ニキビに効く最強の薬

ニキビに効く最強の薬とは!効果の高いのはコレ!

ニキビに効く最強の薬とは!効果の高いのはコレ!

 

ニキビ用の薬には様々な薬がありますが、ここでは特に効き目が強い最強のニキビ薬についてとりあげたいと思います。

 

 

ニキビの症状や市販、皮膚科によってそれぞれ、最強の薬が違うので、こちらではまとめて紹介したいと思います。

 

 

炎症ニキビに効く最強の薬とは!?

 

 

アクネ菌が繁殖してさらに炎症を起こしたニキビに効く薬としてはやはりステロイドが挙げられます。

 

 

ステロイドというのは皮膚ホルモンのコルチゾルと同じ働きをする物質で、皮膚の免疫力を向上させて炎症を抑える働きを促し、赤ニキビやニキビ跡の赤みを改善することができます。

 

 

そしてこのステロイドは1~5群まで強さが分けられていて、1群が最も効き目が強い最強ランクと言えます。※市販では4群までのステロイドしか使用することができません。

 

 

そしてこの1群のステロイドでニキビに対して処方される薬としてデルモベートが挙げられます。

 

 

会社:グラクソ・スミスクライン株式会社

 

薬価:1gで31.10円

 

成分:クロベタゾール

 

用法用量:1日1~2回朝と夜の洗顔後に塗るようにしていきます。

 

 

有効成分のクロベタゾールは1群のステロイドとされます。デルモベートをニキビ跡に使うことによって2~3週間ほどでかなり改善されることが多いです。

 

 

しかしこのデルモベートは本当に効き目が強い最強の抗炎症作用薬であり、本当に重症のニキビにしか処方されません。また皮膚の刺激感、発疹、かゆみなどの副作用の症状も起こりやすいため、リスクもあります。

 

 

基本的に通常の炎症ニキビやニキビ跡の赤みに対してはステロイド軟膏のリンデロンVG軟膏が良く処方されます。

 

 

会社:塩野義製薬

 

薬価:1gあたり29.9円

 

成分:ベタメタゾン

 

用法用量:1日2回朝と夜の洗顔後に塗るようにしていきます。

 

リンデロンVG軟膏は3群のステロイドですが、それでもかなり効き目が高いとされます。

 

 

最も殺菌作用の最強のニキビ薬

 

 

ではつづいて、ニキビの元であるアクネ菌を殺菌することができる皮膚科の最強の薬を紹介したいと思います。※ステロイドには殺菌作用はありません。

 

 

殺菌作用が最強の薬はベピオゲルという薬です。ベピオゲルは2015年に生まれたニキビの最新、そして最強の薬と言われています。

 

 

会社:マルホ株式会社

 

有効成分:過酸化ベンゾイル

 

薬価:1g=120.9円

 

用法用量:1日2回朝と夜の洗顔後に塗るようにしていきます。

 

ベピオゲルの過酸化ベンゾイルは欧米では主流の殺菌成分でしたが2015年まで日本では認可がおりずにいました。

 

 

この過酸化ベンゾイルの超強力殺菌作用で皮膚の深層にあるアクネ菌も殺菌します。これによってニキビ跡に対しても有効とされます。

 

 

またピーリング作用があり、白ニキビや黒ニキビの芯も落としてくれます。ただしベピオゲルは塗ったところがかなりヒリヒリするので注意してください。

 

 

現在の皮膚科ではベピオゲルが最強の殺菌作用のある塗り薬と言えます。

 

 

皮膚科の最強の薬として2つ挙げましたが、この2つがそれぞれのニキビに合うかは断定できません。そのため皮膚科を受診してよく相談するようにしましょう。

 

 

市販の最強に効く薬について

 

 

では市販のニキビ薬の中で効き目が最強の薬と言えるのはなんなのかというと、テラコートリルが挙げられます。

 

 

会社:ジョンソン・エンド・ジョンソン

 

有効成分:オキシテトラサイクリン塩酸塩 ヒドロコルチゾン

 

値段:800~1000円

 

用法用量:1日2回朝と夜の洗顔後に塗るようにする

 

 

テラコートリルに含まれるオキシテトラサイクリン塩酸塩は抗生物質でアクネ菌を殺菌してくれます。さらにヒドロコルチゾンは5群のステロイドで抗炎症作用があります。

 

 

抗生物質とステロイドの2つを兼ね備えたニキビ薬はテラコートリルくらいなので市販では最強の薬と言えると思います。※普通の赤ニキビであれば、3~4日で治ってしまうほど効き目は高いとされます。

 

 

ただし抗生物質とステロイドは副作用が高いとされます。もしほどほどの効き目で安全な薬を使用したいのであればペアアクネクリームがおすすめです。

 

 

会社:ライオン株式会社

 

有効成分:イブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール

 

薬価:1本(14g)あたり883円

 

用法用量:1日2回朝と夜の洗顔後に塗るようにしていきます。

 

イブプロフェンピコノールは抗炎症作用があり、イソプロピルメチルフェノールは殺菌作用があります。

 

 

ステロイドや抗生物質ではないため、効き目は落ちてしまいますが、副作用がほとんどありません。そこまで重症なニキビでないのであれば、まずはこちらのペアアクネクリームを試してみることをおすすめします。

 

 

ということでニキビに効く最強の薬についてでした。

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ