モアファインアクネとニキビ

モアファインアクネのニキビへの効果と副作用、塗り方!

モアファインアクネのニキビへの効果と副作用、塗り方!

 

モアファインアクネは協和薬品工業株式会社が製造しているニキビ用の塗り薬です。薬局やドラッグストアでも1本(24g)で980円で売られています。

 

 

中身は白色のクリームとなっており、伸びやすく、べたつかないのが特徴的です。匂いもありません。

 

 

ここではモアファインアクネのニキビへの効果と副作用、塗り方についてお伝えします。

 

 

モアファインアクネのニキビへの効果について

 

 

モアファインアクネには有効成分としてイブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノールの2つが配合されています。そrぞれがどのようにニキビに効くのか解説したいと思います。

 

 

①イブプロフェンピコノール

 

 

イブプロフェンピコノールというのは抗炎症作用がある成分で、赤ニキビやニキビ跡の赤みを鎮静することができます。

 

 

またニキビのアクネ菌が生成されるのを防ぐことによって、ニキビを予防することができます。

 

 

②イソプロピルメチルフェノール

 

 

イソプロピルメチルフェノールは殺菌作用のある成分です。モアファインアクネを塗ることによってニキビの元であるアクネ菌を殺菌することができます。

 

 

また背中ニキビやおでこのぶつぶつを引き起こすとされるマラセチア菌を殺菌できます。さらに化膿ニキビやケロイドニキビを起こす黄色ブドウ球菌も殺菌することが可能です。

 

 

イソプロピルメチルフェノールはあらゆる細菌を殺菌することができます。またアクネ菌が殺菌されることでニキビ跡も根本的に治っていきます。

 

 

以上のようにモアファインアクネはニキビに対して効いていきます。ちなみに他のニキビ薬であるペアアクネクリームも同じ成分となっています。

 

 

会社:ライオン株式会社

 

有効成分:イブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ

 

価格:1本(14g)883円

 

即効性:軽度のニキビは3日以内、赤ニキビは5~10日

 

ペアアクネクリームもモアファインアクネもどちらも同じ効き目があるとされます。ペアアクネクリームの方がよく置いてあるので、ペアアクネクリームを使ってもいいでしょう。

 

 

モアファインアクネのニキビへの効き目

 

 

モアファインアクネを使用することによってどれくらいで効くのかというと

 

・白ニキビや黒ニキビに対してはおよそ2~3日ほどで治っていきます。

 

・赤ニキビやニキビ跡の赤みであれば2~3週間ほどで鎮静されていきます。

 

・ニキビ跡そのものであれば、およそ3~4週間ほどで改善されていきます。

 

以上のようにモアファンアクネはニキビに対して効いていきます。

 

 

モアファインアクネの副作用について

 

 

モアファインアクネを塗る場合には基本的に強い成分は含まれていませんので、副作用はあまり起きません。

 

 

ただし稀にですが皮膚のかぶれ、発疹、炎症、刺激感などの症状が挙げられます。これらの症状が起きたら水で洗い流して、使用は控えるようにしましょう。

 

 

モアファインアクネはとても安全性が高いので安心してお使いください。

 

 

モアファインアクネのニキビへの塗り方について

 

 

モアファインアクネでニキビを治す場合の塗り方についてですが、

 

①基本的に1日2回朝と夜の洗顔後に塗るようにしていきます。化粧水をお使いなら化粧水の後に塗りましょう。

 

 

②塗る際にはそのまま少量を手にとって、薄くなじませるように少量を塗るようにしていきます。目の周りやニキビ以外には塗らないようにしましょう。

 

 

③塗り終わったら、ニキビには触らないようにしてください。そして食事や睡眠などもしっかりととるようにしてください。

 

 

④通常のニキビに対しては2週間、ニキビ跡に対しては4週間塗るようにしていきます。それでも効果がなければ使用は控えます。

 

以上のようにモアファインアクネはニキビに対して効いていきます。

 

 

モアファインアクネは殺菌作用と抗炎症作用を兼ね備えているので、試してみる価値は大いにあります。

 

 

ということでモアファインアクネのニキビへの効果と副作用、塗り方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ