ザーネクリームとニキビ跡

ザーネクリームでニキビ跡が薄くなる!?効果と使い方!

ザーネクリームでニキビ跡が薄くなる!?効果と使い方!

 

 

ザーネクリームはエーザイ株式会社が製造販売している肌荒れやあかぎれ、乾燥肌の改善などに効果的な一般家庭用の保湿クリームです。値段は28gで300円となっています。

 

 

 

 

ザーネクリームの中身はこのようになっています。白色のクリームでニベア青缶と非常に似ていますね。香りも特になく、たくさん塗りこんでもほとんどべたつかないので非常に使い勝手が良いです。

 

 

薬だけでなくシミやシワなどのアンチエイジングのために愛用している方が多数いらっしゃいますがこのザーネクリームはニキビ跡を改善する効果があるとされます。ザーネクリームの公式でも効能の欄に『ニキビを予防』と明記されています。

 

 

ここではザーネクリームのニキビになぜ効果があるのか?そしてニキビへの使い方について紹介したいと思います。

 

 

ザーネクリームがニキビ跡に効果がある?

 

 

ニキビ跡にもなぜ効果があるのか、それはザーネクリームの成分を見てみると分かります。

 

 

有効成分:酢酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)、グリチルリチン酸二カリウム

 

その他の成分:オクチルドデカノール、吸着精製ラノリン、グリセリン、クレゾール、香料、自己乳化型ステアリン酸プロピレングリコール、ジプロピレングリコール、シリコーン樹脂、セトステアリルアルコール、d--トコフェロール

 

 

ザーネクリームにはこれだけの成分が配合されていまして注目して頂きたいのが、酢酸d-α-トコフェロールとグリチルリチン酸二カリウムです。

 

 

酢酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)

 

 

なぜザーネクリームが赤ニキビを鎮静したり、ニキビ跡を薄くする効果があるのかというと酢酸d-α-トコフェロールが含まれておりこれはビタミンEのことです。

 

 

ビタミンEは活性酸素から肌の細胞を守ってくれお肌の衰えを防いでくれる効果があります。さらに皮膚の奥に浸透し、傷ついて跡になった肌を修復します。

 

 

そしてターンオーバーの周期(28日)が訪れるごとにニキビ跡が改善されていきます。皮膚科でもビタミンE誘導体という治療法で、ニキビ治療に用いられております。

 

 

グリチルリチン酸二カリウム

 

 

グリチルリチン酸二カリウムはカンゾウ根から抽出された成分で抗炎症作用があり、様々なニキビ用の薬や化粧水に含まれております。

 

 

このグリチルリチン酸二カリウムが肌に浸透することで赤ニキビやニキビ跡の赤みを鎮めてくれる働きがあります。

 

 

またグリチルリチン酸二カリウムはピーリング作用があり、古い角質を落とし皮脂つまりを解消します。そして白ニキビや黒ニキビの芯ごとピーンリングによって落としてくれます。

 

 

以上のふたつの成分によってザーネクリームはニキビ跡に対して効いていきます。その他保湿成分のグリセリン、ステアリン酸なども含まれているため、乾燥肌、それに伴う大人ニキビを予防します。

 

 

ザーネクリームのニキビへの効き目

 

 

ザーネクリームをニキビに塗ることでどれくらいで効くのかというと

 

・黒ニキビ、白ニキビの場合には3~4日でピーリングによって治ります。

 

・赤ニキビはおよそ1週間ほどで炎症が鎮静されます。

 

・ニキビ跡の赤みはおよそ2週間、ニキビ跡そのものであればおよそ1か月周期で改善されます。

 

・また肌の保湿は塗ってすぐに感じられます。

 

 

ザーネクリームは殺菌性がないため、赤ニキビの炎症には効きますが、そのものを治す効果はないので注意してください。

 

 

ザーネクリームの副作用について

 

 

ザーネクリームは薬用成分が含まれていますので、副作用が起きてしまう場合があるの注意です。特に起こる可能性のある副作用としては皮膚の赤みや湿疹、刺激感が挙げられます。

 

 

ただ安全性の高い薬ですので起きることはほとんどありませんし、起きても軽度です。例え副作用が起きても肌が慣れていないだけの場合もあるので、数日使い続ければ、肌が慣れて副作用は治まります。

 

 

それでも副作用が生じれば使用を中止するようにしましょう。

 

 

ザーネクリームの使い方について

 

 

ザーネクリームをニキビに使用する場合についてですが、普通肌の人は通常のザーネクリームを使っていきます。しかし敏感肌の人はより低刺激なザーネローションを使っていきましょう。

 

 

 

 

配合されている有効成分は同じですので安心してください。また体の保湿や背中ニキビなどに使用する場合にはザーネローションを使いましょう。

 

 

そして使い方の手順としては

 

 

①1日1回ザーネクリームは洗顔をし、化粧水をつけ終わった後に使用していきます。

 

 

②化粧水後にザーネクリームを手に取り、顔全体になじむように塗っていきます。※特にニキビ部分や乾燥部分にはしっかりつけていきましょう。

 

 

③そして最後に手で顔を塞ぐように、パッティングして終わりです。

 

 

④ザーネクリームは薬との併用はしないでください。薬用成分が混ざり効き目が落ちてしまいます。

 

 

⑤初期ニキビ、赤ニキビであれば1週間は使用するようにしてください。ニキビ跡には1か月使用しましょう。何も効果がないようであれば使用を控えるようにしましょう。

 

 

⑥効果があれば使い続けるようにしましょう。特にニキビ跡は使う続けることが大切となります。

 

 

以上がザーネクリームのニキビへの使い方です。また朝に時間がなかったら、化粧水は省いて洗顔後にザーネクリームを塗っても大丈夫です。

 

 

特に夜つけて、朝起きると、乾燥肌が潤っていたりニキビ跡が薄くなっているという効果を感じている方が非常に多いです。

 

 

ザーネクリームは市販の保湿クリームなのに病院のビタミン誘導体と同じ効果が得られ、値段も非常に安いので試してみる価値はあります。

 

 

ということでザーネクリームのニキビ跡への効果と使い方でした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ