パンデル軟膏とニキビ

パンデル軟膏のニキビへの効果と副作用、塗り方!

パンデル軟膏のニキビへの効果と副作用、塗り方!

 

 

パンデル軟膏はアトピー性皮膚炎、肌荒れ、化膿などの症状に効くステロイド軟膏です。中身は白色のクリームになっており、べたつかず匂いもなく使いやすいです。

 

 

薬局やドラッグストアでは扱っておらず、皮膚科でのみ処方されます。パンデル軟膏の薬価は1gあたり28.3円となっています。

 

 

そしてこのパンデル軟膏はニキビに対しても効果があるとされます。特に炎症の強いニキビやニキビ跡の赤みに対してよく処方されます。

 

 

ここではパンデル軟膏のニキビへの効果と副作用、塗り方についてお伝えします。

 

 

パンデル軟膏のニキビへの効果

 

 

パンデル軟膏には酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾンというハロゲン系のステロイドが配合されています。酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾンが肌に浸透すると皮膚ホルモンのコルチゾルと同じ働きをします。

 

 

具体的には皮膚の代謝機能を向上させて、免疫力を向上させていきます。そして抗炎症作用と収れん作用が促されます。

 

 

・酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾンの抗炎症作用によって赤ニキビや炎症を引き起こしたニキビ跡の赤みを鎮静させる効果があります。

 

 

・また収れん作用はタンパク質の変性させることで、血管や皮膚組織を収縮させることによって皮脂の分泌を抑える効果も得られます。そのため白ニキビや黒ニキビ、思春期ニキビなどを予防することができます。

 

 

以上のようにパンデル軟膏はニキビに対して効果があるとされます。ただしパンデル軟膏には殺菌作用がないため、ニキビの元であるアクネ菌は残ったままです。

 

 

パンデル軟膏の強さとニキビへの効き目

 

 

ステロイドにはそれぞれ1群~5群まで強さが分けられています。1群が最強で5群が最弱です。そしてパンデル軟膏のステロイドである酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾンの強さは2群にあたります。

 

 

2群はとても強いに分類されますので皮膚科では重症のニキビやニキビ跡に対してパンデル軟膏が処方されていきます。

 

 

またパンデル軟膏を塗ることによってどれくらでいニキビに効くのかというと

 

・軽度の赤ニキビの場合には3~5日ほどで鎮静されていきます。

 

・重度の赤ニキビやニキビ跡の場合には1~2週間ほどで鎮静されていきます。

 

・また塗っている間は皮脂分泌が抑えられて、初期ニキビが予防されていきます。

 

以上のようにパンデル軟膏はニキビに効いていきます。ただしパンデル軟膏には殺菌作用やピーリング作用はないため黒ニキビや白ニキビをケアすることはできないです。

 

 

パンデル軟膏の副作用について

 

 

パンデル軟膏は2群のステロイドが配合されているので、副作用が生じてしまう場合があります。

 

 

特に起こる可能性のある副作用としては皮膚のかぶれ、炎症、発疹、乾燥などが挙げられます。これらの症状が起きたら使用は控えるようにしましょう。

 

 

またパンデル軟膏を長期的に使用することで、皮膚がステロイドに耐え切れずに皮膚萎縮を生じる場合があります。皮膚萎縮は肌のシワ、シミ、顔が青白くなるなどの症状が起こりえます。

 

 

基本的にニキビに対してはパンデル軟膏は2か月以上の使用は控えるようにしましょう。ステロイドとしては非常に強いので肌が弱い方には処方されません。

 

 

パンデル軟膏のニキビへの塗り方について

 

 

パンデル軟膏でニキビを治す場合の塗り方についてですが、

 

 

①パンデル軟膏は基本的に1日2回朝と夜の洗顔後に塗るようにしていきます。化粧水や保湿クリームをお使いの場合にはそれらを使った後に塗ります。

 

 

体のニキビに塗る場合には1日1回入浴後に塗るようにしていきます。

 

 

②パンデル軟膏はそのまま手に取って、ニキビ部分にのみ薄くなじませるように塗っていきます。目の周りやニキビ以外には塗らないようにします。

 

 

③パンデル軟膏を塗った後は特に何もせずにそのまま放置しましょう。もし異常を感じたら水で洗い流して使用は控えるようにしましょう。

 

 

④軽度の赤ニキビには2週間、ニキビ跡や重症の赤ニキビには4週間ほどで塗っていきます。それでも効果がなければ使用は控えるようにします。

 

 

⑤ただニキビに効果があったとしても2か月以上の使用は皮膚萎縮の恐れがあるので、使用しないようにしましょう。

 

以上のようにパンデル軟膏はニキビに対して塗っていきます。用法用量は個人差があるので医師の説明を聞きましょう。

 

 

パンデル軟膏には市販のニキビ薬よりも抗炎症作用が強いため、ニキビの炎症が治らない方は試してみる価値があるでしょう。

 

 

ということでパンデル軟膏のニキビへの効果と副作用、塗り方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ