セナキュアとニキビ

セナキュアのニキビへの効果と副作用、塗り方!

セナキュアのニキビへの効果と副作用、塗り方!

 

 

セナキュアは小林製薬が製造しているデコルテや背中ニキビ用のスプレータイプの薬です。

 

 

薬局やドラッグストアでも売られており、値段は100mlで1200円となっています。市販の背中ニキビ用の薬はこれくらいではないでしょうか?

 

 

ただセナキュアは背中ニキビだけでなく顔のニキビにも有効とされます。ここではセナキュアのニキビへの効果と副作用、塗り方についてお伝えします。

 

 

セナキュアのニキビへの効果について

 

 

セナキュアがニキビに対して効果的なのは、サリチル酸、エタノール、アラントインの3つが有効成分として配合されています。

 

 

それぞれがどのようにニキビに効くのか解説したいと思います。

 

 

①サリチル酸のピーリング作用

 

 

サリチル酸はプロアクティブなどの洗顔料に配合されている成分ですが、ピーリング作用を持っています。

 

 

ピーリングによって肌の古い角質や毛穴の詰まりを落とすことができます。これによって毛穴が塞がり、アクネ菌が繁殖するのを防ぐことができるためニキビを予防できます。

 

 

また黒ニキビや白ニキビなどの芯を溶かすことによって、ポロっとそのまま落とすことができます。

 

 

②エタノールの殺菌作用

 

 

エタノールには殺菌作用があり、ニキビの元であるアクネ菌を殺菌して、根本的にニキビを治すことができます。

 

 

また背中ニキビやおでこのぶつぶつなどを引き起こすマラセチア菌とケロイド状のニキビを起こす黄色ブドウ球菌を殺菌することができます。

 

 

またニキビ用の化粧水であるオードムーゲもエタノールが配合されています。

 

 

会社:六陽製薬株式会社

 

効果:ニキビ跡、赤ら顔

 

価格:160mlで1047円

 

有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム

 

ただしエタノールは消毒液をつけたときのように肌がスースーしたり、刺激感が起こる場合があります。

 

 

③アラントインの抗炎症作用、組織修復作用

 

 

アラントインは牛の羊膜から発見された美容成分で、シミやそばかすなどを改善するアンチエイジング化粧品に配合されています。ニキビ薬に配合されているのは非常に珍しいと言えます。

 

 

このアラントインには抗炎症作用と組織修復作用の2つが存在します。抗炎症作用によって赤ニキビやニキビ跡の赤みを鎮静させることができます。

 

 

また組織修復作用によって肌のターンオーバーを促して、ニキビ跡やクレーターニキビを治すことができます。またアラントインはニキビ用の化粧水の『NOV A』にも配合されています。

 

 

会社:株式会社ノエビア

 

効果:大人ニキビ、敏感肌のニキビ

 

価格:100mlで1200円

 

有効成分:感光素201号 アラントイン

 

以上のようにセナキュアはニキビに対して効果があるとされています。またグリセリンなどの保湿成分を配合しているので、肌の乾燥を防ぐことができます。

 

 

セナキュアのニキビへの効き目について

 

 

セナキュアを使うことでどれくらいでニキビに対して効果があるのかというと

 

・白ニキビや黒ニキビなどの初期ニキビであれば、1週間ほどで治ってしまいます。

 

・背中ニキビやデコルテニキビであれば1~2週間ほどで改善されます。

 

・ニキビ跡そのものであれば3~4週間塗ることによって改善されていきます。

 

以上のようにセナキュアはニキビに対して効いていきます。肌の保湿については使ってすぐに感じられるでしょう。

 

 

セナキュアの副作用について

 

 

セナキュアには薬用成分が配合されているので、副作用が生じてしまう可能性があります。

 

 

特に起こる可能性のある副作用としては皮膚のかぶれ、発疹、かゆみ、炎症などが挙げられます。もし副作用が生じた場合には使用は控えるようにしましょう。

 

 

ただしほとんど報告例はないので、安心して使うことができるでしょう。

 

 

セナキュアのニキビへの塗り方について

 

 

セナキュアはどのようにニキビに塗るのかというと

 

 

①顔のニキビには1日2回朝と夜の洗顔後に使っていきます。背中やデコルテのニキビに対しては1日1回入浴後に使っていきます。

 

 

②顔につける際には、手のひらにスプレーをプッシュして、そして顔のニキビ部分にのみなじませるように塗るようにします。

 

体のニキビには15cmほど離して、ニキビ部分に向けてスプレーを1~2回噴射していきます。

 

 

③セナキュアをつけたら、後はそのまま何もしないようにしましょう。下手に触ると雑菌や油がついて悪化してしまいます。

 

またつけた後に異常を感じたら、水で洗い流してセナキュアの使用は控えるようにしましょう。

 

 

④初期ニキビや赤ニキビに対しては2週間、ニキビ跡に対しては1か月使うようにしましょう。それでも効果がなければ使用は控えましょう。

 

以上のようにセナキュアはニキビに対して使っていくようにします。ニキビが治った後はセナキュアの使用は控えて、しっかりと体を洗って予防していきましょう。

 

 

セナキュアにはアラントインやサリチル酸など珍しい成分が含まれているので試してみる価値はあるでしょう。

 

 

ということでセナキュアのニキビへの効果と副作用、塗り方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ