エクラー軟膏とニキビ

エクラー軟膏のニキビへの効果と副作用、塗り方!

エクラー軟膏のニキビへの効果と副作用、塗り方!

 

 

エクラー軟膏は鳥居薬品株式会社が製造している、皮膚炎、かぶれ、発疹、アトピーなどに効くステロイド軟膏です。中身は白色のクリームになっており、匂いやべたつきもなくとても使いやすいとされます。

 

 

薬局やドラッグストアではエクラー軟膏は売られておらず、皮膚科で処方してもらう必要があります。薬価は1gあたり22.2円となっています。

 

 

そしてこのエクラー軟膏はニキビに対して効果があるとされます。特に赤ニキビ、ニキビ跡の炎症に対して効いていきます。

 

 

ここではエクラー軟膏のニキビへの効果と副作用、塗り方についてお伝えします。

 

 

エクラー軟膏のニキビへの効果

 

 

エクラー軟膏には有効成分としてデプロドンプロピオン酸エステルというステロイドが配合されています。デプロドンプロピオン酸エステルが浸透すると皮膚ホルモンのコルチゾルと同じ働きをします。

 

具体的には皮膚の免疫力を高めることによって、抗炎症作用と収れん作用が促されていきます。

 

 

・デプロドンプロピオン酸エステルの抗炎症作用によって赤ニキビや炎症を引き起こしたニキビ跡の赤みを鎮静させる効果があります。

 

 

・また収れん作用はタンパク質の変性させることで、血管や皮膚組織を収縮させることで皮脂の分泌を抑える効果も得られます。そのため白ニキビや黒ニキビ、思春期ニキビなどを予防することができます。

 

以上のようにエクラー軟膏はニキビに対して効果があるとされます。ただし殺菌作用はないため、ニキビの元であるアクネ菌を殺菌することができません。

 

 

エクラー軟膏のステロイドの強さについて

 

 

ステロイドには1群~5群まで強さが5段階に分けられています。※1群が最強で5群が最弱です。

 

 

そしてこのエクラー軟膏に配合されているステロイドは3群(中くらいの強さ)に分類されます。強すぎず、弱すぎずバランスのとれたステロイドの強さと言えます。

 

 

ちなみに市販のステロイドの強さの上限は4群なので、市販よりも強い作用が期待できるとされます。

 

 

エクラー軟膏のニキビへの効き目

 

 

エクラー軟膏を塗ることによって、どれくらいでニキビに効くのかというと

 

・軽度の赤ニキビの場合には3~5日塗ることによって改善されます。

 

・重度の赤ニキビやニキビ跡の赤みの場合には2~3週間ほどで鎮静されていきます。

 

・皮脂分泌の抑制は塗布から3~5日後には効いていき、肌質も改善されます。

 

以上のようにエクラー軟膏はニキビに対して効いていきます。ただし黒ニキビや白ニキビなどには直接は効かないとされます。

 

 

エクラー軟膏の副作用

 

 

エクラー軟膏のステロイドは3群のステロイドなので副作用が生じてしまうことがあります。

 

 

特に起こりやすい副作用としては皮膚のかぶれ、発疹、炎症、乾燥などを引き起こしてしまいます。もし副作用が生じたらニキビに塗るのは控えるようにしましょう。

 

 

またステロイドを長期的に使ってしまうと皮膚萎縮を生じさせます。皮膚萎縮は肌のシミ、シワ、顔が青白くなるなどの症状が挙げられます。

 

 

基本的に皮膚萎縮については医師が判断してくれるので、心配はいらないでしょう。また敏感肌の方に対しては処方されないこともあります。

 

 

エクラー軟膏のニキビへの塗り方

 

 

エクラー軟膏でニキビを治す場合の塗り方についてですが、

 

 

①エクラー軟膏は基本的に1日2回朝と夜の洗顔後に塗るようにしていきます。化粧水や保湿クリームを使っているのであれば、それらを使った後に塗りましょう。

 

 

体のニキビに対しては1日1回入浴後に塗るようにしていきます。

 

 

②塗る際にはそのまま指先にとって、ニキビ部分にのみ塗るようにしましょう。目の周りやニキビ以外の部分には塗らないようにしましょう。

 

 

③エクラー軟膏を塗った後は特に何もしないようにします。もし違和感を感じた場合には水で洗い流して使用は控えるようにしてください。

 

 

④赤ニキビに対しては2週間、ニキビ跡には4週間ほど塗っていきます。それでも効果がなければ使用は控えます。

 

 

⑤また効果があっても2か月以上超えて使用はしないようにします。

 

以上のようにエクラー軟膏はニキビに対して使っていきます。ただし用法用量は個人によって違うので、医師の説明をしっかりと聞きましょう。

 

 

エクラー軟膏は市販のニキビ薬よりも強力なので、治らない場合には皮膚科に相談するようにしましょう。

 

 

ということでエクラー軟膏のニキビへの効果と副作用、塗り方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ