エマゼン軟膏とニキビ

エマゼン軟膏のニキビへの効果と副作用、塗り方について!

エマゼン軟膏のニキビへの効果と副作用、塗り方について!

 

エマゼン軟膏は大正製薬が製造している手荒れや湿疹、かぶれなどに効果的な塗り薬です。薬局やドラッグストアでも売られており、値段は10gで660円となっています。

 

 

エマゼン軟膏の中身は透明なゲル状になっており、匂いはありませんが少しべたつきます。そしてこのエマゼン軟膏はニキビに対しても効果があります。

 

 

ここではエマゼン軟膏のニキビへの効果と副作用、塗り方についてお伝えします。

 

 

エマゼン軟膏への効果について

 

 

エマゼン軟膏には酢酸デキサメタゾン、イソプロピルメチルフェノール、トコフェロール酢酸エステル、レチノールパルミチン酸エステル、dl-メントールの5つの有効成分が配合されています。

 

 

それぞれがどのようにニキビに効くのか解説したいと思います。

 

 

①酢酸デキサメタゾン

 

 

酢酸デキサメタゾンはステロイドの一種で、エマゼン軟膏を塗り肌に浸透するとコルチゾルという物質と同じ働きをします。

 

 

具体的には皮膚の代謝を向上させ、免疫力を向上することで、抗炎症作用を促していきます。すると赤ニキビやニキビ跡の赤みを鎮静させていきます。

 

 

ステロイドはその強さが1群(最強)~5群(最弱)まで分けられています。そしてこの酢酸デキサメタゾンは5群に分類されます。

 

 

ステロイドとしては最も強さが弱いですが、十分に効きますし、安全性が高く顔のニキビに対しても使用することができます。

 

 

②イソプロピルメチルフェノール

 

 

イソプロピルメチルフェノールは殺菌作用のある成分で、ニキビの元であるアクネ菌を殺菌することができます。

 

 

また背中ニキビやおでこのぶつぶつを起こすマラセチア菌も殺菌できるため、あらゆるニキビの症状に効きます。市販のニキビ専門薬であればペアアクネクリームにも配合されていますね。

 

 

会社:ライオン株式会社

 

有効成分:イブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ

 

価格:14gで883円

 

即効性:軽度のニキビは1日 赤ニキビは5~10日

 

 

③トコフェロール酢酸エステル、レチノールパルミチン酸エステル

 

 

トコフェロール酢酸エステルはビタミンEのことで、レチノールパルミチン酸エステルはビタミンAのことです。

 

 

そしてエマゼン軟膏を塗ることでこれが誘導体となって働き、肌の新陳代謝を高めていきます。すると肌のターンオーバーが促されて、ニキビ跡が改善されていきます。

 

 

またビタミンAは皮脂分泌を調整する作用もあり、皮脂分泌が過剰の場合には抑えて、乾燥肌の場合には皮脂を分泌させることができます。

 

 

④dl-メントール

 

 

dl-メントールはかゆみを和らげる作用があり、ニキビによって生じるかゆみ抑えてくれます。

 

 

以上のようにエマゼン軟膏は豊富に成分が含まれており、ニキビに対して確実に効果があるとされます。

 

 

エマゼン軟膏のニキビへの効き目について

 

 

エマゼン軟膏を塗ることによってどれくらいでニキビに効くのかというと

 

・ニキビによるかゆみであれば1~2日ほどで軽減されていきます。

 

・白ニキビや黒ニキビに対しては3~5日塗ることによって症状が軽減されます。

 

・赤ニキビであれば1~2週間ほどで軽減されていきます。

 

・ニキビ跡の場合には肌のターンオーバーによって3~4週間ほどで改善されていきます。

 

以上のようにエマゼン軟膏はニキビに対して効いていきます。エマゼン軟膏だけであらゆる症状に効いていきます。

 

 

エマゼン軟膏の副作用について

 

 

エマゼン軟膏にはステロイドが入っているので副作用が生じる可能性が高いと言えます。

 

 

エマゼン軟膏を塗る際の副作用としては皮膚のかぶれ、発疹、炎症などが生じる可能性があります。その場合には使用は控えましょう。

 

 

またステロイドを長期的に使用すると皮膚萎縮を起こすことがあります。皮膚萎縮は肌のシワやシミなどが起こりえます。

 

 

基本的にエマゼン軟膏を塗る際には用法用量に注意しなければいけないでしょう。

 

 

エマゼン軟膏のニキビへの塗り方について

 

 

エマゼン軟膏でニキビを治す場合の塗り方についてですが

 

 

①基本的に1日2回朝と夜の洗顔後に塗るようにしていきます。また化粧水や保湿クリームを使っている場合にはそれらを使ってからエマゼン軟膏を塗りましょう。

 

体のニキビには1日1回入浴後に塗るようにしていきましょう。

 

 

②1~2mmほどをそのまま手に取ってニキビ部分に薄くなじませるように塗ります。エマゼン軟膏を塗った後は特に触らないようにしましょう。

 

 

③基本的に初期ニキビ、赤ニキビには2週間、ニキビ跡には4週間塗ります。それでも効果がなければ使用は控えましょう。

 

 

③ニキビに効果があったとしても2か月以上の使用は控えましょう。皮膚萎縮を起こす可能性があります。

 

以上のようにエマゼン軟膏は使用するようにしていきます。

 

 

エマゼン軟膏は通常のニキビ薬よりもあらゆる症状に効くため非常におすすめと言えます。

 

 

ということでエマゼン軟膏のニキビへの効果と副作用、塗り方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ