ルミキシルとニキビ

ルミキシルのニキビ跡への効果と副作用、塗り方について!

ルミキシルのニキビ跡への効果と副作用、塗り方について!

 

 

ルミキシルはスタンフォード大学の皮膚研究者により開発された美白に効く医薬品クリームとなっています。ルミキシルの中身は白色でべたつきや匂いはほとんどありません。

 

 

ルミキシルは市販されておりませんが、ネット通販で購入でき値段は1本(30ml)で7700円となっています。

 

 

そしてこのルミキシルはシミやそばかすだけでなく、ニキビ、ニキビ跡に対しても効果があるとされます。

 

 

ここではルミキシルのニキビへの効果と副作用、塗り方についてお伝えします。

 

 

ルミキシルのニキビへの効果について

 

 

ルミキシルには有効成分としてLumixylペプチドを配合しています。他の薬には一切含まれないルミキシルのオリジナル成分です。

 

 

このLumixylペプチドは天然のアミノ酸のことで肌に浸透させることによって、メラニン色素やチロシナーゼの生成を阻害してくれます。

 

 

このメラニン色素はシミやそばかす、そしてニキビ跡の色素沈着を抑える働きを持っており、ルミキシルを塗ることによってニキビ跡にも有効とされます。

 

 

またLumixylペプチドの臨床実験によって、美白成分であるハイドロキノンよりも17倍の効果があると証明されました。

 

 

Lumixylペプチドの臨床実験ではメラニン色素を40%、チロシナーゼを86%阻害することに成功しています。

 

 

以上のようにルミキシルはニキビに対して効いていきます。ただし殺菌作用はないためルミキシルを塗ってもニキビの元であるアクネ菌は残ってしまいます。

 

 

ルミキシルのニキビへの効き目

 

 

ルミキシルを塗ることによってどれくらいでニキビが改善するのかというと

 

 

・赤ニキビやニキビ跡の赤みに対してはおよそ4週間ほどで改善されていきます。

 

・ニキビ跡そのものや色素沈着に対してはおよそ8週間ほどで劇的に改善されていきます。

 

・またシミやそばかすなどのアンチエイジングなどもおよそ8週間ほどで改善されていきます。

 

以上のようにルミキシルはニキビに対して効いていきます。※また12週間後は40%、16週間後には50%の改善

 

 

抗炎症作用や殺菌作用のあるニキビ用の塗り薬を併用すればあらゆるニキビに効くのでおすすめです。

 

 

市販のニキビ薬ではペアアクネクリームなどが挙げられますね。

 

 

会社:ライオン株式会社

 

有効成分:イブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ

 

価格:1本(14g)883円

 

即効性:軽度のニキビは3日以内、赤ニキビは5~10日

 

イブプロフェンピコノールが抗炎症作用があり、イソプロピルメチルフェノールは殺菌作用があります。これによって初期ニキビにも治すことができます。

 

 

ルミキシルを塗る場合にはペアアクネクリームも併用することをおすすめします。

 

 

ルミキシルの副作用について

 

 

ルミキシルのLumixylペプチドは刺激作用のある成分ではないのですが、副作用が生じることもあります。

 

 

起こる可能性のある症状としては皮膚のかぶれ、発疹、炎症などが生じる可能性があります。もし異常を感じたら水で洗い流して使用は控えましょう。

 

 

特に日光を浴びてしまうことによって、かぶれが生じる可能性があります。ですので使う際には使い方に注意点があります。

 

 

ただし抗生物質やステロイドのような副作用は生じることはないので安心してください。

 

 

ルミキシルのニキビへの塗り方について

 

 

ルミキシルでニキビを治す場合の塗り方についてです。

 

①基本的に1日2回朝と夜の洗顔後に塗るようにしていきます。体には1日2回外出前と入浴後に塗るようにします。

 

 

②少量を手に取って、ニキビ部分やシミ、そばかす部分に薄くなじませるように塗っていきます。

 

 

③また日光によってルミキシルの成分が壊れる恐れがあるので、必ず日焼け止めを塗るようにしていきましょう。外出中は3時間に1回ほど塗りなおしましょう。

 

 

④日焼け止めを塗った後はできればニキビ用の塗り薬を使ってください。

 

 

⑤ニキビ跡に対しては約2か月は塗るようにしましょう。効果がなければ使用は控えましょう。

 

以上のようにルミキシルはニキビに対して塗っていきます。塗り続ければ塗るほど、どんどん効いていきます。またニキビが治った後も使用し続けることができます。

 

 

ルミキシルのLumixylペプチドはハイドロキノンよりも有効ですので、値段は高いですが1度試してみる価値は大いにあります。

 

 

ということでルミキシルのニキビへの効果と副作用、塗り方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ