アボスティーローションとニキビ

アボスティーローションのニキビへの効果と副作用、使い方!

アボスティーローションのニキビへの効果と副作用、使い方!

 

 

アボスティーローションはゼリア製薬が製造している肌荒れ、脂性肌に効果的な薬です。薬局やドラッグストアでは一部しか扱っていないので、通販で購入するのがよいでしょう。値段は150mlで1280円となっています。

 

 

アボスティーローションの中身は透明な液体で体全体に使うことができます。そしてこのアボスティーローションはニキビに対しても効果があります。※公式でニキビに効果があると明言されています。

 

 

ここではアボスティーローションのニキビへの効果と副作用、塗り方についてお伝えします。

 

 

アボスティーローションのニキビへの効果

 

 

アボスティーローションには有効成分としてベンゼトニウム塩化物、グリチルリチン酸ジカリウム、アラントイン、トコフェロール酢酸エステルが配合されています。それぞれがどのように効くのか解説したいと思います。

 

 

①ベンゼトニウム塩化物

 

 

ベンゼトニウム塩化物は殺菌消毒する作用があります。これによってアクネ菌を殺菌することができます。

 

 

またアクネ菌だけでなく背中ニキビやおでこのぶつぶつを起こすマラセチア菌、ケロイドニキビを起こす黄色ブドウ球菌を殺菌することができます。

 

 

②グリチルリチン酸ジカリウム

 

 

グリチルリチン酸ジカリウムには抗炎症作用のある成分で、赤ニキビやニキビ跡の赤みを抑えることができます。ニキビ用の化粧水にはよく配合されていますね。

 

 

またこのグリチルリチン酸ジカリウムにはピーリング作用があり、古い角質や毛穴の詰まりを落とすことが可能となっています。白ニキビや黒ニキビの芯も一緒に落とすことも可能です。

 

 

③アラントイン

 

 

アラントインは牛の羊膜から発見された成分であり、アンチエイジング化粧品などにも配合されています。ニキビ用の化粧品に配合されているのは珍しいと言えます。

 

 

このアラントインには肌の保湿作用や収れん作用を持っています。肌に塗ることによって肌が保湿され、また収れん作用によって皮脂分泌が調整されます。

 

 

これにより皮脂分泌が活発になって脂性肌になっているのを防ぐことができます。アボスティーローション以外であれば、NOVのニキビ用化粧水にも配合されています。

 

 

会社:株式会社ノエビア

 

効果:大人ニキビ、敏感肌のニキビ

 

価格:100mlで1200円

 

有効成分:感光素201号 アラントイン

 

 

④トコフェロール酢酸エステル

 

 

トコフェロール酢酸エステルはビタミンEのことで、アボスティーローションを塗ることによってビタミンEが誘導体となり肌の新陳代謝を高めてくれます。

 

 

それに伴いターンオーバーが促されて、ニキビ跡が正常な肌と入れ替わることによって改善されていきます。またニキビだけでなくシミやシワ、そばかすなどにも使っても有効とされます。

 

 

このようにアボスティーローションは様々な作用があり、非常にニキビに対しての効果が高いと言えます。

 

 

アボスティーローションのニキビへの効き目

 

 

アボスティーローションを使用することでどれくらいでニキビに効くのかというと

 

 

・白ニキビや黒ニキビであれば、およそ2~3日ほどで改善されていきます。

 

・赤ニキビやニキビ跡の赤みを鎮静することによって、およそ1~2週間ほどで鎮静されていきます。

 

・背中ニキビやケロイドニキビの場合にはおよそ2週間使うことで改善されていきます。

 

・ニキビ跡そのものの場合には3~4週間使い続けることで改善されていきます。

 

以上のようにアボスティーローションはニキビに対して効いていきます。

 

 

アボスティーローションのニキビへの副作用

 

 

アボスティーローションには薬用成分が含まれているので副作用が生じることがあります。

 

 

起こる可能性のある症状としては皮膚のかぶれ、かゆみ、炎症、発疹などが挙げられます。これらの症状が起こる場合には使用は控えるようにしましょう。

 

 

ただしステロイドや抗生物質は含まれていないので、そこまで心配する必要はないでしょう。

 

 

アボスティーローションのニキビへの使い方

 

 

アボスティーローションでニキビを治す場合の使い方についてですが、

 

 

①基本的に1日2回朝と夜の洗顔後に化粧水として塗るようにしていきます。体のニキビには1日1回入浴後に塗るようにしていきます。

 

 

②ニキビに塗る際には手のひらにそのままとって、ニキビ部分にのみ塗るようにしていきます。

 

 

③アボスティーローションを塗ったら、後は特に何もしないでそのまま放置します。

 

 

④初期ニキビや赤ニキビには2週間、ニキビ跡には1か月塗るようにしていきます。それでも効果がなければアボスティーローションの使用は控えるようにしましょう。

 

以上のようにアボスティーローションはニキビに対して使っていきます。ニキビが治った後はアボスティーローションは使わないようにしましょう。

 

 

アボスティーローションは豊富に成分が配合されており、あらゆる症状に効くため試してみる価値は大いにあります。

 

 

ということでアボスティーローションのニキビへの効果と副作用、塗り方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ