ハイドロキノンによるニキビの治療法

ハイドロキノンのニキビ跡に対する効果と副作用!

ニキビ跡、しみ、赤みに効果的なハイドロキノンとは?

 

 

皮膚科のニキビ治療にはハイドロキノンという治療法があります。
ハイドロキノンは通販でも購入でいるので、家庭でも処方できます。

 

 

ここではハイドロキノンについて紹介したいと思います。

 

 

ハイドロキノンとは?

 

ハイドロキノンとは色素沈着のニキビやしみ、赤みなどにも効果的な美白剤で
皮膚科でも行われている治療法です。

 

 

ハイドロキノンの効果は非常に高く
即効性もあることで「肌の漂白剤」として知られています。

 

ハイドロキノンがニキビを治療するメカニズムですが、
メラニンの生成を促すチロシナーゼという酵素の働きを強力に抑制することで、

 

 

しみやそばかす、色素沈着といった肌トラブルを改善します。

 

 

またハイドロキノンの効果を引き出すのにトレチノインと併用することがお勧めです。

 

 

しかしハイドロキノンのデメリットとしてハイドロキノンの成分が
不安定な部分もあるので正しい使い方をしないと肌に効果が持てない場合があります.。

 

 

逆に肌に悪影響になってしまう可能性があります。

 

 

ハイドロキノンの使用方法

 

1洗顔料で肌の汚れを落としましょう。

 

 

2保湿力の高い化粧水で保湿します。

 

 

3トレチノインと併用の場合は、色素沈着部分やしみにトレチノインをつけましょう。

 

 

4(トレチノイン併用の場合は薬剤を塗布して乾いた数分後)に
色素沈着、しみにハイドロキノンを薄く広く塗布する。
※日中に使用する場合は必ず紫外線対策をしましょう。

 

治療期間としては毎日行っていくことで、軽い症状のニキビならば
1か月~2か月の治療期間が必要となってくるでしょう。

 

 

ハイドロキノンは通販サイトで購入が可能ですが、
使い方を間違うと肌に効果が持てませんので、

 

 

オススメは皮膚科にて治療してもらうか
医師にハイドロキノンの使い方やデメリットなどを相談することが重要です。

 

以上、ニキビ跡、しみ、赤みに効果的なハイドロキノンとは?【皮膚科治療】でした。

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ