オルセノン軟膏とニキビ

オルセノン軟膏のニキビへの効果と副作用、塗り方!

オルセノン軟膏のニキビへの効果と副作用、塗り方!

 

 

オルセノン軟膏は株式会社ポーラファルマが製造している塗り薬でやけどや傷跡、肉芽の予防に対して効きます。オルセノン軟膏の中身は黄色いクリームになっており、匂いやべたつきというのはありません。

 

 

薬局やドラッグストアでは扱っておらず、皮膚科を受診する必要があります。オルセノン軟膏の値段は1gあたり49.7円となっています。

 

 

そしてこのオルセノン軟膏はニキビ、そしてニキビ跡に対しても効果があるとされます。

 

 

ここではオルセノン軟膏のニキビへの効果と副作用、塗り方についてお伝えします。

 

 

オルセノン軟膏のニキビへの効果について

 

 

オルセノン軟膏には有効成分としてトレチノインとトコフェリルの2つが配合されています。それぞれがどのようにニキビに効くのか解説したいと思います。

 

 

①トレチノイン

 

 

トレチノインはビタミンAのことで皮膚科のニキビ治療にも用いられる成分です。※市販の薬には一切配合されていません。

 

 

このトレチノインには2つの作用がありニキビに対して効いていきます。

 

 

まずトレチノインは皮脂分泌の抑制作用があります。皮脂が増えると毛穴を防ぎ、アクネ菌が繁殖してしまいます。特に脂性肌の方でニキビがある方にはオルセノン軟膏は効果的と言えます。

 

 

そして2つ目の作用が肌が持っているコラーゲンやセラミドの量を増大させる働きを持っています。肌が保湿されて、コラーゲンが生成されることでクレーターニキビを改善することができます。

 

 

②トコフェリル

 

 

トコフェリルは肌の新陳代謝を活性化させることが可能となります。これにより肌のターンオーバーを促すことができます。

 

 

オルセノン軟膏を塗ることによって、トコフェリルが浸透してニキビ跡を改善することができます。またニキビ跡だけでなく、シミやそばかすなどの症状に対しても効果があるとされます。

 

 

以上のようにオルセノン軟膏はニキビに対して効いていきます。ただしオルセノン軟膏には殺菌作用はないため、アクネ菌を直接死滅させることはできません。

 

 

オルセノン軟膏のニキビへの効き目

 

 

オルセノン軟膏をニキビに塗るとどれくらいで効いてくるのかというと、

 

①肌の皮脂分泌はおよそ1週間塗ることで適量に抑えられていきます。

 

②肌の保湿もおよそ1週間ほど塗ることで肌が内側からしっとりとしているのが分かるでしょう。

 

③コラーゲンの増大やターンオーバーの活性化によって、およそ4週間後にはニキビ跡やクレーターニキビが改善されていきます。

 

以上のようにオルセノン軟膏はニキビに対して効いていきます。また殺菌性のあるニキビ薬と併用しても構いません。

 

 

市販であればオルセノン軟膏にはない、抗炎症作用と殺菌作用の2つを備えたペアアクネクリームがおすすめと言えます。

 

 

会社:ライオン株式会社

 

有効成分:イブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ

 

価格:14gで883円

 

即効性:軽度のニキビは1日 赤ニキビは5~10日

 

オルセノン軟膏と併用することによって、あらゆるニキビを治すことが可能となります。

 

 

オルセノン軟膏の副作用について

 

 

オルセノン軟膏には基本的に刺激となる成分はないので、副作用が生じることはほとんどありません。

 

 

ただし稀にですが副作用が生じることがあります。特に皮膚時のかぶれ、発疹、炎症などの症状が挙げられます。もし副作用が生じたら使用は控えましょう。

 

 

敏感肌の方や乾燥肌の方でも問題なくオルセノン軟膏は使用できるので心配はいらないでしょう。

 

 

オルセノン軟膏のニキビへの塗り方について

 

 

オルセノン軟膏でニキビを治すための塗り方について解説したいと思います。

 

①基本的にオルセノン軟膏は1日2回朝と夜の洗顔後に塗るようにしていきます。

 

 

②オルセノン軟膏はそのまま指先にとって、ニキビ部分と乾燥部分、皮脂分泌が起こるところに広範囲になじませるように塗っていくようにします。

 

 

③そして余裕があればペアアクネクリームなどのニキビ薬をあとから塗るようにしていきましょう。

 

 

④赤ニキビ、初期ニキビに対しては2週間塗り、ニキビ跡、クレーターニキビに対しては1か月塗るようにしていきます。それでも効果がなければ使用は控えましょう。

 

以上のようにオルセノン軟膏はニキビに対して使っていきます。ニキビが改善された後はオルセノン軟膏の使用は控えるようにしましょう。

 

 

オルセノン軟膏には、市販にも含まれない成分が含まれているので、試してみる価値は大いにあるでしょう。

 

 

ということでオルセノン軟膏のニキビへの効果と副作用、塗り方についてでした。

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ