オノフェFとニキビ

オノフェFのニキビへの効果と副作用、塗り方について!

オノフェFのニキビへの効果と副作用、塗り方について!

 

 

オノフェFは森下仁丹株式会社が製造している皮膚炎、化膿症、とびひなどに効く塗り薬です。オノフェFの中身は白色のクリームで匂いやべたつきはなく、使いやすいです。

 

 

オノフェFは薬局やドラッグストアでも売られおり、値段は1本(7g)あたり950円となっています。

 

 

そしてこのオノフェFはニキビに対して効果があるとされます。ニキビ跡、体のニキビなどのあらゆる症状に効くとされます。

 

 

ここではオノフェFのニキビへの効果と副作用、塗り方についてお伝えします。

 

 

オノフェFのニキビへの効果

 

 

オノフェFには有効成分としてスルファジアジン、酸化亜鉛、アラントインの3つが配合されています。それぞれがどのようにニキビに効くのかについて解説したいと思います。

 

 

①スルファジアジン

 

 

スルファジアジンは殺菌作用のある成分です。このスルファジアジンが浸透するとアクネ菌などの細菌の葉酸生合成を阻害させることで、細菌を死滅させることができます。

 

 

またアクネ菌だけでなく、背中ニキビ、おでこのぶつぶつを引き起こすマラセチア菌、化膿ニキビを起こす黄色ブドウ球菌も殺菌することができます。

 

 

②酸化亜鉛

 

 

酸化亜鉛は抗炎症作用のある非ステロイドの成分です。赤ニキビやニキビ跡の赤みを鎮静させることができます。

 

 

この酸化亜鉛は亜鉛華軟膏など、皮膚科の薬に配合されていることが多く、市販の薬に配合されているのは珍しいと言えます。

 

 

③アラントイン

 

 

アラントインは牛の羊膜から発見された成分で、アンチエイジング化粧品などに配合されている成分です。※アラントインが軟膏に配合されているのは珍しと言えます。

 

 

このアラントインは肌の新陳代謝を高める働きを持っており、ターンオーバーが促されてニキビ跡が普通肌へと入れ替わっていきます。

 

 

ちなみにアラントインはニキビ用の化粧水である『novA』にも配合されています。

 

 

会社:株式会社ノエビア

 

効果:大人ニキビ、敏感肌のニキビ

 

価格:100mlで1200円

 

有効成分:感光素201号 アラントイン

 

また保湿作用も持っているため、肌の乾燥を防ぐことによって、乾燥による大人ニキビも改善することができます。その他にもワセリン、ラノリンなどの保湿成分も配合されております。

 

 

以上のようにオノフェFはニキビに対して効果があるとされます。

 

 

オノフェFのニキビへの効き目

 

 

オノフェFを塗ることでどれくらいでニキビに効くのかというと

 

 

・黒ニキビや白ニキビは3~5日ほどで治ってしまいます。

 

・赤ニキビやニキビ跡の赤みであれば、1~2週間ほどで鎮静されていきます。

 

・背中ニキビや化膿ニキビに対してはおよそ2週間ほどで治ってしまいます。

 

・ニキビ跡の場合には4週間ほどでターンオーバーが促されて、改善されていきます。

 

以上のようにオノフェFはニキビに対して塗っていきます。オノフェFを塗ることであらゆる症状に効くと言えます。

 

 

オノフェFの副作用について

 

 

オノフェFには薬用成分が配合されているので副作用が生じることがあります。

 

 

特に起こる可能性のある症状としては皮膚のかぶれ、炎症、発疹などの症状が挙げられます。もし副作用が生じたら使用は控えましょう。

 

 

基本的にステロイドなどの強い成分は含まれないのでそこまで副作用の心配はありません。

 

 

オノフェFのニキビへの塗り方について

 

 

オノフェFでニキビを治す場合の塗り方についてですが、

 

①基本的に1日2回朝と夜の洗顔をした後に塗るようにしていきます。洗顔をせずに塗ると効果が薄れる恐れがあります。

 

また体のニキビに対して使う場合には1日1回入浴後に塗るようにしていきましょう。

 

 

②オノフェFはそのまま手に取って、ニキビ部分にのみ塗るようにしていきます。厚く塗っても効果は変わらないので、薄くなじませるようにしましょう。

 

 

③オノフェFを塗ったら後は、特に何もせずにそのまま放置すると、ニキビが治っていきます。ただし副作用が出たら水で洗い流して使用は控えましょう。

 

 

④初期ニキビや赤ニキビには2週間、ニキビ跡には1か月塗るようにしていきます。それでも効果がなければ使用は控えましょう。

 

以上のようにオノフェFはニキビに対して塗るようにしていきます。ニキビが治った場合にはオノフェFの使用は控えましょう。

 

 

オノフェFは殺菌作用、抗炎症作用、新陳代謝の活性化などの作用であらゆるニキビに効くためおすすめです。

 

 

ということでオノフェFのニキビへの効果と副作用、塗り方についてでした。

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ