ニノキュアとニキビ

ニノキュアのニキビへの効果と副作用、塗り方について!

ニノキュアのニキビへの効果と副作用、塗り方について!

 

 

ニノキュアは小林製薬が製造している二の腕のざらつきや赤みを改善する塗り薬です。市販ではニノキュアとロート製薬のザラプロが代表的です。

 

 

薬局やドラッグストアでは30gあたり1200円で売られており、中身は白色のクリームで匂いやべたつきはありません。

 

 

そしてこのニノキュアはニキビに対しても効果があるとされます。※二の腕だけでなく、顔のニキビに対しても効いていきます。

 

 

ここではニノキュアのニキビへの効果と副作用、塗り方についてお伝えします。

 

 

ニノキュアのニキビへの効果について

 

 

ニノキュアには尿素、トコフェロール酢酸エステル、グリチルリチン酸モノアンモニウムの3つの有効成分が配合されています。

 

 

それぞれの成分がどのようにニキビに効くのか解説したいと思います。

 

 

①尿素

 

 

尿素は刺激物質のように聞こえますが、肌にやさしい成分です。※市販の薬に配合されているのは珍しいと言えます。

 

 

ニノキュアを塗ることによって尿素が肌に浸透することによって角質を柔らかくさせる軟化作用があります。すると固くざらついた角質が柔らかくなり、さらに毛穴の詰まりも解消されていきます。

 

 

するとニキビの元である繁殖を予防して、ニキビを予防することができます。

 

 

②トコフェロール酢酸エステル

 

 

トコフェロール酢酸エステルはビタミンE誘導体のことです。アンチエイジング化粧品などにも配合されていますね。

 

 

トコフェロール酢酸エステルが肌に浸透することによって、肌のターンオーバーを促されてニキビ跡そのものが改善されていきます。またシミやシワ、そばかすなどにも効いていきます。

 

 

③グリチルリチン酸モノアンモニウム

 

 

グリチルリチン酸モノアンモニウムは甘草という成分から抽出された抗炎症作用のある成分です。

 

 

このグリチルリチン酸モノアンモニウムが二の腕の赤いぶつぶつを抑えるのですが、赤ニキビやニキビ跡の赤みを鎮静させることができます。

 

 

またグリチルリチン酸モノアンモニウムにはピーリング作用があり、肌の古い角質や皮脂詰まりを溶かしていきます。尿素との創造効果により毛穴の詰まりを解消してくれます。

 

 

以上のようにニノキュアを塗ることによって、ニキビに対して効いていくとされます。グリセリンやスクワランなどの保湿成分も含まれており、肌の乾燥を改善することができます。

 

 

またニノキュアと同じ二の腕ケア用のザラプロに配合されている有効成分はニノキュアとほとんど同じです。

 

 

会社:ロート製薬

 

有効成分:尿素、トコフェロール酢酸エステル、グリチルリチン酸ジカリウム

 

値段:1本(25g)で1300円

 

用法用量:1日1回入浴後に塗るようにする。

 

ニノキュアではなく、ザラプロを使用してもニキビに対して同じ効き目が得られるとされます。

 

 

ニノキュアはどれくらいでニキビに効くのか?

 

 

ニノキュアを塗ることでどれくらいでニキビに対して効いてくるのかというと

 

・肌の保湿や肌のざらつきであれば2~3日塗ることによって改善されていきます。

 

・白ニキビや黒ニキビなどの初期ニキビはピーリング作用によって、3~5日ほどで改善されていきます。

 

・赤ニキビやニキビ跡の赤みであれば、1~2週間ほどで鎮静されていきます。

 

・ニキビ跡の場合には肌のターンオーバーを促されることで3~4週間ほどで改善されていきます。

 

以上のようにニノキュアはニキビに対して効いていきます。ただしニノキュアは殺菌作用がないためアクネ菌は残ったままになってしまいます。

 

 

ニノキュアの副作用について

 

 

ニノキュアは薬用成分が配合されているので副作用が起こる可能性はわずかにですがあります。

 

 

特に起こりやすい症状としては皮膚のかぶれ、炎症、発疹などが挙げられます。もし副作用が生じたら使用は控えるようにしましょう。

 

 

ただし少しヒリヒリするのはピーリング作用によるものなので気になさらないでください。基本的に安全性は高いので副作用の心配はいらないでしょう。

 

 

ニノキュアのニキビへの塗り方について

 

 

ニノキュアでニキビを治す場合の塗り方についてですが、

 

 

①ニノキュアは基本的に顔のニキビには1日2回朝と夜の洗顔後に塗るようにします。体のニキビには1日1回入浴後に塗るようにしていきます。

 

 

②ニノキュアはそのまま手に取って、ニキビ部分やざらつき部分に塗るようにしていきます。

 

 

③ニキビに塗ったら後は特に何もしません。もし塗布後に副作用を感じたら水で洗い流して様子を見ましょう。

 

 

④初期ニキビや赤ニキビには2週間、ニキビ跡には4週間塗るようにしていきます。それでも効果がなければ使用は控えるようにしましょう。

 

以上のようにニノキュアはニキビに対して塗るようにしていきます。ニキビが治った後もニノキュアを保湿クリームとして使い続けることはできます。

 

 

ニノキュアは二の腕のざらつき用の塗り薬ですが、配合成分が優秀でニキビに対しても効果があるので試してみる価値は大いにあります。

 

 

ということでニノキュアのニキビへの効果と副作用、塗り方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ