目薬とニキビ

目薬のニキビへの効果と使い方について!

目薬のニキビへの効果と使い方について!

 

 

目薬をニキビに塗ることで改善できるということが話題になっています。
女性雑誌で目薬でニキビを治す方法が掲載されたことが発端になった言われています。

 

 

ただ目薬といってもなんでもいいかというわけではなく。
ジョンソンエンドジョンソンのバイシンという充血用の目薬を使っていきます。

 

 

 

 

ここでは目薬がなぜニキビに効果的なのかとその目薬を使ったニキビケア法を紹介したいと思います。

 

 

なぜ目薬がニキビに効果あるのか?

 

 

バイシンの目薬の成分情報を見てみましょう。

 

有効成分:塩酸テトラヒドロゾリン

 

添加物:ホウ酸・ホウ砂・ベンザルコニウム塩化物液・
エデト酸Na・pH調整剤・等張化剤

 

 

というようになっていますが、注目するのは塩酸テトラヒドロゾリンです。
塩酸テトラヒドロゾリンというのは血管収縮剤です。

 

 

眼球にもよくみると血管があるのが分かると思いますが、
目の充血は血管が膨張することによって起きます。

 

 

そこで目薬をたらし、塩酸テトラヒドロゾリンによって血管を収縮させることで
眼球の拡張した血管が縮んでいき改善することができます。

 

 

そしてニキビ部分に塩酸テトラヒドロゾリンを塗ることで
血管を収縮させ、赤みを抑えることができるということなのです。

 

 

ただアクネ菌を殺菌するという殺菌力は全くないので注意です。
医師も科学的な根拠は全くないと苦言を呈しています。

 

 

もし目薬を使ったニキビケアは違和感を感じた場合には
使用をすぐに中断するようにしてください。

 

 

ニキビ治療のための目薬の使い方

 

 

必要な物…充血用の目薬(バイシン)   綿棒 

 

 

 

このふたつだけです。

 

 

目薬は充血用の目薬でないといけないのは
他の目薬だと炎症を抑える効果がないかもしれないからです。

 

 

そしてやり方は非常に簡単です。

 

①まずは顔を洗顔してください。
水滴はしっかりとタオルで拭いましょう

 

 

②そして目薬を綿棒にたっぷりと染み込ませてください。
ひたひたになるくらいで構いません。

 

 

 

③そしたらニキビの部分に塗るだけです。
ニキビ跡の場合には全体にまんべんなく塗りましょう!

 

 

 

 

※結構ニキビに塗った時にしみるので気を付けてください

 

 

④この流れを1日に1回やるだけです。
最低でも1週間は続けるようにしましょう。

 

目薬でのニキビケアはこれだけですので、
興味がある方は試してみる価値はあると思います。

 

 

ただ1週間も続けてニキビに何の変化もない場合には
効果がないということなので、使用を中止しましょう。

 

 

効果の感じ方としては完全に人それぞれです。

 

 

「赤ニキビに即効で効きました!」
「あまり効果が感じられませんでした…

 

 

と個人差が非常にあるので、あまり期待はしない方がよいかもしれませんね。
あまりにも刺激が強かったり、肌が荒れたりしたらすぐに使用を中止してください!

 

 

以上、ニキビケアの目薬の効果と使い方でした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ