皮膚科で処方されるニキビの薬

リンデロンa軟膏のニキビへの効果と副作用、塗り方!

リンデロンa軟膏のニキビへの効果と副作用、塗り方!

リンデロンa軟膏は塩野義製薬が製造しているものもらいや皮膚の炎症、かぶれなどに対して効果的なステロイド軟膏です。目と耳など特定の場所にも使用できる特殊なステロイドとされます。

 

 

中身は透明のゲル状になっており、匂いはしませんが若干べたついてしまいます。市販はされておらず、皮膚科で処方してもらう必要があります。値段は1gあたり66.5円となっています。

 

 

そしてこのリンデロンa軟膏のニキビに対して効果があるとされます。特に炎症ニキビに対して効き目があるとされます。

 

 

ここではリンデロンa軟膏のニキビへの効果と副作用、塗り方についてお伝えします。

 

 

リンデロンa軟膏のニキビへの効果

 

 

リンデロンa軟膏にはステロイドのベタメタゾンと抗生物質のフラジオマイシンが配合されています。それぞれがどのようにニキビに効くのか解説したいと思います。

 

 

①ステロイドのベタメタゾン

 

 

ベタメタゾンはステロイドの一種であり、肌に浸透すると皮膚ホルモンのコルチゾルと同じ働きをします。

 

 

具体的には皮膚の代謝を上げることで、抗炎症作用が働き、赤ニキビやニキビ跡の赤みを鎮静することができます。

 

 

またステロイドには1群~5群まで強さが分けられています。※1群が最強で5群が最弱となっています。

 

 

そしてリンデロンa軟膏のベタメタゾンは3群(中程度の強さ)にあたります。そのため体のニキビ、顔のニキビの両方に使用することができます。

 

 

②抗生物質のフラジオマイシン

 

 

抗生物質のフラジオマイシンは細菌がタンパク質との合成を阻害することによって、アクネ菌の繁殖を抑えることができます。

 

 

また背中ニキビやおでこのぶつぶつを起こすマラセチア菌、またケロイド状のニキビを起こす黄色ブドウ球菌を殺菌することができます。

 

 

以上のようにリンデロンa軟膏はニキビに対して効いていきます。リンデロンa軟膏はあらゆるニキビの症状に効いていきます。

 

 

リンデロンa軟膏のニキビへの効き目について

 

 

リンデロンa軟膏を塗ることによってどれくらいで効くのかについてですが、

 

・黒ニキビや白ニキビの場合には3~5日ほどで治ってしまいます。

 

・赤ニキビの場合にはおよそ1週間以内には鎮静されていきます。

 

・ケロイドのニキビや背中ニキビはおよそ2週間ほどで治ってしまいます。

 

・ニキビ跡の場合にはおよそ3~4週間ほどで改善されていきます。

 

以上のようにリンデロンa軟膏はニキビに対して効果があるとされます。

 

 

リンデロンa軟膏の副作用について

 

 

リンデロンa軟膏には抗生物質とステロイドの2つが配合されているので副作用が生じやすいとされます。

 

 

特に起こりやすい症状としては皮膚のかぶれ、炎症、発疹、乾燥、刺激感などが挙げられます。もし副作用が生じたら使用は控えましょう。

 

 

また2か月以上などの長期的にステロイドを使用することで、皮膚が耐え切れず皮膚萎縮を起こしてしまいます。皮膚萎縮は皮膚のシミ、シワ、静脈が浮き出るなどの症状などを引き起こします。

 

 

基本的に医師が用法用量を説明してくれ、経過を見るので心配はいらないでしょう。

 

 

リンデロンa軟膏のニキビへの塗り方について

 

 

リンデロンa軟膏でニキビを治す場合にはどのように塗るのかというと

 

①リンデロンa軟膏は基本的に1日2回朝と夜の洗顔後に塗るようにしていきます。化粧水や保湿クリームをお使いなら、それらを使った後に塗っていきます。

 

 

体のニキビには1日1回入浴後に塗るようにしていきます。

 

 

②リンデロンa軟膏はそのまま手に取って、ニキビ部分にのみ薄くなじませるように塗るようにしていきます。

 

 

③塗った後は特に何もしません。もし異常を感じたら水で洗い流して使用は控えましょう。

 

 

④赤ニキビには2週間、ニキビ跡には4週間塗るようにします。それでも効果がなければ使用は控えましょう。

 

 

⑤またニキビに効果があったとしても2か月以上の使用は基本的に行わないようにします。

 

以上のようにリンデロンa軟膏はニキビに対して塗るようにしていきます。用法用量は個人差があるので医師に確認しましょう。

 

 

リンデロンa軟膏のようにステロイドと抗生物質を配合した薬は非常に珍しいので試してみる価値はあるでしょう。

 

 

ただしリンデロンa軟膏は眼や耳といった場所に使用することが多いため、顔や体のニキビにはリンデロンVG軟膏の方がよく処方されます。

 

 

会社:塩野義製薬株式会社

 

有効成分:ゲンタマイシン硫酸塩とベタメタゾン

 

値段:1gあたり29.9円

 

用法用量:1日2回朝と夜の洗顔後に塗るようにします。

 

ということでリンデロンa軟膏のニキビへの効果と副作用、塗り方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ