キンダロン軟膏とニキビ

キンダロン軟膏のニキビへの効果と副作用、塗り方!

キンダロン軟膏のニキビへの効果と副作用、塗り方!

 

キンダロン軟膏は佐藤製薬株式会社が製造している、皮膚炎、かぶれ、化膿に対して効果的な塗り薬です。中身は白色のクリームで匂いやべたつきはしません。

 

 

薬局やドラッグストアでは売られておらず、皮膚科で処方してもらう必要があります。値段は1gあたり10.2円となっています。

 

 

そしてこのキンダロン軟膏はニキビに対して効果的とされます。特に炎症の強いニキビに対して効果的となっています。

 

 

ここではキンダロン軟膏のニキビへの効果と副作用、塗り方についてお伝えします。

 

 

キンダロン軟膏のニキビへの効果について

 

 

キンダロン軟膏には有効成分としてクロベタゾン酪酸エステルというステロイドの一種が配合されています。このクロベタゾン酪酸エステルが浸透すると、皮膚ホルモンのコルチゾルと同じ働きが促されます。

 

 

具体的には抗炎症作用と収れん作用を促されていき、ニキビを改善していきます。

 

 

・クロベタゾン酪酸エステルの抗炎症作用によって赤ニキビや炎症を引き起こしたニキビ跡の赤みを鎮静させる効果があります。

 

 

・また収れん作用はタンパク質の変性させることで、血管や皮膚組織を収縮させることによって皮脂の分泌を抑える効果も得られます。そのため白ニキビや黒ニキビ、思春期ニキビなどを予防することができます。

 

 

以上のようにキンダロン軟膏はニキビに対して効いていきます。ただし殺菌作用はないためニキビの元であるアクネ菌を殺菌することができません。

 

 

キンダロン軟膏の強さとニキビにどれくらいで効くのか?

 

 

ステロイドには1群(最強)~5群(最弱)まで強さが5段階に分けられています。そしてこのキンダロン軟膏のクロベタゾン酪酸エステルは4群のステロイドにあたります。

 

 

4群のステロイドは中程度の強さであり、背中や顔のニキビの両方に使うことができます。ただし重症の赤ニキビやニキビ跡に対してはあまり処方されません。

 

 

そしてキンダロン軟膏を塗ることによってどれくらいでニキビに効くのかというと

 

・軽度のあかニキビであれば3~5日塗るだけでもほとんど鎮静されていきます。

 

・重度の赤ニキビやニキビ跡の赤みであれば、1~2週間塗ると改善されていきます。

 

・また塗っている間は皮脂分泌が抑えられて、初期ニキビが予防されていきます。

 

以上のようにキンダロン軟膏はニキビに対して効いていきます。黒ニキビや白ニキビ自体を治すことは難しいとされます。

 

 

キンダロン軟膏の副作用について

 

 

キンダロン軟膏はステロイドが配合されているので、副作用が生じてしまうことがあります。

 

 

特に起こる可能性のある副作用としては皮膚のかぶれ、発疹、刺激感、乾燥などが挙げられます。もし副作用が生じたら使用は控えるようにしましょう。

 

 

またステロイド軟膏を長期的に使用することによって、皮膚萎縮を生じてしまいます。皮膚萎縮は皮膚のシワやシミ、静脈が浮き出るなどの症状が起きてしまいますので、長期的には使わないようにしましょう。

 

 

ただし4群のステロイドなのでそこまで刺激が強いわではないので、用法用量を守れば問題ないでしょう。

 

 

キンダロン軟膏のニキビへの塗り方について

 

 

キンダロン軟膏をニキビに塗る場合の塗り方についてですが

 

①基本的に1日2回朝と夜の洗顔後に塗るようにしていきます。体のニキビには1日1回入浴後に塗るようにします。

 

 

②そのまま手に取って、ニキビ部分にのみ塗るようにしていきます。薄くなじませるように塗ります。

 

 

③塗った後は特に何もしないようにします。もし異常を感じた場合には水で洗い流すようにしましょう。

 

 

④キンダロン軟膏は赤ニキビには2週間、ニキビ跡には4週間使っていき、それでも効果がなければ使用を控えます。

 

 

⑤ただし効果があったとしても2か月以上の使用は控えるようにしていきます。

 

以上のようにキンダロン軟膏はニキビに対して使っていくようにします。

 

 

またこのキンダロン軟膏はキンダベート軟膏のジェリック薬品(後発品)となります。そのため先発品であるキンダベート軟膏の方がよく処方されます。

 

 

会社:グラクソ・スミスクライン株式会社

 

有効成分:クロベタゾン酪酸エステル

 

値段:1gあたり31.7円

 

用法用量:1日2回朝と夜の洗顔後に塗っていきます。

 

キンダロン軟膏もキンダベート軟膏も同じステロイドなのでニキビへの効き目は同じとされます。

 

 

市販のニキビ薬よりも抗炎症作用は強いため、試してみる価値はありますね。

 

 

ということでキンダロン軟膏のニキビへの効果と副作用、塗り方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ