保湿クリームとニキビ

ニキビに効く市販の保湿クリームのおすすめランキング!

ニキビに効く保湿クリームのおすすめランキング!

 

 

大人ニキビの場合には乾燥によって肌のバリア機能がなくなってしまい、そこからアクネ菌が繁殖してしまいニキビができてしまいます。

 

 

ですので、大人ニキビは化粧水や保湿クリームを使って保湿することも効果的なニキビケアと言えます。

 

 

※思春期ニキビは皮脂分泌によるものなので個人的には保湿クリームを使う必要はないと思っています。

 

 

ここではその保湿クリームの中で、特にニキビに効果的な成分を配合した保湿クリームをランキング形式で紹介したいと思います。

 

 

ニキビに効くおすすめの保湿クリーム

 

 

3位 ユースキン

 

 

会社:ユースキン製薬

 

値段:830円(70g)

 

有効成分:ビタミンE酢酸エステル、グリチルリチン酸、dl・カンフル、グリセリン

 

効果:赤ニキビ、ニキビ跡

 

ユースキンは薬用成分が配合された『あかぎれ』や『しもやけ』に効果的なメディカル保湿クリームのユースキンです。

 

 

 

 

ユースキンの中身はこのように薄黄色いクリーム色でつんとした香りが特徴的です。べたつくこともなく刺激感はありません。

 

 

ニキビの有効成分とされるグリチルリチン酸が配合され、赤ニキビやニキビ跡などの炎症を鎮める、抗炎症作用があります。

 

 

またユースキンはビタミンE酢酸エステルが配合され、ビタミンE誘導体としての効果が得られるため、ニキビ跡にも効果的です。その他、dl・カンフル、グリセリンなどは保湿成分も含まれており、ニキビに効いていきます。

 

 

特に簡単に保湿パックができるユースキンパックは非常に効果的ですのでおすすめです。やり方は1日1~2回洗顔後にニキビ部分を薄く覆うようにユースキンをつけます。

 

 

   

 

 

15分ほど経過したら洗い流すだけです。しっとりと肌が保湿されているのが感じられると思います。

 

 

普通肌の人はユースキンAを使用し、肌が弱い人の場合には刺激が弱いユースキンSを使用するようにしてください。

 

 

ということで保湿クリームのおすすめランキング3位はユースキンでした

 

 

2位 ニベア青缶

 

 

 

 

会社:ニベア花王株式会社

 

値段:400円(169g)

 

有効成分:ホホバ油、ワセリン

 

用法用量:1日2回洗顔後に塗る

 

 

ニベア青缶は保湿クリームとして多くの方が使っていますがニキビに対しても非常に効果的でテレビでも取り上げられました。

 

 

成分は海外の1万円以上する高級保湿クリーム『ドゥラメール』とほとんど同じとされ話題になりました。

 

 

 

 

※ニベア青缶は170gで400円なのに対してドゥラメールは60gで約1万円。配合されている成分は同じなのに・・・

 

 

ニキビへの直接的な有効成分は含まれていませんが保湿に限定した効果であれば最も高いと言えます。

 

 

ここではテレビで紹介された『がってん塗り』というものを紹介します。

 

 

ニベア青缶のガッテン塗り

 

 

がってん塗りのやり方は非常に簡単で、洗顔後に化粧水を一切つけずにそのままニベア青缶を塗るだけです。

 

①1日1回~2回洗顔後にニベア青缶をつけます。※化粧水など何もつけない状態で塗っていきます。

 

 

②そしてニベア青缶を塗る前は顔に38度ほどのぬるま湯を必ずたっぷりつけましょう。

 

 

ニベアはワセリンを含んでいて油性が強いです。ニベアのクリーム自体はかなり固いため、お湯である程度溶かさないと毛穴を塞いでしまいます。

 

 

③大豆ほどのニベアのクリームを手にとり水と混ぜ、なじませてからつけていきましょう。

 

 

 

※これくらいで構いません

 

 

④あとはニキビ部分に塗るだけです。ニキビ跡ならば全体的に塗りこんでいく感じですね。

 

 

 

 

※厚く塗るよりも薄くなじませるだけで十分です

 

 

以上がニベア青缶のニキビに効くガッテン塗りのやり方です。

 

 

個人的にはユースキンよりも肌の保湿の高さ、持続性が高いため2位にしました。ただしニキビ跡や赤ニキビを治したいのであればユースキンの方が期待できます。

 

 

ということで2位のニベア青缶についてでした

 

 

1位 オロナイン

 

 

会社:大塚製薬

 

値段:1015円(100g)

 

有効成分:クロルヘキシジングルコン酸塩液、ワセリン、オリブ油

 

副作用:かゆみ、発赤

 

 

オロナインはクロルヘキシジングルコン酸塩液によってアクネ菌を殺菌しニキビも根本的に治すことができるニキビ用の市販薬です。白ニキビであれば数日、赤ニキビであれば1週間ほどで改善されます。

 

 

しかしワセリンやオリブ油を含んでおり保湿クリームとして使うこともできます。

 

 

そしてオロナインを使った『水溶きオロナイン』や『オロナインパック』は保湿ケアとニキビケアを同時に行える最強のニキビケアの方法と言えます。

 

 

水溶きオロナインは1日1回洗顔後に行います。オロナインをお湯で乳液のようになるまで溶かしてからつけていきます。これだけですので非常に簡単でつけてすぐに肌の保湿作用を感じられます。

 

 

そしてオロナインパックは肌の乾燥と毛穴の角栓や皮脂を落とすのに超効果的とされます。方法についてですが、

 

 

①毛穴を開かせるためにまずお風呂に入るようにしましょう。そしていつも通り洗顔をして肌をきれいにします。化粧水も使っている人はパック前に使いましょう。

 

 

③そしてオロナインをニキビ部分や皮脂が溜まっている部分にたっぷりとつけていきます。

 

 

 

 

鼻の角栓やニキビにつける場合にはこんな感じでつけます。

 

 

④15分間このままにしてください。薬をこんなふうに塗るとひりひりとしてきますがオロナインは特にそのようなことはありません。

 

 

⑤15分経ったら、ぬるま湯で洗い流してみてください。

 

 

⑥オロナインパックは1回で十分効果があるので、毎日は行わずに3日に1回程度を目安に使うようにしてみください。

 

 

以上がオロナインパックの方法です。

 

 

ただオロナインは薬ですのでかゆみや発赤などの副作用が出る場合があります。違和感を感じたら使用を控えるようにしてください。

 

 

保湿クリームのおすすめランキングであるにも関わらず保湿クリームではないオロナインを1位にしてしまい、申し訳ありません。しかし保湿も行えてニキビも根本的に治すことができ、本当におすすめでしたので紹介させて頂きました。

 

 

ニキビ別の保湿クリームのまとめとしては

 

 

・乾燥によるニキビを治したい、ニキビを予防したい場合にはニベア青缶

 

・ニキビ跡を改善したいのであればユースキン

 

・初期ニキビや赤ニキビであればオロナイン

 

 

以上参考になれば幸いです。ということでニキビに効く保湿クリームのおすすめランキングでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ