ニキビとゾンビパック

ゾンビパックのニキビ跡への効果と副作用、使い方について!

ゾンビパックのニキビ跡への効果と副作用、使い方について!

 

 

ゾンビパックというのは保湿パックの一種であり、保湿中に顔がゾンビのようになることからそう呼ばれています。最も有名なのがルリビオのゾンビパックで、1個あたり6800円となっています。

 

 

ゾンビパックを使うことによって肌のシワを改善させ、美白、保湿作用も促していきます。さらにゾンビパックは炎症ニキビ、ニキビ跡に対しても効果があるとされています。

 

 

ここではゾンビパックのニキビ跡への効果と副作用、使い方についてお伝えします。

 

 

ゾンビパックのニキビへの効果について

 

 

ゾンビパック(ルリビオ)の成分一覧は『アルブミン・小麦粉・コーンスターチ・シルク・ヨクイニン・サンゴ末・グリチルリチン酸2K・ピリドキシンHCl・リン酸アスコルビルMg・香料』となっています。

 

 

この中で特にニキビに対して効果があるとされるのはアルブミン、グリチルリチン酸2K、リン酸アスコルビルMgの3つとなっています。それぞれがどのように効くのか解説したいと思います。

 

 

①アルブミン

 

 

アルブミンという成分は他の化粧品にはない、ゾンビパックの最大の特徴とされています。このアルブミンはにも含まれている成分です。

 

 

このアルブミンを肌に塗って少し放置することで、縮んでいきます。すると肌がぎゅ~っと締め付けられる感覚になり、肌がリフトアップされていきます。この時に皮膚がゾンビのようになることからゾンビパックと呼ばれています。

 

 

これにより肌のシワが改善されるというわけです。またアルブミンは肌の水分を閉じ込めることによって保湿作用も促されていきます。

 

 

②グリチルリチン酸2K

 

 

グリチルリチン酸2Kは甘草という生薬の根から抽出されたもので、ニキビ用の化粧水にもよく配合されている成分の1つです。

 

 

グリチルリチン酸2Kには抗炎症作用があり、炎症したニキビやニキビ跡の赤みを抑えてくれる働きを持っています。またわずかにピーリング作用もあります。

 

 

この作用によって古い角質や毛穴に詰まった皮脂や汚れを落としてくれる働きを持っています。さらに黒ニキビや白ニキビなどの芯もポロっと落とすことが可能です。

 

 

③リン酸アスコルビルMg

 

 

リン酸アスコルビルMgはビタミンC誘導体のことです。肌に浸透することによってメラニン色素の阻害を促してくれます。

 

 

これによって肌のシミやそばかすなどを改善させて美白作用が促されていきます。ニキビ跡の色素沈着も落ち着かせてくれる効果があります。ターンオーバーも促されるため、ニキビ跡そのものも改善されていきます。

 

 

以上のようにゾンビパックはニキビに対して効果があるとされています。

 

 

ゾンビパックのニキビへの効き目について

 

 

ゾンビパックを使うことによってどれくらいでニキビに対して効いてくるのかというと

 

・初期ニキビであればおよそ1~3回使うことによって治っていきます。

 

・炎症したニキビであればおよそ1~2週間ほどで改善されていきます。

 

・ニキビ跡の場合には約4週間ごとにターンオーバーが促されて改善されていきます。

 

以上のようにゾンビパックはニキビに対して効いていきます。また使ってすぐに保湿が感じられて、さらに肌が薄っすらと白くなっているのが感じられます。

 

 

ゾンビパックの副作用について

 

 

ゾンビパックには薬用成分も含まれているため、副作用が生じてしまうことがありますので注意です。

 

 

特に起こる可能性のある副作用としては皮膚のかゆみ、発疹、炎症、刺激感などが挙げられます。もし激しい症状が出た場合には使用は控えるようにしましょう。

 

 

肌がぎゅ~っと締め付けられることもありますが、それは効果のある証拠なので問題ありません。

 

 

ゾンビパックのニキビへの使い方について

 

 

ゾンビパックでニキビ跡を治す場合の使い方についてですが、少し複雑なので注意してください。

 

①基本的にゾンビパックというのは3~4日に1回の頻度で行っていきます。

 

②付属のスプーンで1杯分の粉を小さなお皿などに取っていきます。

 

 

③そしてペットボトルのキャップ1杯分の水を少しずつ加えていきながら混ぜていきます。

 

④これでパック自体は完成です。固すぎず、柔らかすぎないで作るようにしていきます。

 

 

⑤そしてハケなどを使って全体的にたっぷりと塗っていくようにします。この時、まぶた、生え際、眉毛、唇は塗らないように注意してください。

 

 

⑥そして15~20分ほどで乾いていきます。表面がカチカチになったらぬるま湯で洗い落としていきます。これで一連の流れは終わりとなります。

 

⑦ニキビには2週間、ニキビ跡に対しても最低でも1カ月は使っていきましょう。それでも効果がなければ控えるようにしましょう。

 

以上のようにゾンビパックはニキビに対して使っていきます。ニキビが治った後もアンチエイジングとして使い続けることもできます。

 

 

ゾンビパックは他の化粧品や薬とは違った角度でニキビ跡にも効いてくるので、試してみる価値は大いにありますね。

 

 

ということでゾンビパックのニキビへの効果と副作用、使い方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ