ヘパソフトとニキビ

ヘパソフトのニキビへの効果と副作用、塗り方について!

ヘパソフトのニキビへの効果と副作用、塗り方について!

 

 

 

ヘパソフトはロート製薬から発売されている乾燥肌をケアする薬用の保湿ローションとなります。ドラッグストア、薬局でも売られており、値段は50gで900円ほどとなります。

 

 

そしてこのヘパソフトは成分が非常に優秀で保湿だけでなく、ニキビ、ニキビ跡に対しても高い効果が得られるとされます。

 

 

ここではヘパソフトのニキビへの効果と副作用、塗り方についてお伝えします。

 

 

ヘパソフトのニキビへの効果について

 

 

ヘパソフトには有効成分としてグリチル酸ジカリウム、アラントイン、ヘパリン類似物質の3つが配合されています。これらがどのようにニキビに効くかそれぞれ解説いたします。

 

 

①グリチル酸ジカリウム

 

 

グリチル酸ジカリウムはニキビ用の化粧水にもよく配合されている成分です。このグリチル酸ジカリウムは抗炎症作用のある成分です。

 

 

これにより赤ニキビやニキビ跡の炎症を抑えることができます。またグリチルリチン酸ジカリウムにはピーリング作用もわずかにあります。

 

 

古い角質を溶かして、毛穴の詰まりを解消することができます。また白ニキビや黒ニキビの芯もポロッと落とすことができます。

 

 

②アラントイン

 

 

アラントインは牛の羊膜から発見された成分で、アンチエイジングの化粧品などにもよく使われています。

 

 

このアラントインが浸透することで抗炎症作用が働くことによって、グリチルリチン酸と同じくニキビの炎症を鎮めることができます。

 

 

③ヘパリン類似物質

 

 

ヘパソフトの『へパ』はこのヘパリン類似物質から由来されています。ヘパリン類似物質が浸透すると免疫細胞のヘパリンと似た働きをします。

 

 

具体的には肌の新陳代謝を活性化させて、ターンオーバーを促していきます。これによって正常な肌へと入れ替わり、ニキビ跡そのものが改善されていきます。

 

 

またヘパリン類似物質は細胞間の水分を維持させることで肌の内側から保湿して、バリア機能を向上させることもできます。

 

 

ちなみに皮膚科で処方されるヒルドイドローションにもヘパリン類似物質は配合されています。

 

 

会社:マルホ株式会社

 

値段:1mlあたり43円

 

有効成分:ヘパリン類似物質

 

用法用量:1日2回朝と夜の洗顔後に塗るようにする

 

ちなみに市販ではアットノンという塗り薬もヘパリン類似物質が配合されていますね。

 

 

会社:小林製薬

 

有効成分:ヘパリン類似物質

 

値段:1300円

 

用法用量:1日2回洗顔後にニキビ部分に塗っていく。

 

 

以上のようにヘパソフトを使うことによってニキビを改善させることができるとされます。ただしニキビ用の薬のように殺菌作用はないため、アクネ菌は殺菌することはできません。

 

 

ヘパソフトはニキビにどれくらいで効くの?

 

 

ヘパソフトをニキビに使用することでどれくらいでニキビに効くのかというと

 

・白ニキビや黒ニキビの場合には3~4日塗ることで改善されていきます。

 

・赤ニキビやニキビ跡の赤みの場合には1週間ほどで鎮静されるのがわかります。

 

・ニキビ跡そのものは肌のターンオーバーが促される3~4週間ほどで改善されていきます。

 

・肌の保湿はつけてすぐに実感できるとされます。

 

以上のようにヘパソフトはニキビに対して有効となります。またヘパソフトはニキビ用の塗り薬とも併用するとより効き目は早くなるとされます。

 

 

ヘパソフトの副作用について

 

 

ヘパソフトには薬用成分が配合されているので、副作用が起こることもあります。

 

 

特に副作用として挙げられるものとしては皮膚のかゆみ、かぶれ、発疹、炎症などがあります。もしこれらの副作用の症状が起きたら使用は控えましょう。

 

 

基本的に敏感肌の方でも問題なく使用することができますので、心配はいらないでしょう。

 

 

ヘパソフトのニキビへの塗り方について

 

 

ヘパソフトでニキビを治す場合の塗り方についてですが、

 

 

①基本的に1日2回朝と夜の洗顔後に化粧水として使用していくようにします。

 

 

②手のひらにそのままとって、顔全体に包み込むように塗っていくようにします。中身は透明な液体で肌につけると少しピリピリとしますね。

 

 

③ヘパソフトを塗った後はニキビ用の塗り薬を塗っても構いません。何か異常を感じたら水で洗い流すようにしてください。

 

 

④初期ニキビや赤ニキビには2週間、ニキビ跡には1か月塗るようにしていきます。それでも効果がなければ使用は控えましょう。

 

以上のようにニキビに対してヘパソフトは使用していきます。ニキビが改善された後も保湿化粧水として使い続けても構いません。

 

 

ヘパソフトはヘパリン類似物質やアラントインといった優秀な成分を配合しているので試してみる価値は大いにあるでしょう。

 

 

ということでヘパソフトのニキビへの効果と副作用、塗り方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ