバーを促すことで、ニキビ跡に対しても効いていきます。また抗酸化作用によって肌荒れも改善されます。

 

 

またオードムーゲ乳液にはヒアルロン酸やスターフルーツ葉エキスなどの保湿成分も含まれるため、ニキビの原因である肌の乾燥にも効いていきます。

 

 

以上のふたつの有効成分がニキビに対して効果を発揮します。オードムーゲ乳液は市販の乳液では成分がとても優秀とされます。

 

 

オードムーゲ乳液の効き目について

 

 

オードムーゲ乳液を使用することでニキビにどれくらいで効くのかというと

 

 

・赤ニキビ、ニキビ跡の赤みに対しては1~2週間ほどで鎮静されていきます。

 

・黒ニキビや白ニキビに対してはピーリング作用によって3~5日ほどで治ってしまうことが多いです。

 

・ニキビ跡じたいは約1か月使用することでターンオーバーが促されることで改善されていきます。

 

・肌の保湿は使用から1~2日ですぐに感じられていきます。

 

以上のようにオードムーゲ乳液はニキビに対して効いていきます。このようにオードムーゲ乳液だけですべてのニキビ対策になります。

 

 

オードムーゲ乳液の副作用について

 

 

オードムーゲ乳液も薬用効果があるので副作用が生じることがあります。

 

 

特に肌の刺激感、発疹、発赤、かゆみなどの副作用が生じることがあります。

 

 

ただし最初はどうしてもピリピリと刺激が感じられますが数日使い続ければ肌も慣れてきますので、そのまま使い続けましょう。それでも副作用が起こる場合は使用を控えましょう。

 

 

オードムーゲ乳液のニキビへの使い方について

 

 

オードムーゲ乳液をニキビに使う場合には

 

 

①1日2回洗顔をして、化粧水をつかったあとに使っていきます。

 

 

②ほんの少し手に取り、顔全体になじませるようにつけましょう。

 

 

※1回あたりこれで十分です。

 

 

③乳液を使い終わったら、皮膚科で薬の使用を指示されている場合には使っていきましょう。※つけなくても問題はありません。

 

 

④最低でも炎症には2週間、ニキビ跡には1か月は使い続けるようにして、改善が見られなければ使用を控えましょう。

 

 

以上がオードムーゲ乳液のニキビへの使い方です。ニキビが治ったあとは使用を中止しましょう。薬用成分が配合されているので通常の乳液としては使用できません。

 

 

成分はかなり優秀でヒアルロン酸やビタミンE誘導体をうたっている高い化粧品を使用するならばオードムーゲ乳液(100ml1200円)の使用をおすすめします。

 

 

特にニキビ跡を改善させたいのであればオードムーゲ化粧水よりもオードムーゲ乳液を使っていきましょう。

 

 

ということでオードムーゲ乳液とニキビについてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ